May 08, 2010

おちゃのじかん+papa いちにちカフェ

穴山のカフェ「おちゃのじかん」で、一日カフェさせて頂きました。

かふぇ










とびっきりの青空で、気持ちの良い日です。

僕はいつも「雨が降ったらどうしよう」というのを、考えません。
『晴れ男』には自信があるの。

野外イベントするときは、呼んでくださいね。
降水確率を30%下げますよん。


らんち










ランチプレート(右)とカレー(左)です。

段取り悪くって、徹夜の仕込みになってしまいました。
『疲れ』は味に出るから、気をつけないと。

最初のお客さんは、某フレンチレストランのシェフ。
山梨県の中では、大御所な人。
ぐはっ。
なぜ、ここに・・。

オーナーさんが、「あたしが来てねって、声かけておいた」さらりと云う。
なんてこと、してくださるんですか(笑)。

緊張して、泣きそうなパパを尻目に、
カフェはのんびり、ゆったりとした時間が流れます。


焚き火で「バームクーヘン」作るワークショップも同時開催。

いしやき










棒に、生地塗って、焼いて、塗って、焼く。

1時間半くらい炭火で、焼くのだ。
炎天下で、自分も焼ける。

ただひたすらに棒の先を見つめ、その苦行に耐え続ける参加者。
何が彼らを、そうさせるのか。

その理由(↓)。

ばーむ










原始的なフォルム。
『ギャートルズ式バームクーヘン』
これ、めちゃくちゃ美味しいのだ。

(うちの子供たちが参加者に群がって、ほとんど食べてしまったらしい。
 この場を借りて、ごめんなさい)


・・・
たくさんのお客様に恵まれて、カフェ企画して良かったなぁと思いました。

技術的な部分や、段取り。メニュープラン。
甘いところが多くって、もっと勉強しなくちゃと思います。

基本の仕事を、ひとつひとつを丁寧に。

へや











「おちゃのじかん」さん。

気さくなオーナー夫妻の人柄を映すような、暖かみのあるカフェです。
この午後の日差しが差し込む夕暮れ時の時間が、
僕は、とても好きです。

おんなじ店は作れないけど、
僕たち夫婦らしい「かたち」で。

いつか、こういう場所を作りたいと思います。


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Levi   May 08, 2010 13:27
こんにちは

一日カフェ、いいお天気で気持ち良さそうですね。

焚き火で焼いたバームクーヘンって美味しそうですね。
ギャートルズ式ならかぶりつかなきゃいけませんね。

「おちゃのじかん」さん、写真で見せていただいても、ゆったり良い時間が流れているのが感じられます。
あ〜、早くお出かけしたい〜。
2. Posted by    May 08, 2010 17:09
こんにちは。一日カフェお疲れ様です!徹夜の仕込みとは、大変だったのですね。でも、このランチは本当にとっても美味しそうです!カレーは野菜がゴロンとしてるんですね!

屋外も気持ち良さそうですが、夕方の室内というのもゆったりとした雰囲気で素敵ですね〜。

炭火と陽射しに焼かれながら焼くバームクーヘン、これまた美味しそうで…。ちょうど小腹が空き始めた時間なので、パパさんのお子さんに混じって齧らせてもらいたくなりました。(笑)
3. Posted by macrobi papa   May 08, 2010 22:03
「焚き火ぱん」云うのもありました。
こっちの方が、早く焼けます。

こういうワークショップも楽しいだろうなぁと思うのですが、
暑いです。
太陽にかざした方が、早く焼けたかもしれません(笑)。
4. Posted by macrobi papa   May 08, 2010 22:08
里さん、日中は暑いのですが、
午後、日が陰ってくると、涼しい風が吹いて、
本当に心地よいのです。

この時間のティータイムは、非常に贅沢です。
遠くに美しい甲斐駒ヶ岳のピラミッドが見えて、
夕暮れの日差しの中で、木立が金色に輝きます。

で、なーにもしないで、ぼーっとするのね。
癒されます。
おすすめですが、この時間、混み合ったらやだなぁ(笑)。
5. Posted by rico   May 10, 2010 10:25
初めまして♪コメントは初めてです♪
素敵な空間〜今度娘を連れて行ってあげたいです
またお知らせ待ってます♪
6. Posted by nonchan   May 10, 2010 17:32
お久し振りです!
なんておいしそうなランチでしょ♪
パパさんのおかげで、玄米、今では上手に炊けるようになって、お粥から、玄米雑穀混ぜ炊き、玄米オンリー・・・・家族から、「美味しい、お代わり!」って言ってもらえるようになりました。
息子2人が中学と高校なので、炊く分量も半端じゃないだけに、失敗は許されません!
コメントはしませんでしたが、色々とあったパパさん・・・・でも、全てを肥やしにしていってくださいね。
私も、6月から、新しい職につくことになりました。
新しいこと、いくつになっても恐れず飛び込みたいと思います。
7. Posted by macrobi papa   May 10, 2010 19:02
ricoさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

また、やりますね。
機会がありましたら、ぜひ。
8. Posted by macrobi papa   May 10, 2010 19:04
nonchanさん、こんばんは。

玄米の記事は、未完成で、今全部、書き直しています。
今度完成すれば、もっとわかりやすくなると思うんです。

僕は、畑を始めます。
自分できちんと野菜を作ります。
楽しみ。
9. Posted by みっこ   May 10, 2010 22:38
パパさん、こんにちは。

おいしそうなランチ。

パパさんのカレー、いただいてみたいです。
ギャートルズ式バームクーヘン、これはお子さん喜ばれたでしょうね。
これ棚田イベントに使えそうですね。
あ、棚田だと五平餅になるかしら^^:
10. Posted by macrobi papa   May 11, 2010 10:52
こんにちは、みっこさん。
カレー、完成度がまだまだです。
もっと八角とかのスパイスを主張させて、一度食べたら「やみつき」になる味を作りたいと思っています。

>あ、棚田だと五平餅になるかしら^^:

どっちかというと、「ギャートルズ式きりたんぽ」と思います。
11. Posted by マクロビママ   May 14, 2010 00:25
パパさん。いつも楽しくブログ拝見しています。
そして応援しています。ふたばカフェ、いつか行きたいです。
湘南でもぜひやってください。出来れば移住して欲しいです。笑
こちらなら受け皿がたくさんあるのに・・とそう思うのですが・・・
パパさんはきっと大成功する人です。そう思います。
このバームクーヘンもマクロビ仕様なのでしょうか?
でしたら驚きです。
12. Posted by おちゃのじかん   May 14, 2010 08:07
木の国サイトの近くに「伊和桜」というすてきなイタリアンのお店があります。知ってました?
マクロビじゃないけれど、月代わりのフィックスのメニューで、シェフの創作料理がすばらしいです。我が家では特別なときは必ず行ってます。
韮崎の大御所フレンチのシェフ同様、とても気さくなシェフと奥様とお二人で切り盛りされてます。まだでしたら、是非一度!要予約です。
13. Posted by Mariposa   May 14, 2010 19:37
気持ち良さそ〜。
美味しそう〜。
楽しそう〜。
やっぱりパパのお料理はいいですね〜。
たくさんの人に食べてもらわないとです!
ギャートルズ式バームクーヘンもいいですね〜。
ゆっくりした時間が流れているのが伝わってきます。
パパたちの『かたち』楽しみに待っています。
14. Posted by macrobi papa   May 14, 2010 22:05
湘南もよいですね〜。
海のない土地に育ったので、海を見ると嬉しくなります。

しかし、山梨も良いところなのです。
悩みますね。

バームは、たぶん普通にバームです。
マクロで再現も出来ますが、ノーマルが美味しいものもあります。
15. Posted by macrobi papa   May 14, 2010 22:08
伊和桜、初めて聞きました。
新しいお店なのでしょうか。

おちゃのじかんさんの美味しいお店のおすすめじゃ、行きたいです。
創作料理なら、アイデアソースもたくさん見つけられそうですし。
嫁つれて、覗いてきますね。
16. Posted by macrobi papa   May 14, 2010 22:09
Mariposaさん、こんばんは。

ギャートルズ式には、人間のDNAに働きかけるなにか。
こう、ぐっと来るものがあります。

野生のなにかですね。うん。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔