January 29, 2010

エコという言葉

僕の愛車。
『ミゼット2』云います。

みぜ











オート3輪の流れをくむ、個性的なルックス。
一応、リッター20kmで、走る。
燃費は良いの。

しかし。
ゥィーーーーン..、気の抜けるようなエンジン音。
ガッツ無いし、冷暖房がおかしいし、1.5人乗り。

はんd2










片っぽの座席が小さい。

道走ってると、「ママ、変な車いるよ!」って、小さい子供に指を指される。
「この車、免許いるんですか?」って聞かれる(要免許)。

でも、不思議と愛着があるのね。
ダメな子ほど、かわいい。



このミゼット2は、もう生産は、されていないの。

そろそろ製造後10年の車だし。
愛好家は多いけど、部品はメーカーにあるだけ。

僕ね。
今まで『車』って、壊れたら新しいのを買えば良いや、って思ってた。
消耗品というか。

でも、車に愛着が沸くにつれ、
エンジン新しく積み替えてメンテナンスしてやれば、
ずっと乗れるんじゃないの?..って、アイデアを思いついた。

得意げに人に話しちゃったりしたんだけど。

それ「レストア」って云うのね。
もう、みんなやってるし(笑)。

古い車でも、長く乗ってあげたい。家族だもの。


でもね、今はなんかいろいろ難しいみたい。
最近、テレビ見てないうちに、ずいぶん世の中いろいろあるようです。

ちょっと調べて整理しました。
以下、関連語句です。


【エコカー】

排ガス・燃費性能に優れた環境に優しいクルマの総称。


【ハイブリッド車】

ハイブリッドは『混合』といった意味。
ハイブリッドカーは、ガソリンと電気で動く車の総称。
エンジンと電気モーターの両方が乗ってる。
低燃費・低排出ガスの次世代車。

代表車種 プリウス(トヨタ)インサイト(ホンダ)


【グリーン税制】

『グリーン税制』とは、エコカーを優遇する自動車税控除のエコな税制度。
しかし、13年(ディーゼルは11年)を経過した、旧型の環境に対する負荷が大きいクルマには、その税率が10%増し。

ここで「エコカー」として減税対象になるのは、
 2010年度燃費基準10%以下。
平成17年度排ガス規制の75%低減の☆☆☆☆マーク。
の自動車。


【エコカー補助金】

13年以上使った自動車を廃車にして、エコカーに乗り換える場合、該当。
補助金として25万円が支給される。
補助金の予算が無くなったら終わりと云う制度だったが、延長するとか。


【エコカー減税】

エコカーの環境性能に応じて、自動車の重量税を減税する制度。
エコカー補助金と組み合わせて使うことで、例えば「プリウス」の場合、
購入価格を40万円程度安くできる。


世の中『エコ』ブームだったのね。
たまには、ニュース見ないと、お父さん。


【エコカー減税&補助金】は、【エコポイント】と並ぶ、『エコ政策』の一環。
日本の主力、自動車産業を元気にして、景気を良くしようと云うもの。

しかし、問題点もあります。

1)補助金は税金から出るわけだし、その特典を受けるのが、
  車を購入した人だけと云う制度では、不平等になってしまう。
  新車、買えない人は、ただお金出すだけ。
  恩恵を受けるのは、圧倒的に某自動車メーカー。

2)乗り換え助成金の場合、13年以上の車は『廃車』が条件です。
  まだ乗れる車でも、廃車。
  助成期限が車の購入前後3ヶ月と短く、解体業者は忙しい。
  部品取りする暇もなく、どんどんスクラップ。
  廃車に伴い、CO2もゴミも出ます。

3)古い車は、燃費関係なしで、グリーン税制で罰則的な増税になります。
  これも古い車をどんどん消滅させてしまう原因。

4)ハイブリッドカーは構造が複雑で、生産開発時のCO2排出量が大きく、
  廃車時の環境負荷も大きい。
  減税対象の車種にもいろいろ矛盾がある。

5)エコの名前で、大量消費を促してること。
  うん、「エコ替え」のCM見てきて、ちょっと滅入った。


あのね。
これじゃ「エコロジー(環境対策)」じゃなくて、
「エコノミー(景気対策)」の『エコ』になっちゃう。

  
景気って、GDP(国内総生産)で計るの。
GDP、要するに【日本でどれだけものが売れたか】の数値です。
日本での企業の利益の合計ね。

新しいものが売れると、『GDP』は上がる。

必要なものが全部そろってる国では、なにか大きな破壊を起こすか、
無駄なことをするしか、新しいものは売れません。
だから戦争する国もあるけど。

GDPが無くても、人はいきられるのに。


エコ政策は、企業が利益を上げるための、古いものを壊し、
新しいものを売るための法律です。
今、それを非難するつもりはありません。

でも、『古いものを大切に使う』って、
法律もあっても良いんじゃないかなと思うの。
「もったいない」の感覚は、日本人の誇るべき美意識だったと思う。

エコって、「どんな車に乗るか」より、
「乗る人の気持ち」にあるような気がするんです。 


ちゃんと、考えなくちゃな。と思った。
ニュースもちゃんと読んで、選挙も行って、自分たちでしっかり判断する。

自分が変われば、社会も未来も変わっていくと思うのです。




【関連語句のページ】

GDP(国内総生産)/環境省キッズページ
GDPとGNPの解説
「もったいない」/Wikipediaでの解説


vegetus at 00:22│Comments(21)clip!例えばこんな話 

この記事へのコメント

1. Posted by ろうれる   January 29, 2010 08:58
リンクから拝見しました、「エコ替え」!
テレビをほとんど見ないので、CMの新しい情報も入ってきてませんでした。たしかに、これだと経済のほうのエコですね。たしかに景気対策も大切ではありますが…

ちなみにこのサイトで教えていただいた辻さんの本(「ピースローソク」ではなく「スローライフ100のキーワード」ですが、読んでます。うなづけることばかりです。GDPの計算の仕方のことも書いてありましたね。

巷で言われていることをそのまま信じる前にいったん自分で納得できるか味わってみる。実行を少しずつ初めて2,3年ですが、結構大変です。「そういうもんだ」となんとなく思っていたけど、実は「それほどそういうもんでもない」(ややこしい?)、というのをいくつも発見しています。

「地球環境を考えて」というキーワードを添えて提示されているものでも、実はそうでもなかったりしますよね。

気をつけます。
2. Posted by Mariposa   January 29, 2010 10:11
ブータンにはGHP(国民総幸福量)があって、国民の一人一人の幸せ度合を国の状態の判断基準にしている、と聞きたことがあります。
経済やお金を基準に物事を判断し過ぎると、本当の豊かさや幸せが見えなくなってしまってう気がします。

パパさんの記事を読んで、うちの旦那が、最近のエコはエコじゃなくて『エゴ』だなって、以前言ってたことを思い出しました。
我が家にも、旦那が大事にしているワーゲンバスがあるのですが、昔の車はシンプルで頑丈に出来ているのですよね。
我が家も、『古いものを大切に使う法律』に大賛成です。





3. Posted by みゆ   January 29, 2010 10:39
かわいい車ですね♪
もったいない!よい言葉です。

エコをちゃんと考えたいけど、裏には市場も絡んでいて、やっぱり自分でちゃんと見極める力が必要だな。。。
と思う今日この頃。

でもね、なんだか新しくてピカピカしてるもの。
それよりも古くても愛着があっていとおしく思えるもののほうがココロも落ち着くような気がします。

どんなに技術が発達しても、安らぐココロも一緒に上に向かうわけじゃないんですよね〜。。。

やはりしっかりとした自分を持たねば。
4. Posted by Levi   January 29, 2010 14:11
こんにちは

わ〜、可愛い車ですね。
1.5人乗りって車があるんですね。
大人一人に子供一人なのかしら?

車は使用頻度で消耗度が違いますよね。
うちの車は10年以上経ちましたが、週末に夫が近場で乗るだけなので、まだまだキレイです。
幸い車検も10年超えても2年に一度だし昔よりは安くなったので、まだ乗り続けるつもりです。

「エコ替え」と言われると、その方が良いような気がしますよね。
本当はどうなんでしょうね。
古くなった製品を買い換えるなら分かりますが、5年程度て買い換えるのはもったいないような気がします。
車はほとんどリサイクルされるようなのですが・・考えちゃいますね。


話は変って、コメントを頂いたジンジャービネガーですが、私は千切りにした生姜を軽く加熱してお酢に漬け込んでいます。
papaさんが見つけられたジンジャービネガーは生姜で作ったお酢ですか?
漬け込むだけでもお酢が美味しくなりますよ。
5. Posted by まぐろ   January 29, 2010 23:32
はじめまして。まぐろと申します。
マクロビパパさんのブログ、先月から拝見しております。
お料理、作物のおいしそうな記事から時事問題まで

平和ボケしがちな環境の中 パソコンの前にいながらにして
「本当に大事なこと」を考えさせられ、いつも感心しております。

本題に移りますね。
以前ある講演で聞いたのですが
日本は車検までの期間が短く、まだまだ走れるのに
古い車ほど維持費がかかるため、多くの人は十数年で手放してしまう。
そうして廃車になった自動車が、東南アジアに輸出されているとか…。
これも結局は大企業のための法律、
変えていくのはやはり私たち!なのですね。
乱文失礼しました。
6. Posted by macrobi papa   January 30, 2010 00:10
こんばんは、ろうれるさん。

記事が誰かを否定したり、責めたりするようなものにならないよう、書くの時間がかかりました。
それでも、面白くないと思う人もいるかも。

僕は、選挙にも、政治にも興味のない人間でした。
テレビも見ないし。新聞も読まない。
良きにしろ、悪しきにしろ、何かしらのことをやっている政治家の方がまだずっとマシだと思いました。

ちゃーんと、参加しようと思います。僕も。


7. Posted by macrobi papa   January 30, 2010 00:30
Mariposaさん、こんばんは。

ブータン、ネパールの東にある小さな国ですね。
日本人と同じような顔をした人が暮らし、昔の日本にあった農村のような原風景が広がる素晴らしい国だと聞いています。

国の収入。メインは観光。
行った人の話を聞いたことがあるのですが、ひとり1日2万円。
食事とガイドと専用の車が付きます。

貨幣経済はほとんど浸透して無くて、GDPから見れば、発展途上国レベルの貧しい国と言うことになります。
でも、人々はとても幸せそうに暮らしています。

美しい自然が残り、自給自足で人々は毎日の生活を楽しんでいます。
男性はアーチェリーを楽しみ、女性は歌い踊る。
GDPは低いけど、とても幸せそうに見えるの。
8. Posted by macrobi papa   January 30, 2010 00:45
これは、前ワンチュク国王の政策、『GNH』の効果です。
Gross National Happiness(国民総幸福度)。GNH。
 
国の力や進歩を「国民総生産」ではなく「国民総幸福」で測ろうというこ考え方。
物質的な経済発展だけではない、精神的な豊かさを求める。
経済優先を追求するの考え方は、自然を破壊し、差別や格差、対立や貧困を生みます。

今、現状のCO2排出量を半分に抑えるには、昭和30年代まで生活水準を押さえていかないといけないそうです。
今の贅沢を維持したまま、CO2押さえると、今回みたいな話になると思うの。

だから僕はもっと「つくる暮らし」を広げていけたら良いなと思うんです。自給自足。何でも作っちゃう。

ブータンの話。
今、ブータンはテレビが普及し始めて、少し変わり始めているみたい。もっと豊かな生活、もっともっと欲しくなる。
インターネット、携帯、車も普及し始めています。

今の美しい幸せな国のまま、残っていって欲しい気もします。
9. Posted by macrobi papa   January 30, 2010 00:48
みゆさん、こんばんは。

この車、はじめて納車されて、試乗したとき、
あんまりエンジン音がショボかったので、返品しようかと思いましたっけ。

僕の記事、長いから(コメントも)読むの大変ですね。
すいません。

来月のみゆさんの出店、楽しみにしています。
10. Posted by macrobi papa   January 30, 2010 00:54
こんばんは、Leviさん。

>1.5人乗りって車があるんですね。

マネージャー君と2人で乗ることもあります。
警察の人に「ちょっと、定員オーバーじゃない?」と問い詰められたら、「僕たち半人前だから、ふたりで1人前」って云おうと決めてます。

ジンジャー、教えてもらってありがとうございます。
やってみてからコメントに伺うつもりでしたが、お礼が遅くなりました。
ジンジャービネガーソーダ。やりたいんです。
よその店で飲んで、美味しかったもので。
11. Posted by macrobi papa   January 30, 2010 01:04
まぐろさん、はじめまして。
今回のエコ助成金は、廃車が条件であったのが問題だったと思います。外国で第2の人生を歩むこともありません。

そして、日本の車検制度は、ちょっと高いです。
アレもう少し安くして欲しい。

自動車は『重量税』を『環境税』にシフトという考え方に賛成です。
CO2排出量x年間走行距離x重量で計算。
これなら平等ですね。

道路を造るのに使うのではなく、環境を守るのに使ってほしい。

運転も大事だし、乗る回数減らす努力もエコだと思う。
やれることは、いっぱい。
とりあえず、やってみます。
12. Posted by おちゃのじかん   January 30, 2010 08:34
おりしも我が家では、明日10年乗り、11万キロ走ったCRVからFitに替わります。燃費はひどく悪いものの、新車に替えるよりは古いものを大切に乗るほうがエコだと思いつつも、ギアの調子が悪くなり取り替えると40万かかると言われたり、車検のタイミングとか、エコカー減税や補助金につられ・・・でも長く乗った車には愛着もあって、明日お別れだと思うと辛いです
新しい車とは、一生付き合えたらいいなあ
13. Posted by macrobi papa   January 30, 2010 16:41
僕、やっぱりエコ政策、否定しちゃってますね。
うーん。気をつけて書いたつもりだったんだけど。

エコ減税。僕も買い換えに使ったかもしれない。
だから、それはそれでよいのだと思いました。
ただ、そういう制度があっただけだから。

でも、これからの政治で。
GDPとか、本当の豊かさとか。新しい経済の形とか。
僕もそういうのに積極的に取り組んでいきたいと思いました。
政治家じゃないけど、なにかできるんだと思う。

おちゃのじかんさん、スペルト小麦面白そうですね、あれ。
ワイルドライスっぽい、使い方をするのかなぁ。
14. Posted by おちゃのじかん   January 31, 2010 07:17
基本的に私もエコ減税はエコノミー対策だと思ってますから。でも悲しいかな、乗せられちゃって・・・
スペルト小麦、ワイルドライス的に使ってもよさそうですね。私はスープに一緒に入れて煮込んだことしかないんですけど。一番簡単なので。
古代麦で、弾力があり、味も濃い感じがします。茹でてサラダもいいかも。ヒント、ありがとう。
15. Posted by macrobi papa   January 31, 2010 08:45
>ヒント、ありがとう。

おちゃのじかんさんのごはんは、僕もヒント頂いています。
最近、大麦を使い始めました。
ちょっと癖があるけど、生姜と醤油のドレッシングで消えます。
ただ、お箸だと食べづらいんですよね。
うーん。
16. Posted by rurikoi   January 31, 2010 09:05
エコっていろんなとらえかたがあると思います。
我が家のエアコンも25年物です。
ここまでくると家族同然。もったいない。
だめになるまで使おうと思うのが親ごころ。
でも 南極のシロクマ君や 沈んでいく小さな島のためには
買い換えたほうがいいんだそうです。
今はちょっと無駄にみえても 長い目でみたら 今 エコを1人1人が少しずつ行うことで 病んでいる地球を救うことができるんですって。
テレビをみて、ラジオを聞いて、新聞に目を通し いろんなことを考えてほしいし そして未来の地球を守ってほしいと思います。
17. Posted by macrobi papa   February 01, 2010 07:46
こんにちは、rurikoiさん。

エコには、いろいろなアプローチがあって良いのだと思います。
どんなに小さな事も積み重ねていけば、
大きな影響力を持つと信じられます。
僕たちのすることは、循環するから。

新しい技術も。
それで環境に良いものを求める気持ちを、僕は否定しません。

でも、大量に作って、消費しなくちゃ豊かになれない、今の社会のあり方は、どこか違うと思う。

「エコ」と「経済」の両立をテーマに今、流通しているものをいろいろ見てきましたが、その中で「エコ」を語りながら、環境について本当に考えているものは少ないのです。

ここでひとつひとつ検証することは、省略します。
今さら、それらを責めても変わらないと思いました。

南極のシロクマ君や 沈んでいく小さな島のために。
そして何よりも私たち自身のために、エコを考えていきたいと
思うのです。
18. Posted by おちゃのじかん   February 02, 2010 08:17
麹作り講習の日程が決まりました。
詳細はブログにアップしてます。
お時間とれたら、是非いらしてください!
19. Posted by macrobi papa   February 02, 2010 21:13
あ、チェックしました。
行きたいけど、日程が近い。スケジュールが効くかなぁ。
20. Posted by Akuta   March 16, 2010 00:21
この記事、今見つけて読みました。

アインシュタインの言葉にこんなのがあります。
「ある問題を引き起こしたのと同じマインドセットでは、その
 問題を解決することはできない。」
自分のblogに昔このことを書いたのですが、閲覧人数が珍しく
 やけに多いんです。
それだけこの言葉、注目している人がたくさんいるのでしょう。

さっきもEV車のこと、急速充電器のことをTVでやっていま
 したが。
大企業が挙ってシェアを拡大しようとしているのは、環境や
 未来世代のため、じゃないのは明らか。
車に限らず、多くの製品が「壊れ易く」「修理し辛く」「買っ
 た方が安く」なってしまいましたね。
選択肢が少ない(orない)ってことは、それ自体が大問題です。

個人的には、日本でもっとカーシェアリングやカーフリーデイ
 のことが広まってほしいと思っています。
あと、免許のない人には、「エコ徒歩減税」とか「エコちゃり
 減税」とかあればいいのに…。
(長くなって、ごめんなさい〜。)
21. Posted by macrobi papa   March 19, 2010 07:46
Akutaさん、おはようございます。
コメント嬉しいです。

マインドセットというのは、なかなか外せないもののように感じることがあります。

エネルギー問題を解決するためには、単純に昭和30年代まで生活水準を逆行させなければならないと聞きます。
今の便利さを維持したまま、エコロジーを進めるだけでは、今回のエコ政策のような形になってしまう。

原発に反対しながら、自販で缶ジュース飲むようなものです。

そのためには、どういう風なつながりなのか、それを知ることが近道なのではないかと思いました。

ガソリンに環境税を課税するのが、確実なような気もします。
スピードを出せば出すだけ、課税されるわけですから。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔