December 04, 2009

おひるごはん

こふく亭の白い大皿です。
30cmくらいあるから、結構大きいの。

sara














倒産したレストランの食器を専門に扱うお店で、埃をかぶっていた子。

ややクリーム色がかった優しい白が、テーブルの木目とよく合います。
鮮やかな野菜の色合いを引き立てる、縁の下の力持ちさんです。


今日はね、団体さんの予約だけの特別な日で、
いつもよりゆっくりと仕事が出来ます。

なかなかお見せできない、こふく亭の裏方にご招待しましょうね。

今日は16枚のランチを作ります。

narabu 大きなテーブルにお皿を広げて、
 料理の盛りつけが始まっています。

 中心に『冬野菜の白ワイン蒸し』
 を、ちょんと置きましょう。

 東西南北へ料理を並べていきます。
 黄色いのは『栗南瓜のサラダ』
 少しだけガラムマサラの香り。



madaka 渋谷でやっていたカフェ時代からの
 定番の漬け物『まだか漬け』
 ちょうど良い感じの熟成具合。
 危険なくらいうまい。

 立てかけてある棒状のものは、
 『白州産ゴボウの17時間煮』
 長く煮ると、びっくりするくらい
 柔らかくて甘いの。

 

もう少し、色を入れていきましょうね。


marinekumu









『紅心大根とブロッコリー、花豆のマリネ』
紅心大根の鮮やかな「赤」は、冬の食材の中では貴重な色。
ひと塩だけして、蒸し器でやや強めに蒸すの。
そして一気に冷ます。

と、こんなにきれいなのね。


nikudanngonikudanngo2









先日、お友達のカフェ「おちゃのじかん」さんで食べた
おからとレンコンのお団子。
再現して、本格中華にしてみた。
『おからとレンコンの団子・甘酢あんかけ』

甘酢あん、ごはんに合うの。


haru メインは、あったかいものを。
 提供時間ぎりぎりまで引きつけて、
 時間を逆算して、揚げるの。
 
 なんでも揚げたてが美味しい。
 揚げたてを食べて欲しいの。

 『大根と平茸、モチキビの春巻』
 なんか中華色が強いなぁ、今日。


sgohan ごはんも炊けた。

 ごはんが美味しいことが一番大事。
 蓋をはぐるときは、
 いつも緊張します。 
 
 湯気がふんわり。
 かに穴もいっぱい開いて、
 上々の炊きあがり♪

 嬉しい。


pらてだい














『こふく亭でお昼ごはんプレート』

料理を、お客様のところに運んだときね。

「まあ、きれい♪」と、お客様が云ったら、
「いえ、お客様の方がきれいです」って、
スマイルで云いなさいと、マネージャー君には伝えてあるの。

..恥ずかしがって、あまりやりませんけど。


僕は、この仕事が好きです。

この仕事始めたときからずっと、ただお客様に喜んでもらいたいだけ。
大切なのは、それだけだと思う。

技術は後でついてくるもの。


set










あとは、お客様を待つだけ。
じゃあ、デザートの準備でも始めようかな。


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ダイヤさん   December 04, 2009 11:10
とっても素敵です。

まるでそこに伺ったお客様になれました。
あぁ、とっても癒されました。

パパさんのブログ、大好きです。
今日も一日楽しむぞー!!
2. Posted by Levi   December 04, 2009 14:12
こんにちは

パパさんの愛情がたっぷり入ったお料理は美しくて穏やか。
ぬかくどのご飯も美味しそう。

そうそう、ペール缶でぬかくどを作っている方がいらっしゃいます。
11月に安曇野でぬかくどサミットも開催されたんですよ。
ペール缶なら私も作れるかもと思ったのですが、籾殻が手に入らないので作ってもご飯が炊けないんですよね。
そのうち手に入れます。
3. Posted by Mami   December 04, 2009 20:13
ほぅっとため息が出るくらい、
美しくっておいし〜いお料理が創れる
papaさんの愛情深さ・・・すばらしいです☆

大したことのできないわたしですけど、
小さなことに愛をこめていきたいと思います♪♪

4. Posted by もじゃ   December 04, 2009 20:47
パパさん、今日もお疲れ様でした。

ほんと、キレーだし、
パパさんのブログはあったかいです(^−^)

ありがとうございます★
5. Posted by macrobi papa   December 04, 2009 21:46
ダイヤさんの方が、ずっと素敵です。

パソコンで、料理の味や香りが送れる時代がこないかなぁとか、思ってます。
6. Posted by macrobi papa   December 04, 2009 21:49
こんばんは、Leviさん。

>ペール缶でぬかくどを作っている方がいらっしゃいます。

シャロムの親方さんじゃないですか?
ぬかくどサミット、また来年もやるとか。

こふく亭も呼んでください。
行きたいです。

「もみがら」は、コイン精米所でうなるほど手に入ります。無料ですし。
7. Posted by .   December 05, 2009 00:04
最近、
ダンディだけじゃなく、
アヌビィや、パパさんまで、
ぬかくどを、お使いになって、
コメット君まで、
巻き込もうとなさるとはっ!笑
8. Posted by macrobi papa   December 05, 2009 08:41
Mamiさん、こんにちは。

文中のゴボウの17時間煮は近いうちにレシピ化します。ほかの料理もレシピ化していくことを考えています。

今日も頑張ってランチ作ってきますね。
9. Posted by macrobi papa   December 05, 2009 08:43
もじゃさん、ありがとうございます。

うん、今日はスペイン風のパイとせいたんのハンバーグでいこう思います。
10. Posted by macrobi papa   December 05, 2009 08:46
もさん、こんにちは。

ぬかくど使いは、すっかりコメット君に伝授しました。
最初は失敗していましたが、今はもうかなり上達してきました。

修行して、もうちょっと細かい女心の機微が分かるようになれば、立派なダンディになれると思います。
11. Posted by hearty   December 05, 2009 15:22
パパさん
半年経ったんですか。
もっとずーっとそっちにいらっしゃるような気がするような、、、、
いつもわくわくさせて頂いてます。

さすがパパさんだなあと思いました。
おいしいのもそうですがキレイって喜ばれることも大切だと思います。
素朴だから、それをそのまま素朴に出されるより、夢を見させて頂けるとうれしいものです。

ついでに「あなたの方がキレイ」だなんて言われたら、もう舞い上がってしまいます 爆

まだか漬け、秋のイベントで頂いた味にはかないませんが、いまやすっかり我が家の定番です。
パパさんレシピからたくさんのアイディアを頂いて、勉強してます。

スペイン風のパイってどんなか興味津々です。
いつかお写真みさせてくださいね。
12. Posted by macrobi papa   December 05, 2009 22:37
もう半年。
でもたった半年という気がしますよ。
いろいろありましたものね...



...走馬燈が(笑)。

スペイン風パイは「エンパナディージャ」云って、スペインのバール(町場のカフェ兼バーみたいなとこ)の定番料理です。

さっくり仕上げるための工夫を仕込んであります。
かなり美味しいです。
確実にほっぺた落とします。

こふく亭に来てから生まれた、僕の新しい自信作なんですよん。
13. Posted by hanisu   December 06, 2009 14:48
papaさんこんにちは。お久しぶりです。
ランチ、美しいです。かまどで炊いたご飯も食べてみたい!
いつか必ず、必ず訪ねていきますね。
「お客様のほうがキレイです!」って言ってもらえるよう?!
ワタシも中から外から自分を磨いておこうっと。
14. Posted by macrobi papa   December 07, 2009 00:15
こんばんは、hanisuさん。

かならずお会いできると思います。
僕ももっと腕を磨いておこっと。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔