November 03, 2009

妖怪 たんころりん

柿












秋、柿の木にたわわに実がなるけど、その実をだーれも採らないでいました。
すると夕方、ひとりのお坊さんが、その木の下に立っています。


お坊さんの顔は、まっかっか。

あれまあ、お酒でも飲んだのかねぇと、通り過ぎようとすると、
お坊さんの服のたもとから、大きな柿の実が、
ボロボロ〜、ボロボロ〜とこぼれるの。

おや、お坊さま、なにか落ちましたよ。

と、声をかけると、
くるりと振り返ったお坊さんが・・・


「たんころり〜ん!(papa大声で)」


1日1回、子供たちにお話する時間。定番の驚かせ話です。
あとは、赤ずきんの「それはお前を食べるためだよ〜」などが、
同様の使用法として分類されます。

宮城県の柿の木の妖怪で、たんころりん。
柿の実を食べて欲しいという木の精の化けた妖怪なんだそうで。

今は、村が高齢化してきて、柿の実をとる人もいないの。
干し柿なんてめんどくさいもの作らなくても、
コンビニにお菓子はいっぱいあるもの。

ものが豊かなことが良いのかどうかは、分からない。
でも、たんころりんも寂しいのかもね。

とりあえず、渋柿。
採りきれない方、回収に伺います。
ご連絡下さい。

今年は、干し柿に挑戦してみたいのです。


妖怪たんころりん。想像図書いてみた(↓)。

たんころ






















トマトじゃないよ。


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Levi   November 04, 2009 17:15
こんにちは

妖怪たんころりん〜叫ばれると怖い〜
はい、パパさんの絵はトマトに見えます。
そうですよね。
柿はこの季節、風邪予防や解毒になるので食べたい食品なんですよね。
お菓子ばかりじゃなくて柿も食べて欲しいですね。

実は私、干し柿を作っております。
夫の友達の家になっていた柿をいただいたところ、例年は甘いのに今年は渋が残っているんです。
ヘタに焼酎をつけてビニール袋に入れておけば甘くなるのですが、むいたので干しちゃいました。
まだ、干して2日目なのでほとんど変化はありません。


パパさんも干し柿たっぷり作れると良いですね。
2. Posted by macrobi papa   November 04, 2009 18:16
たぶん、「ヘタ」の部分を間違いました。
柿はもっと丸い形ですね。

干し柿も上手く粉を吹くためには、いろいろ奥の深い技があるようですね。
とりあえず5個くらいからやってみようかな。
3. Posted by fanta   November 04, 2009 21:06
むかし、こういう絵、描いてた気がする。
なんか懐かしい〜
やっぱりfantasistaだ。
4. Posted by macrobi papa   November 05, 2009 08:06
新しいプリンターは、結構スキャナー性能が良いみたい。
手書きの絵をアップできるかなと思って、実験してみました。

次は、もうちょっと真面目に書きますね。
5. Posted by タンボロッジの料理長   November 07, 2009 23:22
お〜〜〜〜
あこがれの干し柿

タンボロッジでは、「テン」やられる(食われる)ので、作ることができません。
なんとか防御策を考えないといけないんだけれど、なかなか思いつかないのです。
干し柿の中に、いっそのこと、から〜〜〜い唐辛子でも仕込んでみようかな〜〜〜
6. Posted by macrobi papa   November 08, 2009 08:31
「テン」が出るんですね。
それは手強い。
うちも猿が出ます。

>干し柿の中に、いっそのこと、から〜〜〜い唐辛子でも仕込んでみようかな〜〜〜

忘れてて、自分で食べちゃったりして。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔