September 05, 2009

タンボロッジへの旅

福島県南会津のマクロビの宿、タンボロッジに行ってきました。

窓の外












マクロビオティックベースのアンデス料理が美味しいので有名ですね。
米飴や豆板醤など、調味料から手作り。
味噌とか、えらい旨いのね。

僕がお店をやる時に、お手本にしたお店のひとつです。


実験好きの料理長は、独創的な料理をどんどん生み出していきます。
美味しいものを食べると、すごく刺激になる。
彼の料理を食べることで、僕の経験値が上がるの。

・・なんか、他力本願なレベルアップですねぇ。

くちかんか









アンデス料理の『クチカンカ』。
白チューニョをクリーム煮にした伝統的な料理らしい。
大豆タンパクを焼いたものがあしらってあるのだけれど、
鶏肉かっ?てくらいリアル。

ペルー風野菜の炒めもの









アンデス料理の『ペルー風野菜の炒めもの』。
貴重な黒キヌアを一緒に炊き込んだ玄米が添えられる。
飯を食べて、久々にぐっと来た。
「旨いゾー!」と、叫びそうなほど、玄米が旨いのね。
いや、そのまんま叫んでいたかもしれない(笑)。


玄米ごはんを噛み締めながら、しみじみ考えました。

なぜ、このごはんはこんなにも美味しく、
こんなにも心に響くのでしょうか。


料理長は、何処かで修行をしたのでは、ないと云います。

厳しい修練と道の追求の果ての結果として、
美味しい料理が作れるようになる訳ではないのだと感じました。

これを食べて元気になって欲しい、笑顔になって欲しい。
そういう気持ちの先に、技術があるのであって、
技術が先ではない。

毎日、まいにち子供達のために作ってくれた母のごはんは、美味しかったもの。
僕もそういう気持ちで、ごはんが作れると思う。

ベジシュー









これ(↑)、すごいのよ。
分かる人は分かる「ベジのシュークリーム」。
植物性素材だけで、シュークリームを作るのは至難の業なのだ。
それをノンベーキングパウダーで作ってしまう神業。

これは!

・・・うん、料理長の趣味だな(笑)。
たぶん、気持ちとかじゃなくて、楽しくて作ってるし。
料理説明、めっちゃ嬉しそうだったし。

あ、美味しかったですよ。


今回も、良い気づきをいっぱい頂きました。
ありがとうございました。


 【タンボロッジ】ホームページ


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Luna   September 06, 2009 19:55
楽しい、嬉しい、相手に喜んで欲しい。
それって本当に大事ですね。
作った人の心って、料理にうつりますよね。

今日、彼のために、「ありがとう&元気になーれ」
って気持ちをこめて、おむすび握ってました。
そういう気持ちでいるとき、自分も幸せです。

こふく亭も行ってみたいけど、ダンボロッジも
行ってみたい。癒されそう。
2. Posted by .   September 06, 2009 22:29
どこでもドアが、欲しいなぁ。

こふく亭と、
タンボロッジさんと、
萬和楼につながってるだけでいいから。

3ヶ所携帯ってあるんだから、
シニア仕様の3ヶ所ドアも作って欲しいですわ。
3. Posted by Mami   September 06, 2009 23:47
食べものって奥が深いようで、シンプルで。
摩訶不思議な世界ですね☆

愛がいっぱいつまってるものを頂くとすぐに、
お腹の真ん中や手のひらがほこほこ温かくなります。

papaさんのごはんはぽかぽかになりすぎて、
彼が暑がって手をつないでくれなくなりそう・・・
ほどほどの愛でお願いしま〜す(笑)
4. Posted by まるねこ   September 07, 2009 21:04
5 うわー!素敵です。
ベジになってから大好物だったシュークリームを一切食べてないんです・・・
美味しそう食べたいって思うけど、不安がよぎる。
もしかして一口勇気を出せば、食べることができるかもしれないけど、どうしてか躊躇ってしまうんです。
5. Posted by macrobi papa   September 08, 2009 10:37
Lunaさん、こんにちは。

なんか良いですね。
僕と嫁さんもそういう時代があったんですけど。
なんか最近は兄弟みたいなかんじ。
6. Posted by macrobi papa   September 08, 2009 10:38
こんにちは、もさん。

こふく亭とタンボロッジさんと萬和楼で、イベントをやるというのはいかがでしょうか。
そしたら泊まり来ます?(笑)。

どこでもドア僕も欲しいです。
そしたら世界中を食べ歩くんですけど。
7. Posted by macrobi papa   September 08, 2009 10:42
Mamiさん、こんにちは。

ごはんを作るの毎日が、本当に有り難いと思います。
目一杯美味しいのを作って、お客様が
「美味しい」とか「きれいー」とか、云って下さるでしょう。

毎日、頑張ってて本当に良かったと思うんです。
8. Posted by macrobi papa   September 08, 2009 10:46
まるねこさん、こんばんは。

僕もシュークリームは大好きで、東京のいろいろなお店を廻って、食べ歩いたものでした。

でもね、今、どれも甘過ぎると感じるの。
素直に美味しいと感じられないのです。
なかには美味しいのもありますけど。

そしたら、もう自分で作るしかないでしょ(笑)。

タンボロッジのベジシューは、近いうちにレシピをブログ上にアップすると云ってました。
僕も挑戦してみようと思っていますよん。
9. Posted by タンボロッジの料理長   September 08, 2009 23:40

papaさん、こんばんわ。
そして、先日はこふく亭のおいしいディナー、ありがとうございました。

ところで、そんなに褒めると、豚と一緒に「木」に登っちゃいますよ〜〜〜←これって牛だったかも・・・・

本当、ほとんど実験は「趣味」です。
爆発しないように気お付けなくっちゃ

マクロビ・シュー、間もなくレシピをアップしますね。
お楽しみに。
10. Posted by macrobi papa   September 09, 2009 01:01
こんばんは、料理長さま。

実験、やっぱり趣味だったんですね(笑)。
僕もですけど。

実験といえば、今年の冬はいろんなジャガ芋でチューニョやってみたいです。
紫じゃがいもとか、手に入るんです。
11. Posted by タンボロッジの料理長   September 10, 2009 23:11
紫じゃが芋!!!
すごいっ!!
手に入るんですか。
うらやましいです。
是非、チューニョをそれで作ってみてくださいね。
たのしみだな〜〜〜
12. Posted by みっこ   September 12, 2009 14:42
ああ、いいなあ

先月こふく亭にお邪魔したときに、その前後でなんとかタンボロッジさんもお邪魔できないだろうかと、あがいていたのですが、やっぱり家族連れ犬連れはフットワークが重くなりますね、シクシク。

でも機会を見つけて是非行ってみたい。

あ、もちろん、こふく亭も再び^^
13. Posted by macrobi papa   September 14, 2009 23:49
紫じゃがいも、すごく数が少なかったらしくて、もう今年は終わりみたいです。

紫サツマイモは、黄色に紫が重なる感じだけれど、紫じゃがいもは白に紫。
蒸した時の紫色の美しさは、筆舌しがたいものがあります。

ちなみに品種名は、パープルシャトー。
来年見つけたら、送ります。
14. Posted by macrobi papa   September 14, 2009 23:51
タンボロッジは、さらに長距離ですからね。

僕たちも行くのは、大変でした。
子供6人連れでしたから。
フットワークが・・。

美味しい店集めて、村を作りたい。
で、そこに住みたい(笑)。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔