June 18, 2009

最強の棋士

ユウ@7歳。
このブログ始めた頃は、まだカタコトでしゃべるくらいだった彼も、
パパと将棋を指すようになりました。

ユウ









でも、弱いなぁ。
こりゃ、ちょっとハンデを付けないと。
   

最強









最強の布陣。パパの方は、王様と歩だけ。
もはやなんだか分からない戦い。

基本、僕は手加減しないんだけど、
ユウは、負けるとえらい泣くのね。

大丈夫。その気持ちがあれば、君は強くなるから。


逆に我が家で、将棋が一番強いのは、姫@5歳。

姫









彼女の駒は、ルールを超越した超人的な動きで攻め込んでくる。
しかも連続2回攻撃。

たとえ王将が倒れても、最後の兵、果てるまで戦い続ける、武士魂。
そして謎のワープ戦法。
デスラーかお前は。


僕はつい仕事ばっかになっちゃうから、
子供と過ごす時間、大切にしなきゃと思う。
僕の歩くペースを、もっとゆっくりと、子供に合わせる感じ。

そんな感じにのんびり暮らしていければと、思うんです。



(*デスラー:宇宙戦艦ヤマトに登場した顔の青い異星人。
      敵の艦隊の中心に自分の宇宙船をワープさせる戦法を得意とする。
      ・・って、若い人は知らないか)
      

vegetus at 23:10│Comments(8)TrackBack(0)clip!日々のあわ 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ぢゅん   June 19, 2009 10:25
papaさん、お子さんとの時間、かけがえのないものですね。

仕事も魂を成長させてくれるものだけど、それ以外の人とのご縁や家族とのふれあいの時間は、魂を拡大させてくれる時間のような気がします。

この家族があるから、papaさんのご飯はしみじみ美味しいのだと思いました。
2. Posted by Levi   June 19, 2009 11:43
こんにちは

お子さんが将棋を打てるようになるってお父さんとしては嬉しいですよね。
将棋などは一生続けられるゲームなので良いですよね。
娘さん強いですね。
頼もしい〜

うちも一時は将棋をしていましたが息子はそれほど好きじゃないようで今ではもっぱら夫とはトランプや花札をしています。
で、今ではお父さんが息子に「遊ぼうよ」と誘って遊んでもらっています。
3. Posted by Luna   June 19, 2009 19:24
パパさんは、将棋を打つんですかー。
なんか、日本男児なり!って感じですね。
ちょうど最近、将棋の棋士の男の子が主人公の少女漫画を読んでたので、
個人的にタイムリーです。

パパさんは、忙しく働くから、お子さんが、ゆっくり過ごす時間も大事だって思い出させてくれるんですね。
4. Posted by macrobi papa   June 19, 2009 23:42
こんばんは、ぢゅんさん。

子供達の存在が、僕を成長させているように感じます。
たぶん「子育て」というけど、育つのは親も一緒なのですね。
僕がなんど失敗しても、子供達はパパ好きでいてくれます。もっとこういう時間を大切にしたいと思いました。
5. Posted by macrobi papa   June 19, 2009 23:48
Leviさん、こんばんは。

息子は、将棋がマイブームのようで。
結構、奥が深いし、戦術とか使えるようになるとまた面白いのですけど。
後3年は待たなきゃダメかなぁと。

あとでボロ負けしないように、僕もちょっと練習しておきます。
6. Posted by macrobi papa   June 19, 2009 23:54
Lunaさん、こんばんは。

僕は学生時代、授業中でも将棋差してるような不真面目な生徒でした。
その分、今になって勉強に目覚めちゃった感じで。

うっかりすると、頭の中、料理のことばかりです。
子供と一緒に、遊ぶ時間も大切なものです。
つい、はやくはやくと急かしちゃうけど、子供達のペースに歩調を合わせることが、必要なんだと思うんですよ。
7. Posted by .   June 20, 2009 01:59
子供って、

誰のためにいま、
ご飯作ってるのかを、思い出させてくれますよね。
人に、褒めてもらおうとか、
認めてもらおうとか、じゃなく、
おいしいって言う、笑顔のために作るの。
いっしょが嬉しいっていう幸せのために。

自分のやりたいことを、常に優先して
キャリアを積んで、上にのぼって、
そうやって勝ちのぼってく人を、
うらやんだ時期もありましたけど。

毎日の生活に追われ、
自分の時間が取れなくて、
自由が欲しいと思うこと、
今だってしょっちゅうですけど。

たぶん、有り余ってる時間を、
ただ共有しても、それだけじゃ心は通わない。
大人と子供では、時間の流れ方が違いますもの。
大人時間を理解できない子供は、
ある意味、かわいそうですね。

大人にとっては、仕事の合間に過ぎなくても、
その、ほんのわずかな合間、合間に、
子供にとっては、
キラキラした宝石のような、
かけがえのない時間が、
流れてるんだと思いますの。

それを共有する特権を、
親は、与えられているのよね。



8. Posted by macrobi papa   June 22, 2009 01:05
たいせつなことは、いつも忘れがちです。
もっとシンプルに自分自身でいられたらと思うんです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔