April 30, 2009

春の紅葉

こふく亭に「地球村」の高木先生がお越し下さることになりました。
もうずっと前から、すごく尊敬していた人です。
嬉しい。

一緒にテレビの取材も入ることになって、なんか幸先が良いです。


料理も頑張りました。
新しいメニュー。
献立、仕込み、味付け、ソースまで完璧な出来。
スープも、最高の出来映えです。


・・でもね、ごはんを炊くのを失敗しました。

「ぬかくど」の点火が不完全だったのね。
それに気がつかなかった。
釜の中は、生炊きの米が2升半。とても食べれません。
炊き直す時間もなく、「すいません」と頭を下げて廻りました。

誰を責めるでも無く、僕が気持ちをごはんに置いていなかったのが原因。
どこか気持ちが、浮かれてたんだと思いました。


どんなにおかずが美味しくても、
スープの出来映えが良くても、
基本のごはんがしっかり炊けてなければ、意味を為しません。

みんな「いいよ、いいよ」云って、帰りましたが、
僕は恥ずかしくて、先生を見送ることも出来ませんでした。

ぬかくど











こふく亭の裏手、外は久々の雨で、
蒸気の上がるぬかくどを見ていました。

ひと雨ごとに、緑が濃くなるようです。
薄い緑、濃い緑。

この美しい緑のグラデーションを「春の紅葉」と呼ぶ人もいるとか。

もう、ぜったい、飯炊きは失敗しません。


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by みっちゅ   April 30, 2009 10:22
なんだか涙が出てしまった。。。
ごはんを美味しく炊くこと=気持ちをごはんに置くこと。
丁寧に日々を過ごすことだなって、ハッとしました。
Papaさんありがとう・・・。
2. Posted by ぢゅん   April 30, 2009 10:23
仕事を始めるとごめんなさいじゃすまない失敗をしてしまうこと、ありますね。
でもそのときの痛みを忘れないことが次のステップにつながりますよね。
人間だもの!
その後の姿勢のほうが大切です!

高木さん10年前に講演を聞きに行ったことを思い出しました。
ご縁ってつながりますね。
papaさんの吸引力でもっともっとご縁、集まりますよ!
3. Posted by みっこ   April 30, 2009 10:41
きっと、先生はまた美味しく炊けた御飯を食べにきてくださるのではないかしら。

糠や薪の炊飯だと、ガス火では考えられない、繊細な手間がたくさん必要なんでしょうね。

これから何倍も腕を上げられるパパさんに、期待しています^^
4. Posted by Luna   April 30, 2009 10:55
こんにちは。
遅ればせながら、お店のオープンおめでとうございます!

失敗すると落ち込むけど、そこで立ち上がれば必ず強くなると思います。
気持ちをご飯においてあげる、それを思い起こさせてくれたこの経験に感謝できるといいですね。
どんまいです!
5. Posted by まるねこ   April 30, 2009 12:41
5 オープンおめでとうございます。
papaさんはプロの料理の人だから悔しかったでしょうね。
私にすれば、ガスを使わない昔ながらの方法で、ちゃんとお料理を作られているだけで尊敬です。
papaのような人でも、そのようなことがあるんだから、昔の人って凄いなぁと改めて思ってしまいました。
papaさん、どんまい!
6. Posted by Levi   April 30, 2009 14:34
こんにちは

お料理やさんでご飯がちゃんと炊けなかったとはショックですね。
文章からもパパさんの辛さが伝わってきます。
ぬかくどは炊飯器ともガスや電気などとも方式が違うから気持ちの置き方も違うんでしょうね。
Bon courageです。
7. Posted by gehirn   April 30, 2009 15:00
5 神様がくださったご褒美だと思いましょう。反省は大切なことだけれど、自分を責めてばかりいても前には進めませんよ。気持ちを引き締めてまたスタートですよ。頑張れPapaさん!
8. Posted by さち   May 01, 2009 00:04
春の紅葉
なるほど〜言われてみればそうかもしれません。

八ヶ岳はどの季節も自然を感じられるところです。
自然て厳しいことも不自由なこともたくさんあって
でも その中にたくさんのご褒美みたいな時をもらえます。

完璧じゃないのも自然ということなのでは?
きっと自然に美味しいご飯が出来る日が来ると思います。

私もこの冬薪ストーブデビューをして火って楽しいけど難しいなと実感しました。

9. Posted by mama   May 01, 2009 00:04
はじめまして。こふく亭さんをひょんなことから知りました。とても素敵なところ&子供に食べさせたい食材のお料理のようで、今度家族そろって行ってみようと思います。よろしくお願いします。
10. Posted by fanta   May 01, 2009 00:29
こふく亭、一回行ったけど、もう すぐにまた行きたくなるほど気持ちいい場所、空気、
パパさんの御料理まで食べられるなんて なーんてデラックスな場所でしょう・・

ほんと、目的のあう人がつながって行くスピードがどんどん早まっている気がします。
緑の季節・・今の風景は もうサイコーな気がしますが、夏、秋、冬・・もきっと素敵なはず。
たのしみです♪
11. Posted by macrobi papa   May 01, 2009 00:32
みっちゅさん、ありがと。
辛い記事になってしまいました。

次は明るいのが書けるといいな。
12. Posted by macrobi papa   May 01, 2009 00:34
こんばんは、ぢゅんさん。
失敗出来ない時があります。

今回だけは失敗出来ないシチュエーションだったのですが。
まだまだ気持ちが足りないような気がして。
13. Posted by macrobi papa   May 01, 2009 00:35
みっこさん、こんばんは。

薪と炭のコントロールはかなり上達しました。
全然自信無かったけど、なんとかなるもんですね。
14. Posted by macrobi papa   May 01, 2009 00:37
ありがとうございます、Lunaさん。

ごはんに気持ちを置く。
全自動でも、ほったらかしては、だめなんですね。

ぬかくどは便利な道具ですが、なかなか云うこと聞いてくれません。うーん。
15. Posted by macrobi papa   May 01, 2009 00:41
まるねこさん、こんばんは。

お客様は、勿体ながってそれを食べると云いました。
でも、それはお出し出来ませんと云いました。

プロとしてのプライドもあるのですが、
それだけではないのです。

なかなかそれは伝わらないのですが。
16. Posted by macrobi papa   May 01, 2009 00:44
こんばんは、Leviさん。
ただなんかもう、悲しいばかりで。
雨に打たれて、ただぬかくどの炊けるのを見ていました。

もう失敗はしません。絶対にしないです。
17. Posted by macrobi papa   May 01, 2009 00:47
gehirnさん、こんばんは。
ありがとうございます。

こんなに励ましの言葉を頂けると思わなかったので、嬉しいです。
この記事、書かないでおこうかと思ったのですが、書かないと先に進めない気がして。

失敗は失敗。経験だけ持って、先に行きます。
18. Posted by macrobi papa   May 01, 2009 00:50
こんばんは、さちさん。
薪ストーブデビューですか、良いなぁ。

「西の魔女が死んだ」のおばあちゃんの家みたいなのに住んで、薪のクッキングストーブで暮らすのが僕の夢です。

火を見るのは、なんかこうワクワクすると云うか。原始的なものに訴える、喜びみたいなのがありますよね。
19. Posted by macrobi papa   May 01, 2009 00:51
mamaさん、はじめまして。
こふく亭、最初は分かりづらいかも。

お気軽にお電話下さい。
道案内いたしますね。
20. Posted by macrobi papa   May 01, 2009 00:53
fantaさん、初リピーターですよ、きっと。

また腕に選りをかけて美味しいものを作らせて頂きますよん。

人との出会い、そこから生まれるものの素晴らしさに感謝の気持ちを覚えます。
本当にありがたいです。

皆さん、どうもありがと。
頑張ります。
21. Posted by rurikoi   May 01, 2009 15:10
がんばっているようですね。
私もよく失敗しました。会社の食堂で菜の花のからしあえを作ったとき、辛すぎたらしくて 泣いてる人がいました。
炊飯器のスイッチを入れ忘れて、ごはんはあとでねっておかずだけ食べさせちゃったこともあります。
そういえば昔 カジキマグロの切り身をおさしみで子供たちに食べさせて あとで正露丸をのませたことがあったなあ。
失敗は成功の母といいますでしょ。いい勉強をしましたね。
22. Posted by macrobi papa   May 01, 2009 23:12
ありがとうございます。

なかなか上手くいかないこともありますが、全部「糧」になっていると思うんです。

今日は、とてもお客様に喜んでもらえる仕事が出来ました。明日も頑張ります。
23. Posted by も.   May 02, 2009 17:46
「糧」=米の量=二升半
 …まぁ、ずいぶんですこと。笑

ところで、
ルシファー(魂)、入れました?
え、動く城じゃない?あら。

パパさんの気持ち(ソウル)も、だけど、
ぬかくどって、
ぬかくど自身の魂(ソウル)を、
持ってそうじゃない?

互いに確かめ、試しつつ、
親友になってく男同志みたいね。

パパさんと、ぬかくど君。
24. Posted by macrobi papa   May 03, 2009 01:21
そういえば、あれルシファー云いましたね。
映画館に見に行きましたっけ。

ぬかくど自身のソウルを考えていませんでした。
明日は話しかけながら、手入れをしてあげようかな。「最近どうよ?」なんて。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔