March 30, 2009

マクロビオティックって、なんですか?

最近良く耳にするようになった『マクロビオティック』と云う言葉。
本屋さんに行くと、マクロビ本コーナーが小ちゃくあったりして。

なんか玄米とか食べるらしい。なんか健康に良いらしい。
なんか気になる。

今日は、マクロビオティックってなんですか?のお話。


【マクロビ哲学派の人】

マクロビオティックは、<自然と調和した生き方>
マクロビ哲学派の解釈です。

マクロビオティックと云う言葉は、古いギリシャ語の【マクロビオス】に由来します。
マクロは「大きい」、ビオスは「生命」。
マクロビオスは、ソクラテス以前の哲学者や医学者たちが使った言葉で、「自然に調和したいのちの在り方」と云う意味です。

その言葉から生まれた【マクロビオティック】は、その生活の方法、技術のこと。
これは食事法だけではなく、「ものの考え方」「こころの在り方」「世界観」まで大きく含む『生き方』を表しています。


【マクロビ理想派の人】

マクロビオティックは、<平和へのアプローチ>
マクロビ理想派の解釈です。

マクロビでは、「全粒穀物(玄米ごはんなど)」を主食としています。
穀物は、人間が人間であるための【根本的な食】であると考えるからです。
マクロビオティックの基本食に変えていくことで、体だけではなく、こころも健康に変わってきます。

<こころの健康>を通じて人間本来の穏やかさ、優しさを取り戻すことができます。

そうすることで人はもっと幸せに暮らしていくことが出来るのかもしれません。
マクロビオティックは、<平和への深い願い>でもあるのです。


【マクロビ実践派の人】

マクロビオティックは、<穀菜食>
マクロビ実践派の解釈です。

明治時代の医師、石塚左玄の「食養生」の流れをくむマクロビオティックは、日本の伝統的な知恵であった「食養生」の基本的な考え方を受け継いでいます。

【穀食主義】人間の主食は穀物であり、全粒穀物(玄米ごはんなど)を
      食事全体の半分以上で摂るというもの。
      穀物中心の食事をとることで、体の陰陽を
      バランスのとれた状態に保ち、病気を寄せつけません。

【身土不二】『環境と私たちはひとつのもの』であると云う考え方です。
      自分の住む土地で採れた旬のものを選んで食べることで、
      自然のリズムに調和して暮らしていく知恵を表しています。

【一物全体】ひとつのものは、そのすべて・全体を頂くことで
      栄養のバランスも成り立つとする考え方です。
      皮も身も葉もすべてを残さず、バランス良く食べることで、
      そのいのちを余すことなく私たちの中に受け継いでいきます。

<陰と陽>、<人と自然>のバランスをとることで、自然体でいること。
マクロビオティックが、ベジタリアン(菜食主義)と異なる点は、
そのバランス感覚にあるのかもしれません。


【マクロビオティックは楽しい】

マクロビオティックは、【愉快】。
マクロビオティックをアメリカで広めた久司先生の解釈です。

先生は、マクロビオティックを愉快だと説きます。

 マクロビオティックは、楽しく心地よい。
 それは感謝する気持ちから。
 春の花、今日の食事、友達にあって嬉しかったこと、あなたの家族に。
 ひと粒万倍、自然がひと粒の種を万の実りに変えて返してくれるように、あなたの
 ありがとうもひと粒万倍になって帰ってくるの。
 だから愉快なんです。

マクロビオティックは愉快。マクロビオティックは楽しい。
それで良いのだと思います。

僕はこの解釈が好き。ホントは書きたかったの、それだけ。

マクロビしようと頑張らなくても良いのかもしれませんね。
できることから始めてみませんか。


きっと今まで見えなかったことに、出会えると思うのです。


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by blue   March 30, 2009 22:38
パパさん、こんばんは。
井戸端会議で何回かごあいさつさせて頂いたことがあります。

わたしもそう思います。
無理やりやらなくても、なかなかチョコがやめられなくても、できることから。
マクロビ以外のことでもそうですね。
今、自分ができることを精一杯やってみる。
まわりの人に感謝する。

大事なことだなって最近気づきました。自分って生かされてるんですよね。

2. Posted by も.   March 31, 2009 00:01
お店をやってると、
買い物の仕方で、その方の人間性が垣間見えてしまうことがよくあります。

最近、気になるのは、
マクロビオティックを見せびらかす方、
高いお金を払って習ったんだから、元を取らなきゃみたいな考え方で、人に教えようとする方、
人助けを謳っているのに、
自分本位の考え方しかしていない方…

買い物の仕方に、全部表れてるの。

作り手と、売り手と、買い手。
互いに相手の立場を思いやり、尊重し、信頼することで、良い物というのは、守られていくのに。

それを、忘れている方が多いです。

この前、大ばばさまが工場見学に出かけて、
他県の同業者の方から、
無農薬の大嘘というのを聞かされたそうです。
夜中にこっそり農薬をまいていながら、
平気で無農薬と称して売っている。
けっこう名の知れた老舗メーカーでさえ、
そんなことを平気でやっているんですね。

とてもお行儀の悪い買い物をされる方が、
ブログでは、聖人君主のような美辞麗句を書き連ねているのを見て、
暗澹たる思いのおばばなのでした。

愚痴になってしまいましたわ。
3. Posted by ぷりん   March 31, 2009 18:38
5 お初です。
マクロビ初心者には、すごく勉強になります。
これからもご指導の程よろしくお願いします。(^^ゞ
4. Posted by むーむー   March 31, 2009 20:43
はじめまして。結構前からこっそり日記見ていました。パパさんの考え方、これに限らず、とてもナチュラルで読んでいていつも心に沁みてきます。

私は1年前にダイエットを期にマクロビを始めました。田舎住まいなのでネットと本の独学ですから、陰陽のことなどは中途半端で、マクロビやってますなんて恥ずかしくて言えない、って思っていました。

「マクロビオティックは楽しい」
その言葉、平和や思想など一言で色んなことを含めた言い方にも聞こえて、とてもステキです。
マクロビを始めて、コンビニ食とお肉と乳製品で生きてきた私が、地元の食材や旬の野菜の美味しさに気付け、味覚が変わり、作る相手にも喜んでもらえ、料理をすることが楽しい、そんな風に思っていることは全然恥ずかしいことじゃないんですね。
私なりのマクロビの在り方を持つことが大切なのだと今気付けました
5. Posted by もじゃ   March 31, 2009 23:36
パパさん、こんばんは!
私がマクロビを知ったのは、
山本洋子さんという方からでした。
お世話になっている方で、
マクロビ料理の本も出されているんです。

無理をせず、楽しいマクロビという考え方、
いいですよね〜

たまには肉や魚を食べつつも、
野菜中心。無理をして続かなければ、
苦痛になっちゃいますもんね。
6. Posted by macrobi papa   April 01, 2009 21:40
最近、火を燃やします。

いろいろ工夫しながら、火をコントロールしようと四苦八苦するうちに、昔の知恵をいろいろ学びました。

今、自分が必要だと思っているものも、そう思い込んでいるものも。
本当は要らないのかもしれない。

マクロビやってる人には、いまさら次郎な記事ですが、一度原点に還ってみようと思いました。

「いまさら次郎」って、若い人分からないかなぁ。
7. Posted by えりりん   April 03, 2009 21:06
マクロビパパさん、はじめまして♪
komokonを通じて、マクロビパパさんを知り、いつもblogを楽しく読ませていただいています

とってもわかりやすい記事で基本に戻ることができ勉強になりました。
ありがとうございます

これからもよろしくお願いいたします。

あ、そういえば・・・
マクロビパパさん、今山梨にいらっしゃるんですか?
8. Posted by macrobi papa   April 03, 2009 21:35
えりりんさん、はじめまして。

山梨、素敵なところです。
「あいラブ山梨」のTシャツ着た背の長い男が歩いていたら、僕です。

これからもよろしくお願いします。
9. Posted by えりりん   April 09, 2009 19:15
実は今月下旬から山梨に引っ越します!
広い山梨・・・
「あいラブ山梨」Tシャツ、がんばって探してみます(笑)

よろしくお願いいたします。
10. Posted by macrobi papa   April 09, 2009 22:19
えりりんさん、あら山梨人になられるのですね。

ようこそ山梨へ。
米がうまいですよ。うん。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔