March 28, 2009

火を使う人

七輪に木っ端を立てて、燃やしてるところ。
こんな感じに、毎日、火を使うトレーニングをしています。

火起こし












火なんて、ライターで薪をちょろっと炙れば、すぐ点くもんだと思っていました。
違うのね。

少しずつ燃えやすいものから、燃えにくいものに順に、火を移していく。
薪や大きな木っ端、備長炭なんてなかなか火がつきません。
でも、燃えやすいものはすぐ火が消えちゃうみたい。

今まで、ガス栓ひねるだけの生活してたから、なかなか大変。


でも、不思議なもので、火付けで苦戦してると
「あ、私、薪と炭だけで生活してるのよ」という人との出会いがある。

即、弟子入り。

おき沖台人








なんとか木っ端を燃やして、その火力で炭に引火する。
『消し炭』という焼き入れの軽い炭だから、火がつきやすい。

半分燃えて、真っ黒になった木っ端は、全部燃え切らないうちに
蓋の出来る容器に入れて消火します。

これが『おき』。
『消し炭』より火の寿命が短いが、簡単に燃える。
これをいっぱい貯めておくのね。

おきコントロール








真っ赤になった炭の上に、鍋を置いてスープを作ってみます。
火力を強める時は、『おき』を足してやるの。
空気穴の開閉で、燃えるスピードも変えられます。

七輪だと、強火と弱火のコントロールはすごく簡単。
昔の人の知恵は、本当にすごいなぁって思います。


最近、どうにも大工さんと間違われます。
火をボウボウ燃やしていたから、体から煙の匂いがします。

ん、これが原因か。



トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by kawauso   March 29, 2009 05:41
おお。難しいですよね、火つけるの。
お世話になっている農家@東南アジアで、プロパンガスもあるのですが、炭と薪の方が美味しい&経済的らしく、調理はだいたい炭と薪です。
こちらでは、火がつきやすい針葉樹の木を割り箸ぐらいに細かくしたものを着火用にストックしておいて、これにライターで火をつけたあとに七輪の炭に火を移します。
これが農家のおばちゃんがやると一発ですが、私は何度もやらないとつきません(泣)
消し炭もとっておきますが、どちらかというと、まだ燃える炭をとっておく、という節約のためのようです。
2. Posted by Levi   March 29, 2009 11:27
こんにちは
「消し炭」や「おき」って名前は聞いたことがありましたが、物の正体や使い方って知りませんでした。
なるほどです。

バーベキューをしたとき炭に火を起こすのも結構大変だった記憶があります。
炭も薪も使うのにコツを掴む必要がありますね。
練炭は簡単に火がつくんですよね。
ガスよりお料理が美味しく出来そうですね。

うちも七輪あるのでやってみようかな。
3. Posted by も.   March 29, 2009 14:30
夏下冬上(かかとうじょう)…
昔、父が言ってたのを思い出しました。
「外で火をおこす時は、夏は下から、冬は上から火をつけるんだよ。」って。

大ばばさまの実家は、五右衛門風呂で、薪をくべて炊くタイプのお風呂だったの。
秋になると、きれいに洗った湯船にぬるま湯をはって、大量の柿を渋抜きするのです。

7人兄弟だったので、子供たちがおやつに困らないようにと、祖父が裏山にたくさんの実のなる木を植えてました。斜面で、日当たりがよかったせいか、どの木も、小さいけれど味のよい実がたくさん生りました。

山の生活…楽しんでますね、パパさん。

4. Posted by かなりあ   March 29, 2009 21:20
炭も色々で、中には危険なものがありますから、ご注意を〜。

あぁ、またもや抽象的なコメント(笑)
5. Posted by macrobi papa   March 30, 2009 02:38
kawausoさーん、お久です。
東南アジアですか。相変わらずグローバルですね。

「男のたき火」と云う本があるそうで。
火をつけるのも、ひとつのスキルなのかもしれませんね。
そして男は、そういうのにハマりやすいのかもしれません。練習します。
6. Posted by macrobi papa   March 30, 2009 02:42
leviさん、こんばんは。

僕、炭と云えば、とにかく備長炭が高級!
高級のが一番良いのだろう、思っていましたが、これは違うみたいです。

備長炭は、日持ちが長いけど、火がつかない。
逆に、豆炭はライターで火がつくけど、寿命が短い。
その真ん中に、消し炭とか、おきとか。

炭の置き方ひとつで燃え方も違う。
探究心も燃えるってもんです(笑)。
7. Posted by macrobi papa   March 30, 2009 02:44
もさん、夏下冬上。
うーん、なんででしょう。

そういえば上から火をつける方法も教わりました。
楽しいです、山暮らし。

レストランの出店にやや追われぎみなのがなぁ。
うーん。
8. Posted by macrobi papa   March 30, 2009 02:46
かなりあさん、炭もですか。
うーん、知りたいような、知りたくないような。

炭は職場で焼けます。
たぶん大丈夫かな。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔