March 20, 2009

野の草 1)ふきのとう 

借りている家の庭に、畑を作ろうと思います。
野菜なんて作ったことないし、なんだか雑草もいっぱい。

さてどうするかと、ぶらぶら歩いていると
ひときわ鮮やかな緑色のものが、ポツポツ。なんだろ。

ふきのとう












なーんか、どこかでお会いしたような気がする?と眺めていたら
「ふきのとう」という山菜。


枯れた草の陰から、ふきのとうの花のつぼみが覗いています。
へえ、こういう風に土の中から出るんだ。

ふきのとうは、フキ科の多年草。
2〜4月、他の山菜に先駆けて現れる「花茎」が、食用とされます。
多年草だから毎年生える。

ほろ苦い風味に早春の息吹を感じる、山菜の代表格。
「てんぷら〜」と歓喜する僕と嫁。

ちなみに夫婦で大好物です。

たくさん








子ども達と詰んだ、かごにいっぱいのふきのとう。
ちょっと欲張りすぎた。

このあと、大家さんからどっさり「ふきのとう」の差し入れ。
天ぷらにするにも、限界があります。

大量消費なら『ふきみそ』でしょうか。
胡麻油で炒めて、やや甘めの味噌で炒り付けます。

炒めざっくり








炒めて佃煮。湯がいて、あえものも美味しい。
外側の葉を3枚ほど刻んで、味噌汁に散らすと香りが良いです。

ふきみそも評判でしたが、「ビジュアルがいまいちね」と嫁の厳しい評価。
ふきみそにビジュアルも何も無いでしょう。

ざっくり盛ってあれば良いんですよ。

モアイ








でも、モアイにしてみた。
ちょい悪オヤジ系なモアイ味噌は、子どもには大ウケ。

「食べ物で遊んでると、みんなに叱られるわよ」と嫁に釘を刺される。


はい、すいませんでした。

モアイ味噌、美味しく頂きました。
良い子はモアイなんて作っちゃダメよ。


vegetus at 23:07│Comments(30)TrackBack(0)clip!野のくらし 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ベビコ   March 22, 2009 01:45
5 あ〜、パパさんファミリー、なんてかわいいんだっ(;O;)

今日はなんだか、家族愛に飢えてる自分を思い知らされました(笑)

さっき映画の『ステラ』を観て大泣きしたせいかな。。。。

ちなみにフキノトウが生えた後には、当然ながらフキが生えてきますよ〜♪

そちらも美味しく召し上がってください(^0^)
2. Posted by とことこ   March 22, 2009 06:44
お庭があるならしそも植えられますね、
いえ、植えなくても勝手に生えてくるかも・・・
そのときはどうやって消費するか
papaさんならではのアイデアを
教えてくださ〜い。
3. Posted by とことこ   March 22, 2009 06:52
追伸:
うちの近所のショッピングセンターにある和菓子屋さんはあんこに”あんぱんぱん”の顔が
かいてあります。
4. Posted by fanta   March 22, 2009 09:25
ふきのとう、いいですねえ!!
5. Posted by たま   March 22, 2009 11:31
パパさん、こんにちは。

お引越し、新しい環境で少しは落ち着かれましたか?

美風さんから、お店には電気がないところって聞きましたが、開店準備に追われていらっしゃるのでしょうか?

蕗の薹摘みなど、自然が一杯のところで
パパさんのご活躍を応援いたしております。

お店に遊びに行きたいので、また、場所などお知らせくださいね。
6. Posted by 鍼美人   March 22, 2009 11:50
新生活スタートですね。
既に、しっかり楽しんでいるpapaさん&ファミリーを感じます。
これからも、楽しい日々を覗きに来ます。

*〜*〜
で、Papaさんがお引越しで忙しい間に、
ブログを、復活させちゃいました。
<鍼療室の宣伝用ブログですけど…>
毎日更新(予定)してますので、
鍼美人の無事は、確認出来ると思います。
<何の意味があるのか…>
 
お時間のある時に覗いてみて下さい。
*〜*〜

頑張らない会の開催は、いつかなぁ〜〜。
7. Posted by も.   March 22, 2009 11:58
私が大好きなハナおばあちゃんの住む、上勝という村では、葉っぱや野草(自生している)が商品になるのです。
住人のほとんどが老人で、パソコンで受注を受けるやいなや、競争で山に葉っぱを取りに出かけます。
ほとんどが、市場を通して、都会の料理屋さんに送られるそうです。都会では、高級食材です。
山には、宝物がたくさん!
大ばばさまも、子供の頃は、自分ちの山でおやつやおかずを調達できた口です。松茸なんて、塩漬けして一年中食べてたって言いますから…。
そういうのを聞くと、うらやましいなぁって思いますのよ。
子供さんたちにとって、山梨での暮らしは、将来きっと宝物になると思いますわ。
不自由さもまた、いいのですもの。
うちの庭の桃の木が、花をつけました。
「桃の木のつぼみ愛でたる三年目」 志暁

8. Posted by ナーダ   March 22, 2009 13:52
蕗のとう、わたしも好きです。春先にこういう苦み、美味しいですね。国分寺市の援農グループに加わって一年。先々週、農家の方から「取ってっていいよ」と言われ、蕗のとうの収穫を初体験したところ。大きくなったのは「薹が立って」るんで、土から顔をのぞかせているのが取りどきなんですね。
山梨の暮らし、いろいろな発見がありそう。
ブログの更新を楽しみにしています♪
9. Posted by macrobi papa   March 22, 2009 22:10
こんばんは、ペピコさん。

やっぱりフキが生えるみたいですね。
今から楽しみです。

ふきのとう、開いても食べられるみたい。
ちょっとチャレンジしてみます。
10. Posted by macrobi papa   March 22, 2009 22:13
とことこさん、こんばんは。

今日大葉の種をまいたところでした。
とことこさんのところは何年目でしたっけ。
毎年、こぼれ種で生えてくるそうですが、年々香りが落ちていくと聞きました。
そういうものでしょうか。

僕が前住んでいたところの近くのパン屋さんにも、あんぱんまんの顔のパンがありました。
でも、中身がチョコレートクリームなのね。
どうにも納得がいかないです。
11. Posted by macrobi papa   March 22, 2009 22:15
fantaさん、こんばんは。

先日は寸胴鍋ありがとうございました。
もっと中古のものを想像していたので、なんだか勿体なくて。

美味しい料理を作るために使います。
大切にしますね。
12. Posted by macrobi papa   March 22, 2009 22:17
こんばんは、たまさん。

住んでいるところは、電気あります。
ただテレビはさっぱり見なくなりました。

世の中から完全に隔離された状態で。
新聞でも取ろうかな。
薪に火をつけるのに、必要ですしね。
13. Posted by かなりあ   March 22, 2009 23:46
『蕗のとう』について一句

蕗のとう
蕗も私は
大嫌い

駄作、失礼致しました〜m(_ _)m
14. Posted by も.   March 23, 2009 10:32
では、連句を…

「とうの立つ春の我が身に、小鳥鳴く」志暁

こういうのが、横レス?
何の略なんでしょう↑???
15. Posted by macrobi papa   March 23, 2009 21:20
もさん、横レスは「横からレスキュー(救助)」の略ですよ。
16. Posted by macrobi papa   March 23, 2009 21:21
鍼美人さん、こんばんは。
ブログ久しぶりですね。

では、安否を確認しに覗きに行きましょうかね(笑)。
17. Posted by macrobi papa   March 23, 2009 21:23
もさん、こんばんは。

雑草と云われる草にも、全部名前があって、中には食べられるものもあるみたいです。
今、色々研究しては、煮たり焼いたりして食べています。

そのうち雑食記でも書きたいですね〜。

俳句、素晴らしい。うん。
18. Posted by macrobi papa   March 23, 2009 21:25
ナーダサン、最近は山菜ブック片手に散策してます。

今ならそうですねぇ、甘草とつくしの収穫体験が出来るかなぁ。
19. Posted by macrobi papa   March 23, 2009 21:27
あ、でも「薹が立って」も食べられるそうですよ。

そっちの方が苦みが薄れるとか聞きました。
昨日、友達が作ったふきみそを食べたの。

あれ、美味しかったなぁ。
20. Posted by macrobi papa   March 23, 2009 21:44
かなりあさん、僕も一句。

噛み締める ほろ苦い味 ふきのとう

うーん。どうでしょ。
21. Posted by macrobi papa   March 23, 2009 21:47
もさん、横レスは「横浜レスリング」の略かもしれません。
22. Posted by も.   March 24, 2009 07:51
横チャ…横から、ちゃちゃを入れるの略?

木の民の岩戸メンバーの名前は、野草図鑑からもらいました。名前考えるの、苦手なので…。

蕗味噌は、おばばも好物です。
トウが立ってて、ほろ苦い、似た者同士!って、
こら〜!笑

そういや、おばさんの得意技に、
横ヤリってのも、ありましたわねぇ。

モスラも得意です。
23. Posted by みぃにゃん   March 24, 2009 09:27
アンパンマンパンにあんこ入れるには、プロダクションに申請が必要なのですよ。
ちなみにアンパンマンのあんこは粒あんで〜す。

パパさんお引越しご苦労様でした。
さっそくブログ復活してるとは、やっぱりパパさんはパパさんだわ(笑)

野草…。
私も苦手で、特に蕗のとうはまったくダメ(泣)
しかし野草OKな人も、食べ過ぎには注意です。
体質にもよるかもだけど、しっかりアク抜きして陰性を抜いてから食べてくださいませ。
私が野草料理教室(あるんですよ!)で習った時は、野草の種類にもよるけど、茹がく→水にさらす→醤油洗い、の3行程が基本でした。
ここまでやってから料理に使うと、私でも身体が冷えず食べられました。

24. Posted by macrobi papa   March 24, 2009 10:30
こんにちは、モスラさん。

僕が小学生の頃に書いた小説では、主人公の名前がポール・マッカートニーでした。

英語圏の人の名前、なーにも思いつかなくて。
25. Posted by macrobi papa   March 24, 2009 10:33
>アンパンマンパンにあんこ入れるには、プロダクションに申請が必要なのですよ。

がーん。そうなんですか。
知らんかった。

いろいろ野草食べ実験してます。

野草のあくの強いものは、結構長く、水にさらした方が良いみたいです。
あんまりたくさん食べるものでもないしね。

そのうち、お店で野草の天ぷらでも出しますよん。
26. Posted by macrobi papa   March 24, 2009 17:45
モスラさんへ。
「横レス」。
真面目に答えてないなぁ、ちょっと失礼だったかなぁと思いました。

インターネット上の掲示板などである特定の話題に関する投稿の集まりを「スレッド」と云うそうです。

つまりひとつの『話題』がスレッド。
それについて、みんながいろいろ書き込むの。
ブログの記事に、いっぱいコメントがつくような感じでしょうか?

このスレッドに対する意見や返答が 「レスポンス」といいます。
隠語で「レス」と略されます。

会話をする(ブログの場合、僕と誰か)の2者間の間に自分の意見を割り込ませるのが 「横レス」だろうと思います。

基本的に中傷的な意見で無ければ、僕のブログは、横レス大歓迎です。
井戸端会議みたいですしね。
27. Posted by Luna   March 24, 2009 22:10
お久しぶりです!
無事に引越しが出来たようでよかったです。

ふきのとう、意外といろんなとこに生えてるらしいです。
横浜の方に住んでいたとき、庭に普通に生えてました。

パパさん家の新しい場所は、素敵なところですね。
それにしても、モアイ味噌はキモいです(^^:)
28. Posted by も.   March 25, 2009 00:05
今の今まで…

“横からレスキュー”って、信じてたのにっ!

「季節の野菜、野草のアクは、調理によって旨味や甘味に変わり、前の季節にたまった身体の中の毒を、排泄するために働く。」

↑なぜ、マクロビの料理で、アク抜きをしないのかを、山口久子先生が教えて下さった時の説明(ことば)なんですけど。

代表的なのが、ごま油を使った蒸し炒めですね。

昔は、お味噌汁を炊く時は、牛蒡などのアクの強い野菜は、まず油で炒めてから重ね煮してました。

蕗の薹はねぇ、蕗味噌にすると、花粉症やアレルギーの症状をを軽減させることもありますのよ。食べる人の体質にもよりますけど。あんな陰性の物が?って不思議に思うでしょ。でも、ホントなの。
29. Posted by macrobi papa   March 25, 2009 08:34
こんにちは、Lunaサン。

横浜でも生えるんですね。
全部捕っちゃうと、来年は生えないと聞きましたが、全部捕っても大丈夫よと云う人もいるみたい。どっちでしょうねぇ。

モアイ君、笑顔バージョンもあったんですよ。
さすがに公開出来ません(笑)。
30. Posted by macrobi papa   March 25, 2009 08:36
アクの話、勉強になりました。
昔のコンパ21でも少し読んだことがあります。なるほどーと頷くことばかりです。

>“横からレスキュー”って、信じてたのにっ!

あれ、横浜レスリングは?

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔