November 01, 2008

陰と陽 LV5 2つの質問

最近、陰陽の本をまた読むようになりました。

最近、小川法慶先生(重ね煮の人ですね)の書かれたコラムを、読み機会がありました。1980年代のものです。

そしたら面白くなっちゃって。

例えば、ゴボウは陰性か?陽性か?とか。
小川先生は、ゴボウを陰性としました。
面白い展開です。


僕は陰陽についてずっと考えている2つの問題があります。

ひとつは、昔パトリシオにも質問したことがあるのですが、
「マクロの陰陽と中医学の陰陽は解釈が逆になることがあります。
 これはなぜか?」と云うもの。

パトリシオの答えは、「心臓は陽性で陰性」。

うーん。答えはたぶんゴボウがヒントなんだと、なんとなく思います。

もうひとつは、「なぜマクロビでは陰陽を学ぶのか?」です。
これは、パトリシオの答えが分かると、自然と分かるのではないかと感じます。

陰陽は、奥が深いですね。



 【陰陽 過去の記事】

陰と陽LV1 陰陽の基本的性質
陰と陽LV2 野菜の陰陽くらべ
陰と陽LV3 太極図と陰陽4つの性質
陰と陽LV4 調理場の陰陽

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by あわぽん   November 01, 2008 22:55
こんばんは、初めまして。
ひそかにずっと読んでおりましたが、今日は書いてみたくなりました^^

陰陽って、相対的なものってことでしょうか?
人によっても違うし、季節でも違う、その日の体調でも違う・・・
だから、杓子定規に使えないってことなのかと思いました。

正食のお店をずっとやってらっしゃる方が、
「最近は朝御飯にトーストとコーヒーが欲しくなるのよ」とおっしゃってました。マクロビの偉い人なのに何それ〜という人もいましたが、そうやって柔軟に、自分の体に素直に耳を傾けて調節するって素敵だな〜と思います^^

2. Posted by macrobi papa   November 02, 2008 00:25
あわぽんさん、はじめまして♪

この記事、コメント付かないんじゃないかと思っていましたので、嬉しいです。
陰陽は条件によって、見え方が変わってきます。
だから捉えづらくって、マクロビを難しくしてしまう時もあるみたいに感じました。

本当は、すごくシンプルです。

トーストとコーヒー。
モーニングの王道です(笑)。

3. Posted by みぃにゃん   November 02, 2008 02:53
メールへお返事(超大作!)を書き上げて送信しようと思ったら、何故か消えてしまいました。

ぐはっ。(マネしちゃった、笑)

陰陽の解釈ですが、中医学ではその食品を摂ってすぐの反応を見て、マクロは最終的に出る反応を見る、その違いです。
ほかにもいろいろ違いがあるみたいですが、私もまだわからない事だらけで勉強中です。
4. Posted by macrobi papa   November 02, 2008 09:24
>メールへお返事(超大作!)を書き上げて送信しようと思ったら、何故か消えてしまいました。

人類の大切な遺産が。

なんか1行に答えがまとまってますけど(笑)。
なんだか、申し訳ない気持ちで。
5. Posted by 考えるみぃにゃん   November 02, 2008 22:59
説明自体は1行で済むんですよ。
あとは私のウンチクが延々と続きます(苦笑)
きっとそんな能弁はいらんよ、という神の意思が働いたのでしょうね〜。

パパさんの記事読んでたら、私もぼちぼちマクロの勉強の事ブログにまとめてみようかなって思いました。
アウトプットって大切ですね。
6. Posted by マカロニ   November 03, 2008 15:05
ハンドルネームに、なにか伝染し始めてますよ(笑)。

いつもポイントポイントで、みいにゃんさんが話されることが、今、僕にとても必要だと感じています。

「ふたば」はじめたのも、みいにゃんさんの提案がきっかけだし。
ありがとうございます。

アウトプット、楽しみです。
7. Posted by Chieko   June 26, 2010 12:04
こんにちわ。
始めまして、現在アメリカに住んでいてマクロビをはじめたかりでこのサイトを見つけました。和食がこんなにも役に立つとはおもいませんでした。だんなが脳腫瘍だと分かってから4月たちマクロビをしようとしてるのですが、英語の本をみながらなので詳しく分かりません。どうしても1つ分からないことがあって、病気が陰ならば陽の食事をしたほうがいいのですか?それとも同じ陰を取ったほうがいいのですか?教えていただけるとうれしいです。今日はレシピ参考にさせてもらいました。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔