October 23, 2008

ぬかづけ 7)足しぬかとかき混ぜの技術

最近は涼しくなって、とても過ごしやすくなりましたね。
この平均気温20℃前後は、ぬかづけにとってはベストシーズンです。

我が家のぬか床の発酵具合も良好で、なかなか良い子に育ってきました。

さん巻く酵母
 さて、今日の主人公は、彼。
 産膜酵母くん。

 ぬか床に白カビの膜を作っちゃう
 問題児です。




今日は、彼にお願いして、このベストシーズンにぬか床をレベルアップさせちゃおうというお話。
今までの「ぬかづけ研究」の集大成だから、記事長いです。

お茶と、お茶菓子のご用意を。


 ■足しぬかの技術■

僕は、2週間に一度ほどのペースで、『足しぬか』をしています。
ぬか床は使ううちに少しずつ減っていきますので、新しいぬかを補ってやる必要があるのです。

たしぬか均一に








僕のぬか床は小さいので、100〜150gくらいの生ぬかを使います。
ぬかは、インターネットで無農薬玄米を頼む時に、少し分けてもらいます。
密閉して、冷凍保存しておきましょう。
 参考記事/ぬかづけ6【生ぬかと煎りぬか】

ぬかに、塩を【7%】加えたものを、均一に混ぜます。
(生ぬか100gだと、「塩7g」を均一に混ぜて下さい)

ぬか床を食べてみて、少し塩が弱いなと思う時は、もう少し多めに
8〜10%で入れることもあります。

【目安】ぬか床を食べてみて「ちょうど良いな」 塩分5%
             「ちょっと塩っぱい」塩分7%

捨て漬けをして、ニンニクと生姜も加えてあげます。
ぬか床が少し固くなるので、ビールを加えて固さを調整します。

捨て漬けニンニクと生姜







ニンニクと生姜を入れるのは、母に習った方法。
ぬか床の風味が、とっても良くなるんですよ。

最後に、ぬか床の表面をならして、ポンポンと空気を抜きます。


 ■足しぬかの効用■

『足しぬか』は、ぬか床の状態を復活させるのに、とっても良いんです。

1)水っぽくなりすぎてしまった時。
  ぬかを足すことで、水分量を調整できます。
  僕は、あまり水抜きをしません。
  「ダシをとった後の昆布」を天日乾燥させたものや、干し椎茸を漬けて
   それに吸わせます。旨味も出ますし。
  ぬかどこの水分をとりすぎると、風味が抜けてしまうように思うんです。

2)乳酸菌の過剰発酵で、すっぱくなりすぎたとき。
  卵の殻の「アルカリ」で、乳酸の酸っぱさを【中和】出来るのですが、
  乳酸バリアが弱まり、雑菌が繁殖しやすくなるデメリットがあります。
  「足しぬか」することで、ぬか床内の乳酸菌勢力を弱めることが出来ます。

3)最近、ぬか床がお疲れ気味だなぁと思うとき。
  足した「ぬか」は、乳酸菌や酵母たちのごはんになります。
  ぬか床も定期的にリフレッシュしてあげます。 


 ■かき混ぜの考え方■

ここからが本番です。
まず、ここで「重要になる考え方」があります。それは、

ぬか床を作る乳酸菌は「嫌気性」であるということ。

トリオtheぬかどこ





彼らは『条件的嫌気性』という種類ですので、酸素があっても大丈夫なんですが、無い環境の方が好きです。
 参考記事/ぬかづけ4【ぬか床の仲間たち】

だから、ぬか床をかき混ぜた後は、ポンポンと空気を抜くの。
酸素の少ない状態を作ってあげた方が、乳酸菌は増えるんです。

でも、酸素が少な過ぎると酪酸菌が増える。
酪酸菌が作る【酪酸】は、『1週間履いた靴下の匂い』がするらしい。
怖いな。

彼らを増やさないようにする意味と、乳酸菌が増えすぎるのにブレーキを踏むために、ぬか床をかき混ぜて酸素を送っているんです。

まとめ、「乳酸菌は酸素が無くて良い」


かき混ぜる回数は、「1日1回必ず」と云う人がいるかと思うと、
「3回混ぜてます」と云う人もいる。

基本的に全部「本当」。

冷蔵庫の野菜室(5℃前後)でぬか床を管理する人は、乳酸菌が緩やかに増えるので、かき混ぜは1日1回で良い。
スピードの出ない車だから、ブレーキはあまり要らないんです。

逆に温度の高い夏場(30℃)は、乳酸菌が活発になりすぎちゃって、雑菌も元気。
1日3回は混ぜなきゃ無理無理。
アクセルが壊れた車みたいな感じだから、ブレーキは頻繁に必要。
 参考記事/ぬかづけ5【ぬかづけと温度】

で、涼しい今くらいの時期(20℃)、良い感じに熟成したぬか床は、
1日2回のかき混ぜがちょうど良いかんじ。
昼間25℃超えるようなら、冷蔵庫で休ませてあげた方が良いでしょう。

「温度のおさらい」が終わったところで考えて欲しい。

まだ未熟なぬか床は、1日何回かき混ぜるの?



「足しぬか」をすることで、ぬか床中の乳酸菌勢力は弱まっています。
熟成した状態に戻すには、乳酸菌を増やしてあげる必要があるんですね。

そのとき、愛情を込めてせっせと1日2回混ぜちゃうと、乳酸菌が増えないの。
ぬかづけ作りは、子育てと一緒。
子どもは自分で育つから、放っておいた方が良い時もあります。
1日1回で良いんですね。

しかし今回は、ぬか床のレベルアップをします。

だから『混ぜない』。
混ぜないで、待ちます。

・・来ました。産膜酵母。

びっしり仲間で入っていない








2〜3日混ぜないで待つと、表面を白いカビが覆います。
彼が産膜酵母。
シンナー臭のある『酢酸エチル』を作る悪玉細菌と云われています。
空気が好きな菌(好気性)だから、空気のあるぬか床表面だけに出来てるでしょう。

彼らは、シェリー酒作りに活躍する菌なので、食べても無害です。

この白いカビが発生するのは、乳酸菌が熟成した合図。
乳酸菌が繁殖すると、その乳酸バリアで雑菌が繁殖できなくなります。
そうなって初めて産膜酵母が繁殖を始めるそうです。

混ぜる








ここで、白カビの膜をぬか床に混ぜ込みます。

ぬか床内部 空気の無い環境に送り込むことで、
 彼らの仕事が変わります。

 「酢酸エチル」を作るのをやめて、
  香りの素になる「アルコール」や
 「脂肪酸」を作り出したり、
  増えすぎた乳酸を食べたりするそうです。

  







不良だった問題児が、就職して立派になったみたいで、先生は嬉しい。

実際、2回ほど試してみたけど、ぬかづけの熟成感が、確実に増してる。
蓋を開けたときの「香り」が、ただかき混ぜているだけの時とは、
明らかに違いがあります。

『産膜酵母の混ぜ込み』、試しても損は無い方法だと思います。
(すいません、一応カビなんで自己責任でお願いします)


ただし、ぬかの塩分をきちんと調整すること。
温度環境が、乳酸菌を増やすのに適した【20℃】前後であること。

これは条件になると思います。
雑菌が増えて、失敗するリスクが少なくなるはずです。

完成







僕のぬか床は、1/4が床分けして頂いたお蕎麦屋さんのぬか床。
お蕎麦屋さんのおばあちゃんが、お嫁に持ってきたぬか床を受け継いでいます。

いろいろ失敗して腐らせそうになったことも多々ありましたが、
なんとか守っていけそうです。




補足1【足しぬか技の応用について】

「足しぬか」をしてから、2〜3日かき混ぜません。
冷蔵庫に入れれば、熟成はもっと送らせることが出来るはずです。
旅行に行く時の対処法として、『足しぬかをしてから、冷蔵庫』は
一番ダメージが少ない方法ではないこと考えています。


補足2【酢酸エチルの毒性】

産膜酵母が作る【酢酸エチル(シンナー臭の素)】は、毒性があるので、
「ぬかづけで産膜酵母は取り除くべき」とする人もいます。

酢酸エチルは、パイナップルやバナナにも含まれる物質で、
食品添加物としても、使われています。
人体に害を与えるには、大人の場合、200g以上飲まなければならない。
また酢酸エチルは、揮発性です。

あまり頻繁に産膜酵母を作ることも無いですし、
ぬかづけの場合、問題ないと考えて良いと思います。


vegetus at 12:30│Comments(47)TrackBack(0)clip!ぬかづけ 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by レヴィ   October 23, 2008 15:33
こんにちは
ぬか床についての解説わかりやすいです。
すばらしい!!

追いぬかも定期的にされているんですね。
私はぬかの状態を見てテキトーに追いぬかしているんですよね。
あ〜マクロビパパさんのような緻密さがあればぁ。

産膜酵母張りましたね。
暑すぎても寒くてもダメなんですね。

うちはまだぬか漬け食べています。
もう少し寒くなったらお休みさせます。
冬は白菜の塩漬けです。
マクロビパパさんは冬も漬けられるんですか。
2. Posted by izumimirun   October 24, 2008 06:01
うちにもぬか床ありますよー!
記事参考になりました。

リクエスト、どなたからでも受けてますよ〜。
というか、プロだかなんだか私にはわかりませんもの^^。
3. Posted by macrobi papa   October 24, 2008 07:08
こんにちは、レヴィさん。

冬の間、休ませてあげると、ぬか床がグーンと強くなると聞いたことがあります。
どうやって休ませるかの実験をするつもりです。
とりあえず平均気温が15℃割るまではやるかなぁ。

ぬか床と相談しながら、やってみます。
4. Posted by macrobi papa   October 24, 2008 07:09
ブログ巡回、大変なのに、長い記事をご用意していました。ホントすみません。
読んで頂いて、ありがとうございます。

リクエスト、よろしくお願いいたします。
5. Posted by haruzoo   October 24, 2008 10:29
パパさんこんにちは!
私も生ぬかと炒りぬか、どちらが良いのかとっても
迷っていたので、助かりました♪
ありがとうございます!
結果的には精米後すぐの生ぬかを使っていたので、
パパさんと同じで安心しました!
そうそう、最近、麹をぬかに混ぜたら格段と
味が良くなりました(*^_^*)
にんにくしょうがも試してみようかな。

人参ケーキ、うまくいきましたでしょうか。。。
失敗は成功の元ですもんね!
私も今、自家製酵母でいろいろやっているんですが
失敗続きでへこんでいたので励まされました!
失敗したものの消費はどうしてますか?(笑)
6. Posted by sachi   October 24, 2008 10:32
とても興味深い記事、驚きました!!
糠床をこんなに科学的に解明するなんて!

そして、可愛いキャラクターが登場してとっても解りやすいし、マクロビパパさん尊敬します!!
産膜酵母を混ぜ込む勇気にも!
7. Posted by macrobi papa   October 24, 2008 10:40
haruzooさん、失敗作、基本的には食べます。
だから試作続くと、調子が悪くなるのです。

お店が開ければなぁ。
もっといろいろチャレンジ出来るのに。

いやいや、頑張らない頑張らない。
8. Posted by macrobi papa   October 24, 2008 10:42
こんにちは、sachiさん。
喜んでもらえて嬉しいです。

昔、科学者か考古学者になるのが夢でした。

ひょんなところで、そういうのが役に立つ感じで。
まだ試したいことは、いっぱいあります。
もうすこし、いろいろ漬けてから、冬眠実験しようと思っています。
9. Posted by yoko   October 24, 2008 22:35
いつもパパさんのブログ楽しみにしています。産膜酵母クン、味噌を仕込んだとき、六月くらいに味噌の表面を覆うカビに似た風貌をしていますが同じですか?もし同じならそれは混ぜ込むと深みがでるのでしょうか?和風だしの素顆粒みたいな風貌のカビは取り除きますか?またお味噌やぬかどこに使っている塩は何をお使いですか?私は海の精を使っていますが材料費が・・結構かかります。色々質問しちゃってすみません。パパさん考古学者になりたかったなんてさすがです!私は遺跡を掘るバイトをしたことがあってそのときは考古学者、ちょっとあこがれました。
10. Posted by macrobi papa   October 26, 2008 22:02
母は、味噌の白いの捨てるように云っていました。
僕のうちで多少白くても食べてしまいますが、食味が落ちるようです。

うーん、小さく混ぜてみるか?
どうするか(笑)。

塩は、自然海塩で比較的安いものを選んでいます。
塩、いろいろ云う人がいるのですが、僕が使って明らかに違いが出せるのは、ゲランドの塩と、ブラック岩塩です。ブラック岩塩は若干の硫黄臭があり、使うべき時に、料理に使うと良いアクセントになります。

塩は、上を見ればキリがありません。
キロ、8000円のものを使っていると云う人もいました。
その分、他の調味料や食材に振り分けた方が良いかな・・個人的な意見です。
11. Posted by yoko   October 27, 2008 11:39
ありがとうございます!そうですね、塩は特に上には上がありますね。次シーズンはお財布と相談して決めます。パパさんの作ったお味噌汁を頂いたときにそのおいしさに感動したので色々とお聞きしたくて。

12. Posted by macrobi papa   October 27, 2008 14:26
最近、手前味噌が解禁になりました。
十割味噌(大豆と麹が1:1)だから、すり鉢でゴリゴリやらないと食べられません。
でも、時間をかけて丁寧にすると、お味噌汁が美味しいんです。
不思議ですねぇ。


先日、タンボロッジで究極の麦味噌を食べてきました。
反則的な旨さです。
次回の仕込みは、あの味を目指します。

おいしい味噌汁って、日本人のDNAに訴えるものがありますよね。
13. Posted by 思いだすモスラ   October 28, 2008 17:04
今日、某有名酵素メーカーのボクと、色々、おしゃべりしましたの。
創業者のお孫さんらしいんですけど、とっても礼儀正しいいい子で、私、秘かに「この子のお嫁さんは、絶対私が見つけるわ!」と、心に決めてます。
ボクの方は、私をドジでお茶目なおばあちゃんだと思ってるらしくて、いつもクスクス笑いをかみ殺しながら、しゃべってますわね。
創業者の方は、うちの母が見学に行った時、農家の方と間違えたくらい、現場主義の方だったようで…普段は、長靴以外履いてらっしゃらなかったとか。
昔は、断食の時には、必ずそこの酵素を飲んだものでした。不思議と、身体がだるくならないの。
閑話休題。
ボクのお母さんが、やはりぬか床を漬けてらっしゃるというので、ひとしきり、ぬか床談義に…
でね、かき混ぜる時に、時計回りか反対かで、匂いや味が変わってくるらしいの。特に、表面に膜張ってるのを混ぜ込む時の匂いに差が出るとか。
時計回りは、気が入り込むし、反対回りは、気が放出されるからなんですって!そういえば、父がよく“ねじ回し”がどうとかって言ってましたっけ。
お味噌も、擂れば擂るほど味も良くなるし、お味噌汁を沸し直した時に、味が落ちないって言いますものね。
パパさん、糠みその混ぜ方の違いって、もう試しました?
えーと、私もピンクのバスは見たことありません。
14. Posted by macrobi papa   October 28, 2008 20:13
こんばんは、モスラさん。

>かき混ぜる時に、時計回りか反対か

それは考えたこともなかった。
そうかぁ、回し方かぁ。

実験して比べてみます。


僕もぬかづけ談義したいです。
「ぬかづけポトラック」しましょう(笑)。
15. Posted by モスラでいいや、もう   October 29, 2008 13:24
私は、根性無しなので、
糠漬けは、続きませんでした。
あ、ダメだ…で、畑に、ドボドボ。
一応無農薬玄米の糠なので、良い肥料になってると思います。笑
糠が、無農薬か、そうでないかってけっこう重要なんだと、モスラお気に入りのボクが言ってました。
うちは、京都のお米屋さんから何十年来、佐久平の養鮒米を送っていただいてる関係で、頼めば、無農薬米の糠を送っていただけますの。
養鮒米って、ご存知?
無農薬のお米も、色々出回ってますけど、ここのお米、最高です。
発芽玄米を、最初に提唱したのも、ここのお米屋さんのご主人ですのよ。
というわけで、ポトラックは無理ですわ。
16. Posted by macrobi papa   October 29, 2008 19:45
>モスラでいいや、もう

ははは。すみません。

「佐久平の養鮒米」、旨いと聞いたら食べずには要られません。

糠は先日、名酒「樋の口」の酒米から出る糠を分けてもらいました。
近々、合体させます。

そういえばバナナのぬかづけもあると聞きます。
ぬかづけ道は、奥が深いですね。
17. Posted by モスラ〜や、モスラ〜   October 29, 2008 20:32
古くは、柿とか桃も漬けてたらしいですわよ。
味噌漬けの頃の話。
魚介類は、今でもしますものね。

佐久平のお米については、
実は以前にもコメントしたのです。
圧力鍋か何かの記事の時に…
たしか、鳥取三洋の電気圧力鍋のことを、おたずねしたんでした。買おうかどうしようか、迷ってて。
なんでも、玄米を仕掛けとくと、お鍋が勝手に発芽玄米にして炊飯してくれるというので…魅力でしょう?どなたか、ご存知ないかしら??
(あ、この時のコメントも消えたのです、確か。)

京都のお米屋さんは、大容さんといいます。
太秦で、豊和食糧さんとおっしゃってた頃からのお付き合い…額縁農法とか、平地のダムとしての水田の役割とか、色々勉強させていただきましたの。
個人のお宅にも、宅配便で送って下さるはずです。
「まいど、おおきにぃ」
という、京言葉の応対が好き。
一度、お試しあれ。
18. Posted by silky-wind   October 30, 2008 00:16
はじめまして。(だったと思います…多分)
パパさんの記事は時々読ませていただいています。
無駄なく分かり易い説明で、ためになります。
ヌカ漬けは私も冷蔵庫で細々とお世話しています。
産膜酵母くんはうちでも時々活動していて、以前は丁寧に取り除いていましたが、最近は面倒くさくなってきて混ぜちゃっていました。害がないばかりかお役に立ってくれていたとは驚きです。嬉しいー。

ところで過去ログの、玄米のフィチン酸に関する記事を私のブログで少し紹介させていただきましたのでご報告しておきます。
自分にとっては当たり前でも、まだまだ知らない人が多いマクロビ関係の情報を、より多くの方に知ってもらいたいな、と思っています。なのでパパさまのブログをリンク&紹介させて下さい。

カフェの実現に向けて、パソコンのこちら側で応援しています。
19. Posted by macrobi papa   October 30, 2008 09:41
電気炊飯器は、ちょっとダメなんじゃないかと思っていました。所詮、電気だしみたいな。

でも、美味しく炊ける人のを食べたら、本当に美味しいの。バカに出来ないなぁと思っていました。

ただ、発芽モードについては、微妙です。
時間的にプレ発芽状態だと思うし、夏場は水換えが出来ないから、水が古くなって、味的に不安です。

京都のお米屋さんは、検索したら出てきました。
試してみようと思います。


>モスラ〜や、モスラ〜

もう。仲間、呼ばないで下さいよ(笑)。
20. Posted by macrobi papa   October 30, 2008 09:49
sillky-windさん、こんばんは。

フィチン酸の記事、蟹がガッチリ捕まえてるあれですね。懐かしい。
お役に立てて、嬉しいです。
あの頃は、新しいパソコンの機能が楽しくて、やたら記事に時間かけてましたっけ。

マクロビを広める方法として、ダメなものを紹介するより、マクロビの生活そのものを楽しむ方法を紹介できればと思うようになりました。
禁煙も、そのこと自体を楽しめるようになればうまく行きます。
逆に、タバコは絶対ダメ、タバコ汚い・・みたいな感じの禁煙は、うまく行かないようです。

僕もまだ知らない、マクロビを楽しむ方法って、いっぱいあると思うんです。

ぬかづけ、混ぜる時は右スパイラルが良いみたいですよ。今、実験しています

あ。ぱぱさまだと、恥ずかしいです。
パパさんとお気軽に御呼び下さい。
21. Posted by 増殖中   October 30, 2008 10:35
玄米を発芽させる時の水替えに関しては、大容さんの奥様も夏は大変だとおっしゃってました。
大容さんでは、発芽玄米を炒っただけのものや、黒煎り玄米(玄しんがすぐできるの)も、扱ってらっしゃいます。介護で大変な時、知っとくと便利です。
あぁ、京都に行きたい!
みっこさんと鯉釣って、なごちゃんの中国語聞きに大阪まで足延ばすの・・・。大変!白髪染めなきゃ!笑
22. Posted by みっこ   October 30, 2008 10:44
うちも以前は佐久平の養鮒米戴いてました。
いつもお店まで買いに行ってたんですが、ある日行ったら、シャッターがおりてて、しくしく。
でも豊和さんの西京区の会社はあるようですね。
先週、パンフレットを送ってきてくださいました。
(佐久平のお米(コシヒカリ)は、新潟県以南のコシヒカリより澱粉質が緻密で、やや硬い特質があるそうです。それで洗米後1.5時間以上浸水したほうが、コク、粘り、噛み締めた時のうまみが引き出せるそうです。パンフレットより引用)
娘の通ってた幼稚園でもこちらのお米を買ってはりました。(幼稚園児も玄米を食べてます。)
農家さんを助ける為に、買い支えるということをその時に学びました。

右回りのスパイラル。
以前、ごま塩を作っていて、左回りにすりこぎをまわしたら、「ごま塩がゆるむだろ!」とどやしつけられた事がありました。でも「ほんまもん」見てたら左回りにまわしてるし・・・。左はだめなのかとずっと疑問でした。
この方は小川みち先生のお弟子さん。
で、今、みち先生の御本読んでいるんですが、もっと柔軟に広く物事を考えてらっしゃる。
先生の系統だからといって、先生のお考えが上手くつたわらない事があるんだ。自分で一つ一つ納得する答えをみつけなくちゃと考える今日この頃です。ノンクレドですね〜。
あ、ここは糠どこの記事だった。
糠漬け食べたい♪^^
23. Posted by みっこ   October 30, 2008 10:52
豊和さんのURLです。
http://taiyoo.jp/
24. Posted by macrobi papa   October 30, 2008 18:50
増殖中さん、こんばんは。
モスラどっか行っちゃったじゃないですか、もう。

夏場は4時間で、水を換えたいです。
冬場は、一晩行けるんですけど。
25. Posted by macrobi papa   October 30, 2008 19:01
>農家さんを助ける為に、買い支えるということ

これ、とても大切なことですね。
最近、自然農法や無農薬の方の苦労を聞く機会が多く、皆さん本当に苦労されています。
周りの農家からも理解されず、村八分のような状態で、それでもなお作り続ける方もいるんですね。

おんなじ野菜に見えても、同じじゃないのですね。

スパイラル。
人間的には左回りが、人間の習性の基本みたいです。右回りは基本的にそれに逆らう動きです。

科学的にも回転が逆に(右回り)なることで、電圧に変化が出るとかいう話を読んだことがありますが、気の領域までは科学じゃ分からないです。

ただ、やっぱり僕的には左回しじゃないかなと思うんです。
すり鉢の目を観察すると、左に回した方が擂れるように思います。
南半球に行っても、時計が同じ方向に回るように、すり鉢もやっぱり左に回して使うように出来ているのではないかと。

「南半球ですり鉢は逆回しか?」の、モスラさんの問いの答なんですが。
26. Posted by ボケラも、待機中   October 30, 2008 23:24
人が生まれてくる時の回転(右回り)に、答えがあると聞きましたけど、意味は分かりませんの。

モスラの母は、療術の資格も持ってるのですけど、具合の悪い人の、例えば足の指を回す時に、決して左回しはしないといいます。

左と右を交互にって思ってる方、多いと思いますけど…症状の重い人ほど差がはっきり出るそうです。
子供の頃、乾布摩擦をする時には、必ず心臓に向けてこすりなさいと教わりました。逆にすると、力が抜けてしまうからと…。お年寄りや病人さんの介護の際にも、身体を拭く時は気をつけるようにと言われました…指回しの場合も、右に回すと、力が入るのに、左だと、どんどん弱っていくんですって。

いのち(生命力?)のベクトルには、決まった方角があるのかもしれません。

宇宙と、反宇宙の違いも、回転の差だけだそうですから。この世界に生まれた時点で、私たちは、右回りに物を取り込み、左回りに放出することを繰り返す運命にあるのかもしれません。

あぁっ、難しいことを考えてたら、また増殖が始まってしまいました。

ウスラに、ホケラです。ども。(←キャラは、勝手に想像してね。)
27. Posted by ボケラ登場!   October 30, 2008 23:40
えっと。

水が地面に吸い込まれていく回転(自然の働き)と、
時計の針の回転(人為が働いてる)とは、
違うって思うんですけど???

…ボケラ、つっこみキャラですかね。
28. Posted by macrobi papa   October 31, 2008 09:02
すり鉢はなぜ右に回すかの答えは、
たぶんボケラさんの答えが正しいのだと思います。
ただそれだと先輩が南半球の話を聞いて笑った理由が、分かりません。

たぶんすり鉢の目の付き方が、右回しで使うことを前提にしているのではないかと思いました。
「右回しで使う道具」ということで、時計と一緒ではないかと考えたのです。

ただ、先輩が意地悪だっただけと云う考え方もありますけど。

すいません。
ハンドルネームの増殖に対応しきれません(笑)。
29. Posted by 当分、ウスラ   October 31, 2008 14:10
すみません、難しいこと考えすぎました。
しばらく、モスラは、ウスラです。

その大先輩には、
「岩塩て、昔海だった所が隆起した場所で採れるんですよね?」と聞いた時も、
「違います!」と、思いきり否定されましたの。

意地悪とは、ほど遠い性格の方ですのよ。
正食協会で、鬼教官と恐れられた方ですが、母と仲良しだったので、モスラは、穏やかで思いやりのある御顔しか知りませんの。

だから、余計、ショックだったんですわ。
30. Posted by macrobi papa   October 31, 2008 15:33
じゃあウスラさん、こんにちは。

右を陽とするか、陰とするかも、人により解釈が違いますね。

右回りが生命のスパイラルにあると云うのは、本当かもしれません。
人間と云うもののエネルギー(概念)が、右スパイラルだから、行動や習性(運動)が左回りになるというのなら、原理の説明が出来ます。

難しい話。

>「岩塩て、昔海だった所が隆起した場所で採れるんですよね?」と聞いた時も、
「違います!」と、思いきり否定されましたの。

え?違うんですか。
僕もそんな風に思っていました。
31. Posted by 自然食品店モスラのウスラ   October 31, 2008 17:37
人間の習性って、迷路でとりあえず左に行っちゃうってアレですか?

昔、母の食養仲間の方が描いてらした図説。
右回りに入ってきて中心まで到達したら、今度は左回りになって外に向かい、外周までたどり着いたら放出されるというスパイラル…

ルネッサンスの頃の芸術家が設計したという、上りと下りが逆回転の並行する螺旋階段…

モスラの中では、2つはシンクロしてます。
なぜ?と聞かれると、分からないんですけど。
32. Posted by macrobi papa   October 31, 2008 21:40
自然食品店モスラのウスラさん、こんばんは。

>人間の習性って、迷路でとりあえず左に行っちゃうってアレですか?

アレです。
人間は、視界を奪われた状態(暗闇や霧の中)に陥ると、左回りに力尽きるまで回り続ける、と云われています。行動の基準に左回りの運動があるとか。

ただ、人間の場合、右利きに強制されますが、猿の世界では右利きと左利きのグループに分かれて、確率的にはトントンだとか。
だからどちらが「正」で「邪」だというのでは無いのでしょう。

話がずれました。

陰と陽が共に作用して、スパイラルが生まれます。

ただ、それは「純粋に渦巻き運動」であって、右回り、左回りというのは視点の違いに過ぎないのではないかと考えました。
そういう意味で、2つは「シンクロ」するのかも。

あの、すいません。
ひょっとして「モスラさん」って呼ばれるの、すごく嫌だったりしますか?
そして、またコメント100とか狙っていませんか(笑)?
33. Posted by モは、モスラのモ   October 31, 2008 22:51
おぉっ!
気がつけば、もう33。笑

前の記事で、コメントの数が、(100)って出た時は、「やった!」って、思いましたけど。
ねらってません、て。
モ:「私の目を見てちょうだい!」
パ:「絶対、怪しい。」       …あらぁ?

星雲の渦巻きも、みんな同じ方向(右)?
でも、宇宙って、膨張してるのよね?
うーん。

しゃあない、「没可把(もっかは)ファイル」に、入れとくか…。
34. Posted by macrobi papa   November 01, 2008 07:22
モはモスラのモさん、こんにちは。

宇宙は膨張しているは、「宇宙は今は膨張している」だと思うんです。

人が呼吸するのと同じように、膨らんだり、萎んだりしてる。
その期間がすごーく長いから、僕たちの目には、膨張しているように見えるんじゃないかなと思うんです。

絶対、怪しいですってば。
というか、この話題ではコメントが付きませんね。

あれ、この記事なんの記事でしたっけ?
35. Posted by スモモもモモもモスラすき   November 01, 2008 12:33
えっとぉ、宇宙歴何年だかの、オフ会の記事?

これだと、コメント集まらないかしら???

ハンドル名で遊んでるのは、夫が覗きにくるからなの。変えても、内容で分かっちゃう?んー。
36. Posted by macrobi papa   November 01, 2008 17:41
文面で分かります。

なにげに気づいたのですが、最近のコメント10件のうち、3件が僕。
5件がモスラさんです。

いや、すごいなぁ。


37. Posted by ばれてるモスラ   November 01, 2008 17:55
すごいけど、内容がないの。

掲示板代わりで、申し訳ないとは思ってるんですけど、モスラのブログは、壊滅状態ですし…えぇ、あることはあるの。私には、無理!って放り出したのが。笑

見てもいいけど、
ダメだししたら、泣いちゃうからね!
38. Posted by macrobi papa   November 01, 2008 22:03
僕とモスラさんの掛け合いが、面白い云うメールを最近頂きました。

商用のアクセス稼ぎとしてはじめたブログなんです。
マクロビパパの奮闘記は。

今は、「みんなが作る、みんなのためのブログ」にしていきたいと思うんです。
そういう流れで、みんなが繋がる素敵なお店を作っていければなぁと思うんですよ。

ブログどこですか。
見つかりません。
39. Posted by みっこ   November 02, 2008 00:06
モスラのたまごはどこでしょう。^^

気になります^^

40. Posted by macrobi papa   November 02, 2008 00:27
あ、みっこさんだ。

モスラの卵。
もうふ化して、東京タワーに繭を作っている頃かもしれません。
41. Posted by macrobi papa   November 02, 2008 00:29
コメント23に、みっこさんが書き込みされてから、
コメント39まで、モスラ、パパ、モスラ、パパ。
今、気がつきました。

このまま2人でコントをしながら、100まで持っていこうか考えていたところです(笑)。
42. Posted by コント42号のコメント42!   November 02, 2008 19:53
そんなこと言うなら、ハンドル名、全部違うの使っちゃうぞぉ。

で、パパつっこみの、モスラぼけ?

ところで、モスラの卵って?
ひょっとして、ブログのこと?

あれねぇ、モスラもたどり着けないの。
それで、更新あきらめたんだもん。
43. Posted by マカロニ   November 02, 2008 22:23
コント42号のコメント42! さん、こんにちは。
僕もハンドルネーム変えました。

もうホント、自作自演でコメント稼ぎ出来ますね。
ブログ、面白そうなのに残念です。
44. Posted by モスラ(ポジ)   November 02, 2008 23:56
ブログ?…面白くなかったわよ。
自分で言うのも何ですけど。
だから、面白いところにお邪魔してるんじゃない。

確か、ブログ人ていうの。
作り方も知らずに、申し込んで、とりあえず記事を書いて、何度か手直しもしたんですけど、もひとつで…そのうち、IDか、パスワードかどっちかの記憶違いで、ログインできなくなちゃったのです。

今、ライナス・ヴァンペルトに倣って、放り出してるとこ。そのうち、できるようになるでしょ。

何だか、ゴジラやキングギドラとメールでやり取りしてるのと、内容に大差ない気がしてきた…

修行するぞ!
とりあえず、ネタをマクロビにしぼるとこから!
45. Posted by も.   March 27, 2009 12:03
私用に使ってごめんなさい。

実は、パパさんがブログをお休みしている間に
大変なことが判明しまして…

私が、長年某酵素メーカーのお孫さんだと思っていた青年がそうではないことが分かりまして。
あ、彼には何の責任もありませんのよ。
もともと彼が、自己紹介でそう言ったわけではなくて、私が勝手に勘違いしてたんですもの。
彼は、相変わらず、いい子です。

言い訳になりますけど、
半分は、大ばばさまのせいですのよ。
あの方、突然話が変わるのです。
この人の話をしてたと思ったら、
主語抜きで、途中から急に別の人の話を始めるの。
で、聞いてる方は、ずっと前の人のことを話してると思って聞いているというパターン。
今回の勘違いの原因も、そうでしたの。

おせっかいにも、お見合いをお膳立てしようとして、誤解してたことが発覚しました。

はからずも、人様のブログで嘘をつくような結果になってしまい、大変申し訳なく思っております。

パパさんがブログを再会したら、
すぐに謝ろうと思って、自分のコメントを探してましたの。今日、書き込んだところを見つけました。

本当に、ごめんなさい。

それにしても、
くだらないこと、いっぱい書き込んでるわねぇ、私。赤面
要点だけ書き込めば、この3分の1ですんだんじゃないかしら?
初心者だったとはいえ、お恥ずかしい限りです。

今回も、長くなって、ごめんなさい。
嘘ついちゃってて、ごめんなさい。
以上、モスラの懺悔でした。
46. Posted by macrobi papa   March 29, 2009 01:43
こんな昔の記事まで大変でしたでしょう。 
嘘をついたことにはなりませんよ、知らなかったんですもの。

懐かしいですね、この頃。
こんな時もあったんですよね。
47. Posted by 千春   June 12, 2013 23:35
こんにちは⭐
とてもわかりやすい説明で勉強になります!

ひとつ質問なのですが、足しヌカをする際、ぬか床に追加する生ぬかに塩を入れる時はどのくらいの量のお湯でといて塩を入れれば良いのですか??

それとも、ぬか床に生ぬかをパラパラと入れてから塩をそこに混ぜ込めばよいのですか??

初心者ですみません。。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔