October 21, 2008

絶対失敗しない方法

ふたばカフェ2ndの開店まで、後数時間という朝。
半日寝かせておいた、人参パウンドナイフを入れてみて、愕然としました。

失敗作









失敗しているんです。
4本焼いて、4本全部。
試作した時は、うまく行ったのに・・

その大きな損害と楽しみにしているお客様の顔を思うと、
目の前が真っ暗になります。


その後、原因が分からないまま、さらに2本失敗。
・・文字通りの失敗の山。

ふたばカフェの直前に新しいレシピを採用したことを後悔しました。
「自分の才能の無さ」に悪態をついてしまい、嫁さんに心配をかけます。

失敗は「苦手」です。とても苦しい。
ムダなものを生み、どこまでもネガティブの暗い穴に落ちていくようです。
失敗はしたくない・・いつもそのプレッシャーと戦っていたように思います。


でもね、全てのことにおいて、
『絶対に失敗しない方法』というのがあるんです。

それは、
<成功するまで続けること>

失敗しても、次が「大成功」なら、それは失敗じゃなくなる。
失敗するのも悪いことじゃないんです。

ポジティブを目指すだけが、人の生き方ではありません。
ネガティブを受け入れれば、人は強くなれる。


人参パウンドの失敗原因を4つに絞りました。
失敗原因に工夫を加えたものと、加えないものの2本のパウンドを焼きます。
その違いを観察すれば、答えが出せます。

どんどん









人参パウンド17号レシピ。
完成まで、もう少し。

合わせて、新作の豆腐クリームを作りました。
評判は上々です。

次のふたばでお出し出来るはずです。


僕に才能があるとしたら、それは「失敗が多いこと」なのかもしれません。
その失敗は、全部「成功」に繋がっているのですから。


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by レヴィ   October 21, 2008 13:54
開店直前に失敗が発覚って辛いですね。
目の前真っ暗でも安全パイで以前から作られて失敗の無いケーキに変更されないのはスゴイと思います。
私ならメゲて気持ちも入らないで以前から作っているケーキでやり過ごしていますよ。

成功者って失敗もたくさんされているんですよね。
とんとん拍子に来られたのかと思ったら紆余曲折されている。
たくさんの経験って大切なんですよね。
私も安全圏内ばかりじゃなく少し冒険してみなきゃ。
2. Posted by うなづくモスラ   October 21, 2008 14:30
うんうん、
(↑レヴィさんのコメントに)

講演会とかセミナーでも、
たいてい、成功した話しかしませんね。

100のうち、1つ成功したら、
それがすべてに当てはまるような言い方をするの。
残りの99の失敗の方が、よほどヒントになると思うんですけど…。

私は、打たれ弱いので、
自分の失敗は、とりあえず遠巻きにして見てる。
座右の銘は、
「どんな問題も、逃げ切れないほど大きかったり、難しかったりしない!」(ライナス・ヴァンペルト)
命に別条ないなと思ったら、
戻って来て、再び向き合うの。
3. Posted by ブラック・モスラ再び   October 21, 2008 20:42
トライフルの材料
  ・失敗した人参ケーキ(←グサッ)
  ・デリシャス豆腐クリーム
  ・りんごのコンポート
  ・レーズン
ー最圓靴真融殴院璽(←グサッ、グサッ)を、ふたのできる容器の底に敷く。コンポートのお汁と、レーズンをもどしたお汁を合わせたものを、振る。
△修両紊法豆腐クリームを、均等に重ねる。
0豸大に刻んだりんごと、もどしたレーズンを、パラパラとちらす。
ぜ最圓靴織院璽(←グサッ、グサッ、グサッ)を重ねる。お汁を振って、豆腐クリームを重ねて、果物をパラパラ…
ネ憧錣両紊諒まで、この作業を繰り返す。
Τ犬鬚靴董⇔簑庫で冷やす。
Д好廖璽鵑任垢って、ガツンとやる!

美味しいかって?…さぁ?
ブラック・レシピですもの。
4. Posted by fanta   October 21, 2008 21:45
エジソンですね。シッパイでは無くて、
「これは、こうなる」 
という方法を幾とおりも見つけたんですよ、
これはすごい。
5. Posted by macrobi papa   October 21, 2008 23:32
レヴィさん、こんばんは。
この時の僕は、失敗から立ち直れなくて、そのまま連鎖で失敗スパイラルど真ん中?でした。

最近、僕の好きな言葉「どんまい」。
出番多いです(笑)。
6. Posted by macrobi papa   October 21, 2008 23:37
「失敗したところで辞めてしまうから失敗になる
 成功するところまで続ければ、それは成功になる」

松下幸之助の言葉でした。


7. Posted by macrobi papa   October 21, 2008 23:39
モスラさん、こんばんは。
たぶん大ジョッキで、1ダースは作れたでしょうね。

それが美味しかったら、それもまた成功です。
以外と成功するのって、簡単なのかもしれませんね。
8. Posted by macrobi papa   October 21, 2008 23:47
こんばんは、fantaさん。

マクロビオティックって、ポジティブで自立を目指すものだと思っていました。
でもポジティブとネガティブは、表と裏。
ひとつのものです。
自立と依存の関係もおんなじ。

おんなじだって分かれば、自由にそれを入れ替えることが出来ることになります。
それはポジティブシンキングとは、違います。
陰陽はそれを教えてくれるのだと思います。

すいません。
まとまりませんでした(笑)。
9. Posted by よめこ   October 22, 2008 12:21
始めまして。
以前からこちらのブログを読ませていただきました。

>ポジティブを目指すだけが、人の生き方ではあり>ません。
>ネガティブを受け入れれば、人は強くなれる。

↑ここの文章、今の自分にとっても当てはまるところがあり、思わず涙が止まりませんでした。

私も、強くなりたいです。
10. Posted by macrobi papa   October 22, 2008 15:29
こんにちは、よめこさん。
マクロビオティックって、「ポジティブなもの」を取り入れるだけのものではないのだと思いました。

ポジティブなものだけを選択することで、ネガティブなものを否定してしまうことがあります。
死や、病気や、老いもそうですね。


【陰と陽】が、ひとつの側面の表と裏であるように、良いことも悪いことも、ひとつのものです。
それが分かると、今回のお話のように失敗も成功に変えていくことができます。

そしてたぶん・・良い悪いの2極に分ける必要さえ無いのだと思います。
善悪は、見方の違いでしか有りません。

マクロビオティックの陰陽の考え方は、それを伝えているのだと思いました。

この世の中に、良いことも悪いことも無いと知ることで、ネガティブも受け入れられるように思います。

不安は消え去り、満ち足りた穏やかな気持ちでいられます。
それが本当の意味での強さなのだと思いました。


強さは自分の中にもう有るのかもしれませんよ。
ただそれに、まだ気がついていないだけです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔