September 13, 2008

生姜番茶

ふたばカフェでは、食中の飲み物として「生姜番茶」
お出ししようと考えています。

テーブルに付くと、氷の入った水の代わりに
温かい番茶に生姜の風味をつけたものが出てくる。

タイトル












このお茶の出し方は、僕の好きな表参道の『Kuh クー』というお店のマダムに、教えて頂いたスタイルです。

どんなに元気が無くても、ここの絶品の玄米を食べて、
生姜の薫る番茶を飲むと、お腹の中からムクムクと力が沸き上がる感じがします。

今日は、その生姜番茶をちょっと贅沢に
よりすっきりさせた配合で、作りましょうね。


番茶は、京都の中井製茶場の【熟番茶】
3年間熟成させた、香りが高く、まあるい優しい口当たりのお茶。

ボトル








写真のポットは、無印良品のプッシュ式のポットで、
800ml、約6人前のお茶をいっぺんに作る事が出来る優れものです。
やっぱりお茶はリーフのものが美味しいですから、
彼の出番はかなり多いです。

生姜リーフ














お湯はやかんでしっかり沸騰させましょう。

ポットに番茶10g
そこに、6人前(800ml)の熱湯、どぼどぼ。

新鮮な生姜のスライスを3枚ほどいれてやります。


・・そのまま10分待ちましょう。

十分に抽出したところで、網を下ろしてお茶の葉を漉します。

出来上がり









僕は、夏でも仕事中、冷たいものを摂ることがないかなぁ。
番茶の熱い奴が好き。

夏の調理場は暑いから、水分補給は必要なんだけど、
冷たいものを飲んじゃうと、内臓が冷えすぎて、
途中でバテちゃうのね。

初秋の冷え込みが始まると、夏の間の不摂生がボチボチ出てくるかもしれません。
それが『夏バテ』なんだけど、
そんなとき生姜番茶が、とても良い感じに元気を回復してくれます。

お腹の中から、じんわりと暖まって、肩の力が抜ける感じ。


ぜひ一度、お試し下さいね。


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by lamcho   September 13, 2008 23:56
こんばんは、初めまして。
lamchoといいます。

マクロビはやっていないのですが、
ここの雰囲気が好きでいつも見ています。

生姜番茶、身体が温まりそうでいいですね。
私も飲んでみたいです!
今、手元にはほうじ茶しかないのですが、代わりになるでしょうか?

カフェのほうも、頑張ってください。
近場だったらいいのですが、遠方に住んでるので無理なので、残念です…
2. Posted by macrobi papa   September 14, 2008 07:38
ありがとうございます、lamchoさん。

ほうじ茶はやったことがないのですが、どうでしょう。
意外な美味しさがあるかも知れません。

茶葉の濃度は変わらないと思います。
カフェの方は、また機会を設けるようにいたします。
栗ごはんもやりたいなぁと考えているんですよ。
3. Posted by レヴィ   September 14, 2008 15:43
こんにちは

生姜番茶、美味しそうですね。
体も温まるし、これからの季節にぴったりですね。
試してみます。

日本人は冷たいお茶を飲みますが、海外に行くとお茶は温かくして飲む国がほとんどですよね。
内臓を冷やすと疲れますよね。
義父は夏は常温のビールを冬はおこたで温めたビールをのんでいました。(笑)
4. Posted by い〜よん   September 14, 2008 19:14
5 はじめまして
発芽玄米を自己流にアレンジして作っております。
過去記事をたくさん見せていただきました。
本当に知らないことばかりで 改めて自分の適当さ加減に恥ずかしくなっております。
いろいろ参考にさせていただきたくて、ご挨拶のつもりでコメント記入しました。
初心者ですが 続けることを目標に ゆるゆるやってみようと思います。
よろしくおねがいします
5. Posted by ちえこ   September 15, 2008 21:06
お番茶って煮出さないとあかんと思ってました。
(無双の三年番茶の裏に書いてあるので)
生姜番茶いいですね〜。
こんなカラダがほぉーっとできる飲み物が出るお店がようけできてくれたらええのに。
大阪にも出張してください☆
6. Posted by い〜よん   September 17, 2008 15:31
厚かましくも お気に入りブログに入れさせていただきました。報告いたします。
14日の書き込み重複したみたいでごめんなさい。
どちらか削除をお願いいたします。
どうぞよろちく!
7. Posted by macrobi papa   September 17, 2008 20:52
レヴィさん、辛みは肺を助け、体を内側から温め、夏に溜め込んだ不摂生を体の外に出してくれると聞きました。

でも、kuhは一年中、生姜番茶でしたけど。
これからは、蕎麦茶も良いなぁ。
最近ハマっています。
8. Posted by macrobi papa   September 17, 2008 20:56
いーよんさん、はじめまして。

知らないことは、なんも恥ずかしいこと無いですよ。
これから、いっぱい入る要素があるってことですから。

僕も知らないことばかりです。
アースオーブンや、天ぷら油で走る車や、自然農なんかに今、興味があります。

記事を読んでいて、もしなにか僕の知らないことがあれば、どんどんコメント下さい。
それを吸収して、もっとたくさんの人に伝えていければと思うのです。

9. Posted by macrobi papa   September 17, 2008 21:00
ちえこさん、こんばんは。

煮出した方が、たくさん番茶が出来るので経済的なようです。お店ではだいたい「煮出し方式」だと思います。

でも、プレス式の方が香りが良いかなと感じたのですが、いかがでしょうか。

生姜は特に番茶と相性が良いようです。
生姜番茶は、朝飲むより、午後飲んだ方が美味しく感じるようです。
面白いですね。

10. Posted by モスラWILL BE BACK   September 25, 2008 03:01
ふろしき王子のところまで行ってしまいましたわ。

パソコンの方が検索しやすいのは分かってるんですけど、主人が仕事に使ってますので、あまり私用には使わせてもらえないの。              で、仕方なく携帯で探してると、寄り道が多くなっちゃって・・・そのうち充電切れになっちゃうのです。
蜂蜜でも引っ掛かりそうだったんだけど、なんとか振り切ったら、今度は、アヌビスくんや、イサオちゃんが出てきて、なかなか寄り道の誘惑に勝てないのよねぇ・・・。

番茶はね、
すごく有名な方の奥様のマクロビ本に、三年番茶の定義が、「三年以上育ったお茶の木から採取したもの」になってたので、あれっ?って思って・・・。

私は、たまたまマクロビをやってる家に育っただけで何の勉強もしてないの。パパさんの言う“なぜ?”がないまま、親の言うことを鵜呑みにしてきたのね。

理論武装するには、頭が悪すぎるし、年も取り過ぎてるのは分かってるんだけど感覚だけで物を言うのも無責任かなって・・・だから今、自分の中のマクロビを再構築中なのです。

で、三年番茶なんですけど軸対葉が、7対3(これは、軸の方が陽性だからよね?)で、三年以上熟成させたもの(番茶は、カフェインが少ない代わりに、タンニンが多いから、三年ねかせることで、タンニンを抜くのよね?)を、食養では用いる。これを定義と信じてたもので・・・こんなものにも流派ってあるのかしらん??                    ぱばさんのブログなら、どっかに書いてあるんじゃないかと思って。
11. Posted by みっこ   September 25, 2008 17:16
パパさん、こんにちは
横レス失礼致します。

モスラWILL BE BACK様
はじめまして
いつも、コメントにて勉強させていただいております。
ありがとうございます。
番茶のお話なんですが、私も3年寝かせたものを番茶にすると、桜沢先生の直弟子の先生から教えていただきました。

もともとは食養家がお茶農家を訪ねられた時に、そのお茶農家の方が、納屋(?)の天井に和紙に包んで保管していたものを焙じて飲ませてくれた。それが陽性なよいお茶だったので、三年番茶として用いられるようになったと聴きました。

いつの間にか3年もののお茶の木ということに変わってしまっていますが、はじめに食養家の方が良いと言われた刈り取り後3年熟成されたお茶を是非飲んでみたいものだと常々飲んでみたいものだと思っておりました。

突然のコメントご無礼致しました。
12. Posted by macrobi papa   September 25, 2008 17:51
こんばんは、モスラさん。
たぶんその奥様、僕、知ってる人です。

流派は無いと思うんだけど、流派になりかけているのかな。

軸対葉の割合が定義として、確立しているかどうかは分からないのですが、一般的に茶葉を3年熟成させたものを云うようです。

うーん、だってそうじゃないと普通のお茶じゃないですか。どうでしょう。
13. Posted by macrobi papa   September 25, 2008 17:57
ありがとうございます、みっこさん。
このブログ、本当にコメントで、勉強になります。


僕は思うのですが、マクロビオティック、教える先生の考え方や解釈によって微妙に違ってくるのだと思いました。それが時間の流れの中で、大きく離れていってしまう事もあるかもしれません。

流派、みたいに。

でも、無双原理の考え方だと、分かれていったものは、やがてまた、ひとつに還るのだと思いました。
14. Posted by ゆるくる   September 25, 2008 18:03
はじめまして
ずっと見てるだけでしたー

初めてコメントします♪

この番茶とっても美味しそうで〜
早速購入手配してしまいました。

寒くなってきたと言うのに
なんだか番茶が美味しくなくて・・・

生姜番茶は飲みたい!
って思いました☆

「ふたばカフェ」すごくいい名前ですね
これからの活躍期待してまーす。

お店、千葉になるといいな♪
15. Posted by ゆるくる   September 25, 2008 18:06
ブログのアドレス間違えてました・・・

http://yurukuru.blog18.fc2.com/  です。
16. Posted by 真夜中のモスラ   September 26, 2008 02:49
パパさん、みっこさん、
どうも、有難う。

求めよ、さらば与えられん
マクロビってね、自分や家族だけがやればいいって思ってる内は、実現しないものだと思うの。

地球環境が汚れてるのに、安心安全な食物なんてのぞめないし、国と国が争ってる時に、いくら健康に気を付けてても、長生きなんて望めない。生態系のバランスの乱れは、私たち自身のバランスの乱れとなって跳ね返ってくる・・・。

夜の静寂の中で、魂を解き放つと、意識が無限に拡散し、自分がなくなってしまうような感覚に襲われるんだけど、どこからかまた、集約して戻ってくる。

一は全、全は一。

あら、らしくもないこと書いちゃったわ。
17. Posted by macrobi papa   September 26, 2008 20:04
ゆるくるさん、こんばんは。

みなさんにいろいろ教えて頂いて、ドリンクメニューを研究中です。
いくつかをブログであげていこうと思っちょります。
その上で、みなさんのご意見が聞けたら嬉しいです。

ブログを通して、みなさんと素敵なお店を作っていけたらと思います。
レストランに一番必要なのは、人と人の繋がりだと思うんです。
18. Posted by macrobi papa   September 26, 2008 20:18
モスラさん、こんばんは。

変わっていく時期にあるのだと思います。
大量に作り、大量に消費していくだけの社会では、もう続かない事に多くの人が気づいてきています。

あとは、何をするか、ですよね。

僕はこのブログと料理を作る事を通して、自分の出来る事を探していきたいと思うんです。
19. Posted by 出没!モスラの娘   September 27, 2008 11:15
アリスの白ウサギじゃ、可愛い過ぎます?

昨日、ゴジラ家の元嫁から、電話があって…
「週末、高野山に行って、来月は、御嶽山にお参りに行くんだけど、間で行くのに、岩屋寺と、不動霊場と、どっちがいいと思う?」
「なんで、私に聞くのよ?」
「だって、アンタ、霊感オババじゃない。」
「アンタが、いつも変なもん連れて来るんでしょうが!?言っとくけど、私に霊感なんてないからね。自分と一緒にしないでちょうだい!」
「うーん、迷うなぁ。何か、見えない?」
「見えるかっ!」
という、やり取りがありました。

マクロビやる上で、必要なものを、二つあげるとすれば、スピリチュアルな友人と、マクロビやってない友人かな…

信仰って大事だと思うの。別に、特定の宗教や宗派を指してるわけじゃなくて、この世界には、人智の及ばない何らかの力が働いているっていう意識のこと。ゴジラ家の元嫁は、それに、気づかせてくれるの。もう一人は、キングギドラの娘。マクロビに対して、「うん、言いたいことは、よく分かった。だから、何?」っていうスタンスの友。これって必要よ。長いことやってると、余計そう思う。

>僕はこのブログと料理を作る事を通して、自分の出来る事を探していきたい…

なんだか、ブログが、マクロビ・ヒーローズっぽくなってきましたわねぇ?

お笑い系のに、修正しなくっちゃ!テヘッ
20. Posted by macrobi papa   September 27, 2008 17:48
岩屋寺が良いと思います(笑)。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔