June 24, 2008

寺坂棚田学校 3)雨とクローバー

棚田学校 3回目。
今日も、早朝から秩父へと車で向かっています。


降水確率80%もあるのに、奇跡的に雨は降りません。
僕、基本的に『晴れ男』なんですよ。

よーし、このまま晴れ男パワーで乗り切るゾー。
・・と怪しげな気合い全開で、車を走らせます。

棚田










しかし。テンション高めのパパ、道に迷う。
これが、すべてのトラブルの始まりだったのです。

30分遅れで、棚田に到着。
遅れたため、車を止める場所がほとんど残っていませんでした。
仕方なく、ひとつだけ開いていた傾斜地のスペースに停車。

ちょっと隣の車に泥が跳ねちゃって、慌てて車を降りるパパ。
嫁さんは、車の後ろで子供と田仕事の用意。

ふと見ると、車のエンジンかけっぱなし。
運転席のドアを開けて、エンジンを止める。その時・・


あれ?
車がゆっくり後ろに下がってないか?

しまった!サイドブレーキ!
と、手を伸ばして、サイドブレーキを押すが、あれ?かかってるよ。
車はどんどん後ろへ。
もう頭の中、まっしろ。

はっ、と我に帰る。
あかん、後ろには、子供達がいるでしょ。
これ絶対死守!

体を張って一旦は止めるも・・うーん、やっぱり少しずつ後ろに引っ張られる。
この体勢じゃ、止まらないですよ。
ちょっと悪いけど、みんな逃げて。

パパ、車ごと後ろに5m引きずられて、棚田脇のガードレールに、どかん。
ええ、「どかん」と音が鳴りましたとも。


キューブ パパ、打ち身3カ所。
 擦り傷3カ所。

 大きくベッコリへこんだ愛車の後ろ。
 たぶん修理するのに20万円は、かかるでしょう。

 僕のテンションも、ベッコリへこむ。
 そこへ、土砂降りの雨がザー。


 もう、好きにして。


すいません。今日の仕事なんですか?
もう、バリバリ仕事して、今起こった出来事忘れたいんですけど。



結局、雨がひどくて、子供達と嫁さんは離れた東屋に避難。
僕は、取り憑かれたように、ものも云わず田仕事。

いや、雨ですから。
泣いてなんか無いですから(T_T) 。


仕事が終わって、びしょぬれで東屋に家族を迎えにいく。
刺すように降る雨が、背中に冷たい。

性格診断でも云われたんだけど、僕は極端に挫折することに弱い。
「あの時、ブレーキを押せば良かった」とか、「修理代どうしよう」とか、云ってる僕に、「子供も怪我が無いし、車が田んぼに落ちなくて良かったじゃないの」と嫁さん。
・・・、ありがとう。

クローバー








東屋の廻りは、クローバーがいっぱい。
子供達が、四葉のクローバーを探してる。

西欧じゃ、十字架の形をした四葉のクローバーは、幸せのしるし。
ああ、昔パパも探したことあるよ。
でも、なかなか見つからないんだよね・・

四葉
 姫「あったよー」
 ユウ「あった」

 あれ、本当だ。四葉のクローバー。
 パパも一緒に捜索してみる。
 あるある、四葉・・なんかどんどん四葉が見つかるんですけど。

 四葉のクローバーは、成長点に傷がつくことで生まれる
 変異体だそうです。
 人踏の多い東屋の廻りは、四葉が生まれやすいのかも。


六葉

 あれ?・・これ葉っぱが6枚。六葉だ!
 
 ユウ「すげー。どんだけ幸せになるんだ、これ!」
 姫「どんだけー♪」








優しい霧のように雨が降る。
子供達と一緒に、わいわい四葉を探して、みんなでお茶を飲んだ。


優しい雨





 車はへこんだけど、僕の心はすごく幸せ。


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by なごみ   June 24, 2008 23:34
あらー、大変でしたね(>_<)
お身体だいじょうぶですか?!

けど本当に・・・
この笑顔があれば
六葉のクローバーのように
しあわせですね。
2. Posted by hisako   June 25, 2008 00:18
わ〜。。。。
大丈夫ですか?
最後はどうなることかと思ってはらはらしながら読みましたけど、
ハッピーエンドでホッとしました♪
3. Posted by macrobi papa   June 25, 2008 07:17
なごみさん、こんにちは。

自分の車に轢かれるとは、思いもしませんでしたよ。
今度、棚田に行ったら、もっとたくさん付いてるのがないか、探してみます。
4. Posted by みぃにゃん   June 25, 2008 07:19
視点を変えると、「ガードレールのお陰で車が田んぼに落ちなかった」と考える事も出来ますよね。
パパさんに大したお怪我がなくてよかったです。
私の義弟は、やっぱり後ろに下がってく車をとっさに素手で止めようとして左手を複雑骨折しました。血まみれの体で救急車で病院に運ばれ手術&1ヶ月の入院。大変でしたよ〜(汗)

数秘術では「6」は調和とバランス、愛を象徴する数字なんですよ。
素敵な家族ですね。
ちなみに「4」は堅実や慎重、マジメ、努力家。
まるでパパさんみたい♪
5. Posted by macrobi papa   June 25, 2008 07:20
hisakoさん、こんにちは。
実は、トラブルはこの後も続くんですが(笑)。

とりあえず、車が後ろに下がり始めたら、ブレーキさえ押せば、車は止まります。
それだけをお伝えしたくて、この記事を書きました。

同じシチュエーションに陥る人がいるかも知れませんから。そう、とりあえずブレーキ。

いやいや、この程度で済んで良かったです。
6. Posted by macrobi papa   June 25, 2008 07:33
みいにゃんさん、こんにちは。

複雑骨折ですかぁ。
それに比べれば、僕のは奇跡的なものです。
お金払うだけで済んで良かった。

良くはないけど(笑)。

マジメなのは、もう少し緩められないかなぁ・・と、思っちょります。
7. Posted by レヴィ   June 25, 2008 14:31
こんにちは

出足が良くないとヘンな方へ引き寄せられがちですよね。
私は失敗すると「一度あることは二度ある、二度あることは三度ある。」てな言葉が頭に浮かぶので打ち消そうとします。
気持ちの持ちようって大きいですよね。

それにしても、素敵な奥さま、お子さん達ですね。
心が温かくなりました。
8. Posted by macrobi papa   June 25, 2008 21:40
レヴィさん、ついてない日もあります。
それにしても地獄に仏有りというか、そんな一日でした。

実は、後ろもベッコリだったんですが、僕が体当たりした、ハンドルも壊れてました(笑)。

どんまい。

今、レヴィさんの紹介されていたシャン族の豆腐作りました。おからも美味しいです♪
9. Posted by mizutamanao   June 25, 2008 23:16
読み進めながらドキドキしました。

ご家族を守るため体を張るpapaさん、頼もしいです〜。わが夫だと「逃げろ=!!」と叫びそう…

とっさのときの行動、後から「どうして」と思うこと、多いです。けれど、その時出来た全てを、きっとやっているはず。奥様が仰るように、大きな怪我がなくてよかったですね。六葉のクローバー、素敵な大きな幸運を運んできてくれますよ〜。
10. Posted by teku-teku   June 26, 2008 10:11
お〜っと、大変でしたねぇ。おつかれさまでした。
本当に皆さんご無事で良かったです。
お金で解決できることで済んで良かったです。
これで大難を逃れたのだと思いますよ。
出来事だけ見れば散々な目に遭った一日でしたね。
でも、最後には笑顔で幸せって思えた素敵な日。
きっと守られているんです^^
11. Posted by macrobi papa   June 26, 2008 18:09
こんばんは、mizutamanaoさん。

性格なんですが、僕は小さなことを気にしすぎます。
嫁さんは、隣の高級車に泥が跳ねても、あらそう?って感じでした。
なんにせよ、それでバランスが取れているのですが。
12. Posted by macrobi papa   June 26, 2008 18:12
teku-tekuさん、おっしゃる通りです。

もしガードレールが無ければ、車の損傷はこんなものではなかったでしょうし、子供達が逃げ遅れていれば、それこそ後悔じゃ済まないことになっていたでしょう。

起こった事故は、パッと見、不幸ですが、考え方によれば、これが最善です。
お金は・・また、回ってくるから・・来るかなぁ?
13. Posted by ルパ   June 26, 2008 20:23
車の件。
大事に至らなくて良かったです。

四葉のくろーばーも見つかったことですし、これはドカンと宝くじを当てちゃいましょう、笑。

私も降水確率80%の中、田んぼに行きました。
よく霧の出るところなので心配だったのですが、田植えのときはいい具合の曇り空でした。

ただ、泥臭いまんまサンダルに素足であぜ道を歩いて帰ったら何か虫に刺されちゃったようで
熱を持って赤くはれました。
自宅に生えているドクダミをもんで貼っておいたら一晩で大分ましになりましたが、まだ赤いです、とほほ。

でもそれ以外は田植え楽しかったです。

お食事処たんぼ

やりたいです^^
14. Posted by macrobi papa   June 26, 2008 22:02
ルパさん、こんばんは。
ドクダミって、そういう効果もあるのですね。

なんだかいっぱい田んぼ脇に生えていて、うーん、これ食べられないのかなぁと、思っていました。

野外で食べる、おにぎりは実においしいです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔