June 21, 2008

頑張らない生き方

僕は今、普通のレストランで働いています。
子供を預けていられる昼間の間だけ。

手作りにこだわって、原価を押さえ、
美味しいものを、安く提供するというスタイルでやっています。

ランチの人気もだんだん出てきて、店の雰囲気も良い感じになりました。


この店に来て、そろそろ1年になります。


この店に来るまでの僕は、とても傲慢な人間だったと思います。

自分の意見が絶対正しいと、それを押し通す。
実際、やってみれば上手く行くし、僕は多少の無理をしても、
それをやり遂げていました。

僕のイメージするものを、完璧に形にしたい。
人のミスでそれが妨げられるのが嫌で、
料理を完璧にするたびに、徹夜で仕事をしていました。

毎日毎日、朝から深夜まで、休憩も取らずそれに専念していました。
つねに全速力で走る感じ。
もっと早く。

それが「頑張る」と云うことだと思っていました。
だから「ほどらいこ」とか「頑張らない」というアドバイスが
どうしても僕には理解出来ない。


義母が亡くなり、僕は地元のこのお店にたどり着きました。
でも、調理場に入ってみると、正直、酷い状態です。


粗末な調味料。鮮度の悪い食材。冷凍食品の山・・

こんなもので、何が出来るの・・とよく思ったものです。
でも、とりあえずパパ、お金稼がなくちゃいけないから、
あるもので美味しいものを作るようになりました。

すると、なんとなく「頑張らない」というのが分かって来たように思います。
最近のことですけど。



頑張らないというのは、「努力しない」ということでは無いのだと思います。

それは諦めるということ。
最善を尽くす。
自分の力の及ばない部分は、さっくり諦める。

常に完璧に仕上げようと捕われるではなく、今あるままで良い。
だいたい完璧なものなんて、ひとつもないのですから。

だから自分は、何かに変わらなくても良いし、
人のことを許せなくて、苦しむ必要も無いのですね。

だって、いつかはすべて消えていくものだから。

上手く行かなかったとしても、それは諦めてしまえば、
もう苦しくない。
ゆっくり自分のペースで歩いていけると、思うのです。


僕のランチを食べて「すごく美味しかった」と云ってくださったお客様がいました。

どんなところでも、美味しいものは作れました。
素材と向き合って、丁寧に料理をする。

食べてくれる人がいて、そのいのちを分けてくれる野菜があって、一緒に働く人たちがいて、おいしいごはんが今日も作れる。
それは、とても有り難いことだと云うことに気がつきました。

料理というのは、他の命を頂いて、作って食べること。
だから感謝の気持ちを忘れない謙虚な気持ちが一番大切だったのですね。


一番大切なことを、この店で学んだように思います。


7月いっぱいでこのお店を辞めて、どこかに行こうと考えています。
やっぱり自分の道を歩きたいのです。

お店も作っていこうと思います。
頑張らずに、頑張りますよ。

長々と、独り言でした。(´ω`) 



最後に、いつも気づきをくれるfantaさん、ありがとう。


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 鍼美人   June 21, 2008 18:54
5 お久しぶりです。
独り言。。。いいですね。

私は、『施術が終わったら、患者さんの事を忘れる』
と言う事が出来る様になった時から、力が抜けました。

『自分が何処に立っているか解っていればいい』と
今思って生きています。


2. Posted by rurikoi   June 21, 2008 19:16
うんうん なんでもいい。
肩の力がぬけるようになった証拠です。
自分のものさしの長さを調節できるようになったっていうか ケセラセラがわかったっていうか どのへんで息をぬくかわかったんだなあと思いました。
1年間おつかれさま。いい勉強になりましたね。
3. Posted by なごみ   June 21, 2008 19:24
すてきな独り言ありがとうございます。
はい。
がんばらずにがんばってくださいね。
はい。
わたしもがんばらずにがんばってゆきたいです。
4. Posted by macrobi papa   June 21, 2008 19:32
うー、鍼美人さん。お久しぶりです。
感激して、目頭が(T_T) 。

どこか高原の空気の良いところで、新鮮な野菜を使った店をやりたいです。
儲けようとか、経営とか離れたところで、ココロ穏やかに料理が作れれば、なによりと考えるようになりました。

そしたら、このブログのタイトルから奮闘記を外せるかも知れませんね。
5. Posted by macrobi papa   June 21, 2008 19:34
rurikoiさん、こんばんは。

そういえば昔から、ケセラセラと聞かされていましたね。
この年になってやっとそれが分かってきた感じです。
6. Posted by macrobi papa   June 21, 2008 19:44
なごみさん、こんばんは。

僕は昔、「マクロビパパの奮闘記」のタイトルを変えようとしたことがありました。
でも、結局変えなかったんですけど。

たぶんココロの平穏を求めながらも、七転八倒しながらも困難を乗り越えていくって毎日が好きなんです。
頑張らなきゃー、頑張らなきゃーと思ってた。

苦しまないと、幸せはこないと思っていたし、
何かを得るためには、何かを諦めなくちゃ行けないと思い込んでいたんですね。

本当は今あるもので十分に幸せになれるし、幸せになる過程は、ずっと幸せであって良いのだと、最近はそう思うのです。
7. Posted by レヴィ   June 21, 2008 19:45
こんにちは

あ〜、分かります。
私も同じこと思っていました。
パパさんのお話はいつも身に染みます。

8. Posted by macrobi papa   June 21, 2008 22:28
こんばんは、レヴィさん。
書いてる僕の耳が痛いです(笑)。

自然体って、何にもしないのが良いのかな。
自然体でいようと頑張ると、もう不自然になっちゃう。
9. Posted by stun   June 22, 2008 07:16
ご無沙汰してました。
泣けます。
泣きました。
ご飯3杯ぐらい泣きました。
素敵過ぎます。
僕もこのまま行こう。
久々にお会いしたいです。
男のマクロビオティック・ノッポミーティングを!(笑)
10. Posted by いちご   June 22, 2008 08:20
今のお店に入られて papaさんの色んな呟きに
(゜ー゜)(。_。)ウンウン と言いながら読ませていただいて 
自分の中でも 何かがすとんと落ちて・・・
今の職場の仕事が苦しくなくなったのが
そう・・ちょうど 一年前の今くらいでしたよね。

今回の独り言の中にも
素敵なエッセンスがいっぱいでした
ありがとうございました。

papaさんが 素敵に輝けるそんな場所が見つかりますように・・ 
11. Posted by macrobi papa   June 22, 2008 16:43
stunさん、ありがとうございます。
ご飯3杯分は多いですって。

男のマクロビミーティング、善さん所でやりたいですね。巨人族集合ということで(笑)。
12. Posted by macrobi papa   June 22, 2008 17:02
こんばんは、いちごさん。

僕も、いろんな人のブログを読んで、気づきを頂いています。ありがとうございます。

自分のお店を作ったら、そりゃもう美味しいの作っちゃいますからね。
13. Posted by fujitamanegi   June 22, 2008 17:41
力を抜きたい、頑張らないでいたい、と思う私にとって、今日の記事はしみじみと感じるものがありました。

諦めるということ・・・なかなか難しいです。
でも、諦めなきゃいけない場面は沢山あります。
子育ても、夫との関係も。(私にとっては特に後者。)

青森に来ませんか〜?土地、一杯ありますよ。少なくとも首都圏よりは沢山あります。

山に籠もってムスコと二人で暮らせたら、どんなに良いだろう・・・と最近思います。
14. Posted by aki   June 22, 2008 19:04
papaさん、こんばんは。
しみじみと読ませていただきました。

きっと、七転八倒があったからこそ、今の心持ちに気づかれたんでしょうね。
何事も、通ってみなきゃわからない、超えてみなきゃわからないことってあると思います。
良い人生ですね。
これからもほどらいこに頑張ってくださいね(*´∇`*)

私も流れるまま・・・逆らわずに生きています。
今の状況にある意味を考えながら。
15. Posted by macrobi papa   June 22, 2008 19:07
こんばんは、fujitamaさん。

こうでなきゃというのがあると、どうしても苦しい。僕は、苦しかった。

マクロビも上手く行かない時があって、良いのだと今は思います。

その時、誰からも理解されなくて苦しいと思うか、
今日は新しいマクロ飯を作ってみて楽しかったと思うか、状況は一緒でも、毎日が違ってきます。

それはポジティブシンキングと、ちょっと違うかも。
ダメなものは諦める。
そういうのもあるなって認めちゃう。
で、今、自分にあるものを見てみる。
それを使って、幸せな気持ちに帰る。
16. Posted by macrobi papa   June 22, 2008 19:07
僕は、マクロビパパとして、頑張ろうとするほど、マクロビオティックから外れていってしまう。
すごく不自然になる。

きっと頑張らなくて良かったのだと思います。

僕の文章を読んで、なにか思ってくださる人がいるなら、それは作られたものではなくて、僕自身のなかにあったものだから。

自分に必要なもの、楽しいと感じるものを選んでいけば、それがマクロビオティックの形になる。
人を幸せにすること、それを続けていれば、全部自分に帰ってくるから。
それは自分が幸せになることだと思うのです。

僕は、この仕事続けて行きます。
挫折してたら、今度はfujitamaさん、励ましてくださいね(笑)。
17. Posted by macrobi papa   June 22, 2008 19:11
akiさん、しまった。
七転八倒じゃなくて、七転八起にしとけば良かったと、今、思いました。
はは、なんかすごく苦しいみたいで(笑)。

ホント、山有り谷有りの人生で。
いろいろ苦難があるのは、神様が期待している証拠と聞いたことがありますが、今日も車のお尻ぶつけました。
うーん。

どんまい。
18. Posted by kanna   June 22, 2008 19:42
はじめまして。実はしばらく前からpapaさんのこのブログをよませてもらっていました。

現在まったく完璧ではありませんがちょっとだけマクロビっぽいことをやっています。マクロビに関してはいろいろな意見がありますが、私は『マクロビ』という言葉を知ってこのブログにたどり着いたことだけでもすごく幸せだなあと思っています。papaさんの優しい言葉はいつも泣きたくなるほどです。

>料理というのは、他の命を頂いて、作って食べる>こと。
>だから感謝の気持ちを忘れない謙虚な気持ちが一>番大切だったのですね。

毎日ついつい忘れてしまうこのことを思い出させていただいたのでコメントさせてもらいました。がんばらないって難しいけどいつかpapaさんみたくなれたらいいなと思います。長々失礼しました。


19. Posted by macrobi papa   June 23, 2008 07:06
はじめまして、kannaさん。

安曇野のシャロムヒュッテの臼井さんが、「なんでも60点で良い」と話されていました。
なんでも100点を目指すと、続かないから。
60点で良いんだって。

僕も完璧な店作りじゃなくて、少し足りないくらいでも良いかなぁと思えるようになりました。

まだ始めたばっかりですけど。
どうぞまた遊びにきてください。
20. Posted by hanisu   June 23, 2008 07:34
パパさん

こんにちは。hanisuです。
う〜〜わたしも涙が出てきてしまいました。

パパさんは、真のプロフェッショナルだと思います!
プロ=それでご飯を食べているから、じゃなくて
自分の仕事に妥協しないという意味で。
そういう人って、案外少ないんじゃないかな。
自分に与えられた環境の中で最善をを尽くす。
わたしも、そうありたいです。
素敵なお話、ありがとうございます。
21. Posted by みき   June 23, 2008 14:03
深いですね・・・
私はゆるくマクロビをやっていて、それでも
卵や動物性のものを食べない=ダメなものという
意識が出てきてしまいます。
本当は、食べ物にも物事にもいいも悪いもないハズだと思うのですけど。
自分で、考えながら、転びながら、ぶつかりながら・・・バランスのいい位置を探していくものなのですね〜

パパさんのお店を作られたら、ぜひお伺いしたいです!!
22. Posted by ソルト茶   June 23, 2008 18:04
お久しぶりです。
覚えてないかもしれないけど、以前一緒の店で働いていたものです。
パパさんが辞めてからもずっとブログは読ませていただいてました。もう一年近くも経つんですね。
今日の文章すごくしみじみ読みました。
私もこれから頑張って行こうという時期に妊娠が発覚し、5月一杯で仕事を辞めました。
はじめはなんでこの時期に?って思いましたが今思えば私にとってこの妊娠休養期間は必要だったのだと思えるようになりました。
来月には元気な男の子が生まれる予定です。
落ち着いたら子供つれてパパさんのお店に食べに行きたいです!
23. Posted by macrobi papa   June 23, 2008 19:11
hanisuさん、みなさんがいるから僕があるんですよ。

自分の仕事にこだわるのと、とらわれるのは違うものだったと、今は分かります。
今はただご飯を作るのが楽しいです。
24. Posted by mizutamanao   June 23, 2008 22:11
最近、義父の作って下さるお米やお野菜の有り難さを痛いほど感じています。(マクロビを知ってからの方が、農薬や肥料のことが引っかかっていました。正直、感謝がなかったです。申し訳なさ過ぎ(涙))
数日前、義母からいただいたホットケーキミックスでホットケーキを食べました。

ようやく、食べ物に込められる想いに気持ちが向かい始めたような日々です。
papaさんのこの日記、しみじみととても深く沁みます。
25. Posted by macrobi papa   June 24, 2008 08:28
みきさん、こんばんは。

食べ物にも、物事にも善悪は無いというのは分かっていても、「動物性が入ってるなぁ」とか「今日は悪いことばっかりだな」とか考えてしまいます。

でも焦ることなく、少しずつ自分にとって、<なにが必要で><なにが楽しいか>を選んでいけば、マクロビの形に近くなっていくかなと思いました。

今、パーマカルチャーにも興味があります。
機会を見つけて、学ぶ機会があれば良いなと思っています。
26. Posted by macrobi papa   June 24, 2008 08:35
ソルト茶さん、こんにちは。
去年の今頃もコメント頂きましたね。

最近気がついたことですが、子供ってほっといてもどんどん成長していく。
そういう力が小さい体の中に備わっているんですね。

子育てって、子供を通して、僕たちが成長していくものなんじゃないかなんて思うんですよ。

ぜひ遊びにきてください。
あんまり辺境の地に店を出さないようにします。
ジャングルの中とかね(笑)。
27. Posted by macrobi papa   June 24, 2008 08:40
mizutamanaoさん、こんにちは。

僕、ちょっとお米作ってみただけで、まだまだですが、米作りってすごくしんどい。
野菜を育てるのも、楽じゃないです。

低農薬でやっても、これだけしんどいのに、無農薬だと手間はさらに3倍、収穫量は半分になると聞きました。

僕は自分で野菜を作って、自給自足の店を作ってみたいです。ちゃんと勉強したいけど、子供が3人いるし、どうするかなぁと悩みます。

今は、焦らず。
出来ることからやってみようと思います。
28. Posted by みぃにゃん   June 24, 2008 12:45
私も頑張っちゃう人なので(精神面が体育会系、笑)、今回の記事もすごく共感できました。
でも今まで頑張ったからこそ、沢山の知識や技術が身についたんですよね。
必要な事だったんだと思います。

完璧なものってつまらないです。
人でも物でも、歪みや偏りの部分にこそ個性や愛情があると私は感じます。

パパさん、おめでとうございます。
29. Posted by macrobi papa   June 24, 2008 18:34
そうか、頑張ることも悪いことではありませんでしたね。

>完璧なものってつまらないです。
人でも物でも、歪みや偏りの部分にこそ個性や愛情があると私は感じます。

ありがとうございます、みいにゃんさん。
30. Posted by lucia   June 24, 2008 18:39
papaさん♪

また、新しい曲がり角が訪れたのですねぇ
素敵ですぅ☆

どんな道が出来上がるのか
blogを楽しみにしていますねっ
31. Posted by fanta   June 25, 2008 00:44
papaさん有り難うございます。
でも、
読んで、それに意味を与えてくれたpapaさんこそ有り難うなんですよ。

papaさんは多くの人へメッセージを伝える力がある人です。その生き方が沢山の人に影響を及ぼす。

子育てにしても、
そうしてごく普通の厨房で料理をして
「諦める、そこで最善を為す、そして、感謝して作る」ということへ到達するということも

私には出来ないことをしてくださっています。
papaさんは沢山の人に波動を発して、気付きを与えているのです。
そんなpapaさんに身に余るメッセージを戴けるなんて
力を与えてくださっているのはあなた様。こちらこそ 有り難うございますm(_ _)m
32. Posted by macrobi papa   June 25, 2008 08:26
lusiaさん、ずいぶん遠回りしましたが、やっと本線に帰って来れた感じです。

このまま、のんびり走っていこうと思います。
33. Posted by macrobi papa   June 25, 2008 08:44
fantaさん。

『だれかをよろこばせる
 よろこぶ存在になることこそ
 幸せなんだよ

 だから、いかなるバショでも最善をつくして
 喜ばれるように

 いまここを選んでいるのは私
 ここで喜ばれることをしよう。』

僕は到達したというより、引き上げてもらった感じ。
自分がもらった大切なものを、僕を通して誰かにまた伝えていけたらと思います。
34. Posted by 舞   July 04, 2008 23:40
最近ブログを読む時間もなかなかとれないのですが、久しぶりにパパさんのブログ読みました。

うん、うん。
昔、私は田舎に人がゆっくりできる店・宿を作りたいと行った時に、パパさんは都会で頑張りたいって言ってましたよね。
今は、自分で作った野菜でお店を作りたいんですね。これからが楽しみです。

カナダでパーマカルチャーや、オーガニック野菜を仕事で作ってる人たち、そして自給自足をする人たちなどと出会えたらいいなと思っています。
気楽に行ってきます。
35. Posted by macrobi papa   July 05, 2008 06:39
覚えていらっしゃいましたか。
たけさんのコメントもついていましたね。

いろいろ考えました。
今、都会でやって、その後田舎に行くか。
それともこのまま田舎で始めるかの2つの選択肢があります。

まだ少し迷っているんです。

向こうはパーマカルチャーやオーガニックは本場ですものね。良い出会いがあるといいですね。
いつか舞さんともお会いしたいです。
36. Posted by ますみ   July 05, 2008 07:55
おはようございます。

うんうん。
ええ塩梅に諦めるって感じですよね。
上手く表現できないけれど
妥協でもなく、「しょうがないから諦める」っていうのともちょっと違う
割り切る・・・って言うのに近いのかなぁ。

ココロの中にわだかまりが残らない諦め方って感じですよね。
パパさんには夢があるんですもん。
37. Posted by macrobi papa   July 06, 2008 22:51
こんばんは、ますみさん。

今の店も、僕がいなくなったら潰れるかも知んないと、1月から辞めようと思いつつ、ずーっと残ってきました。
自分に勇気がないのを、店のみんなの為だと云ったり、子供達の送り迎えがあるからだと云ったり。

どれだけ困難な道のりでも、ばーんと乗り越えて、
僕は僕の料理を見つけます。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔