June 02, 2008

寺坂棚田学校 2)田植え

今日は、待ちに待った田植えの日です。
家族総出で、横瀬町【寺坂棚田学校】に向かいます。

棚田全形












晴れ渡る空の澄んだ青を映した、美しい水田の風景。
そして、そびえ立つ武甲山の勇姿。

武コウサン











そう、昨日までの雨が嘘のような、ピーカンの五月晴れ。
わははっ、これが晴れ男の底力じゃ。

・・と、この後、帽子を忘れたことに気づき、えらい目に合うのだが。


田んぼには、水が張っており、その下は柔らかい泥の層が深く積もっています。
その中にズボズボと入っていって、みんな1列に並んで、
稲の苗を植えていくのね。

下は泥だから、しっかりと苗を固定するのは、コツがいるみたいです。

ねぺったん苗を4本ずつ取り出して、
人差し指と中指を添えます。

泥の横から入れて・・
しゅっと横から泥に貼付ける。

浅すぎると苗が流されるし、
深すぎても苗が育たない。

20cmの間隔を空けて並べていくのが
一番良く育つみたい。

よーし、しゅっ、ぺたん。しゅっ、ぺたん。


田植えは大変な仕事と聞いていたけど、なんだかとっても楽しい。
腰の痛いのも忘れて、2時間くらいぶっ続けでやっていたら、
終わってから腰が回らなくなりました。


『田植え』は、性格が出ます。

きっちりかっちりのパパ。
きっちり4本。かっちり20cm。その整列美にただただ満足。


そして、やたら器用なユウ兄ちゃん@5歳。

にいにい
 大人達の列にちゃっかり入り込み、
 田植えをやってる。

 しかも得意のトークで場を盛り上げる。
 彼は、おばちゃんウケが、すごく良い。


 転びそうになり、パパを道連れ。
 なんかもう、お約束な展開。









そして、天然自然児の姫@4歳。

姫
 苗床の束をむんずと掴んで、
 泥の中にえいやと、丸投げ。

 それを手で押さえてしっかり結着。


 その君の豪快さはなんだ?
 いや、多いだろ苗。
 そこだけ、いっぱい米が取れちゃうだろ。



 彼女の隣でツッコミ入れるだけで、
 パパは忙しい。




僕、米作りって、やっぱり必要な経験だと感じました。

ただ口に入るものだけを考えると、無農薬でなきゃ、天日干しでなきゃって、なっちゃう時もあります。
でも、田植えをやってみて、農家の人のその大変さが少し分かる。

農薬使うって、選択肢も有りなんだと思う。
機械でガーって植えるのも、また有りなんだなと思う。

たぶんそれは悪いことでは、無いのね。
ただ有り難く、大切に頂く。ということを思いました。



えー、これから田植えをする方にアドバイスを2つ。

1)ゴム足袋の方が良い。
 田植え 4千円くらい出して買ったゴム長靴。
 あんまり出番が、ありません。
 泥に入ると、足を取られて動けないのね。


 農家のおっちゃん達は、みんなゴム足袋。
 安いゴム足袋なら、300円くらいで買えます。
 絶対、ゴム足袋の方が良いです。

2)帽子を忘れるな。
 結構、暑かったです。無いと、変に顔が焼けます。



ちなみに棚田学校の行き方。
横瀬市役所前の国道299号線から『横瀬浄水所』を目指していくと
その途中にあります。浄水所の南側が棚田学校です。

関連する記事
 【寺坂棚田学校】

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ぢゅん   June 02, 2008 18:54
わたしも以前の仕事(テレビの仕事)をしていたとき、一年間農家におじゃまして、仕事の一部を経験させていただきました。
もうお米になったときにはそれはそれは感動で!

同時に、ほんとにわたしたちが知っている農家の方のご苦労はほんの一部なんだなと思いました。
どんな食材も有難くいただくべきですね。

papaさんの点心、記事にさせていただきました。
事後報告ですみません!
お気に召さないが部分がありましたらなんなりとお知らせ下さい!
2. Posted by rurikoi   June 02, 2008 21:42
私のいなかは1年中水田なので
たんぼの中に入るとヒルが手にくっついてきゃあきゃあ。終わって足を洗おうと足袋をぬぐと足にヒルが吸い付いていてきゃあきゃあ。
やっぱり棚田だったので機械化は無理で 秋の取り入れは一輪車か背負ってでした。
炊きたての新米は 塩だけで充分。おいしかったなあ。
これから 自然のありがたさと厳しさを味わってごはんをいただくようになるんでしょうね。
3. Posted by ひろみ   June 03, 2008 19:53
はじめまして♪

同感です。
義父母がたんぼしてるので、
田植えは機械で手伝いませんが、
収穫は一緒にやります。楽しいですね♪

手伝わない間は、無農薬のほうが・・・って思っていましたが。
(といっても義父母の野菜も市販のものよりずっとずっと低農薬♪)
両親の作ってくれる愛情たっぷりの野菜、ありがたく頂いてます。

安くてキレイすぎる野菜より
不恰好でキズのある野菜に愛着をもってくれたら、
農家さんたちの苦労も報われるのになって
思います。
4. Posted by だんちゃん   June 03, 2008 23:37
私が小さい頃はおじいちゃん、おばちゃんがお米を作っていて機械で植えられない所を裸足で植えたのを覚えています!昔ながらのやり方で自然に近い農法は今となっては良いなぁと思います。我が家が取ってる新聞の埼玉版に棚田の様子がカラーで載ってましたよ。パパさんが打ってるのかなぁ〜…。
5. Posted by    June 04, 2008 00:12
この記事を拝見していたら、去年田植えをした
思い出がよみがえりました。泥にズブズブ入って
いくあの感覚は、子供たちを虜にしますね。(笑)

ちなみに、私は裸足で入りました〜。気持ち
良かったです。終わったら、隣の水路で
ジャブジャブ洗いました。

苗の植え方、意外に難しいですよね。私の植え方で
ちゃんと育つのか心配でしたが、秋に行ったら
立派な稲になっていて、本当に嬉しかったです。
6. Posted by たけ   June 04, 2008 01:28
お米も野菜も作るところから、携わると、料理に対する視点も変わってきますよね。
>農薬使うって、選択肢も有りなんだと思う。
機械でガーって植えるのも、また有りなんだなと思う。
同感です。
こういったことも、自分で田植えや農作業をしてみて、わかることだと思います。
自給自足分くらいであれば、無農薬でつくれるのですが、何百人、何千人ものお米を作ろうと思うと、機械や農薬を使わざるを得ません。
よく農薬を使うのは良くないという人がいますが、生産者も本当は農薬は誰もが使いたくないというのが、本音です。
農も生業としてやっている人は、65歳以上の高齢者が70%で、若い人は減っていく一方です。
こういった現状を少しでも多くの人に理解してもらうことで、農業に対する視点も変わってくると思います。
僕も再来週位に、家族で自分の田んぼの田植えをしようと思ってます。
7. Posted by macrobi papa   June 04, 2008 18:41
こんばんは、ぢゅんさん。

農業を生業とするのは大変なことだと思います。
この田植えの大変さも、たった5枚の田んぼを植えただけにすぎません。

これだけで、農業をやりましたということにはならないのですが、それでもやる価値のあることです。
ただのエコブームではなく、都市の人と地方の人と、皆さんが豊かになる交流の場として、広がっていけば良いなと思いました。


点心、喜んでもらえて嬉しかったです。
料理人は、美味しい云われるのが何よりも嬉しいのです。
8. Posted by macrobi papa   June 04, 2008 18:43
rurikoiさん、こんばんは。
そうか、冬期湛水の田んぼには、ヒルが出るんだ。

棚田には、ヒルはいませんでしたが、マムシが出るらしいです。
草むらをずんずん歩いていたら、
「おーい、そっちはマムシが出るからよ〜」

・・早く云ってください。
9. Posted by macrobi papa   June 04, 2008 18:47
ひろみさん、こんばんは。
料理人になって、オーガニックの野菜を使うまで、野菜はみんな同じ形をして、生えてくるものだと思っていました。

不格好なヤツほど、味が良かったりします。
自分で育てた野菜なら、なお愛しく感じるかも知れませんね。
そういう野菜達で、料理が作れたら楽しいだろうなぁ。
10. Posted by macrobi papa   June 04, 2008 18:48
だんちゃんさん、こんばんは。

なんかNHKも取材に来ていました。
ひょっとしたらTVに映ってるかも知れません。

はじっこの方に。
11. Posted by macrobi papa   June 04, 2008 18:51
里さん、あの泥にずぶずぶ感は、子供の頃以来です。
懐かしかったぁ。

最初は、シャツを汚さないように気を配っていたのですが、途中で転んでから、後はどうでも良くなりました(笑)。

秋がとっても楽しみです。
12. Posted by macrobi papa   June 04, 2008 18:55
たけさん、こんばんは。

たけさんは、以前、料理に携わる人は、農業もやった方が良いと話されていましたね。
自分の日頃何気なく使う野菜が、どこから来てどのように作られているかを知ることは、とても大切なことだと思いました。

自分の作った野菜で、真心を込めた料理を作ることが僕の夢です。
もし叶うなら、今よりもっと美味しいものが作れると思うんです。
13. Posted by まぃ゚・*:.。.†+   June 05, 2008 02:11
papaさんお久しぶりデス☆*ゝ∀・)っ

ゴム足袋、似合いそう〜vv笑
全身写真おねがぃUます↑↑

xx mai
14. Posted by macrobi papa゚・*:.。.†+   June 05, 2008 17:46
こんばんは、まいさん。
お久しぶり。

そのハンドルネームに付いてるヤツ、良いですね。
真似して僕のにも付けてみました♪

ゴム足袋のきっちりかっちり感は、クセになります。
15. Posted by まぃ゚・*:.。.†+   June 07, 2008 02:09
真似しないでくださいっ(。´Д⊂) 照
papaさんたら相変わらずおちゃめ〜vv

xx mai
16. Posted by macrobi papa゚・*:.。.†+   June 07, 2008 09:01
(´ω`)。
17. Posted by U.M.A   June 08, 2008 20:32
ブラウンズフィールドに居た時に、
それまで高いなぁと思っていた有機農産物とか、
なんでそうなってるのか納得しました。

お金出すだけで、自分で食べ物作らなくても
生きてられるんだからありがたいです。

そんな良い食物だけを使って今、
毎日料理できるんだから、ほんとに生産者さん達には
感謝しなくちゃ〜。

パパさんの想いにはいつも共感します。
18. Posted by hanisu   June 09, 2008 06:29
マクロビ・パパさん

こんにちは。はにす@沖縄です。
先日はコメントありがとうございました。嬉しかったです!
何を隠そう私は、ずっと以前からパパさんのファンです。
ケーキのレシピもずいぶん参考にさせていただいてます。
ノンオイルバナナパウンド、私はしっとり感を出すために
つぶしたバナナをちょっとだけ鍋で煮溶かしています。こうすると甘みも増すようです。

島バナナも出てきていますが、今はまだお高いので
本当に旬の時に試してみたいと思っています。
また、遊びに参ります^^
19. Posted by macrobi papa   June 11, 2008 20:14
こんばんは、UMAさん。
昔、知人の農園で畑からもぎ取ったばかりのキュウリを頂いたことがあります。

僕、キュウリはすごい苦手なのね。
せっかくの好意だし、恐る恐る口にしてみると、全然青臭くないんですね。
バリバリ食べられる。

いつか自分で畑を耕して、朝取れたばかりの野菜でおいしいご飯を作れたら。
それが僕の夢です。
20. Posted by macrobi papa   June 11, 2008 20:17
はにすさん、いらっしゃい♪
遠いところをようこそ。

鍋で煮とかすの良いですね。
たぶん甘みがぐっと強くなるはず。
良いアイデアを頂きました。早速試します。

島ばなな。
素敵です。
あ〜地野菜って、なんて魅力的なんでしょう(笑)。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔