May 21, 2008

親友の葬式

ひどい土砂降りの雨の中、親友のお葬式に行ってきました。



まだ若い・・突然すぎるさよならでした。
彼が死んでも、世界が当たり前に続いていきます。

同じような退屈な日常でも、明日がまた続いていくとは限らないのですね。
分かっていることだけど、それを突きつけられると
正直、ショックを受けます。

僕はちゃんと生きているでしょうか。
ただ漠然と、毎日を流されてはいないでしょうか。


彼の骨を拾って、斎場を出ると
雨が嘘のように晴れ渡り、初夏の日差しが眩しく差していました。

僕、晴れ男なんですよね。
こんな日まで、晴れなくても良いのに。

vegetus at 08:31│clip!