January 05, 2008

子供のために出来ること 3)ゲームと子供

子供も5歳くらいになると、気がつき始めます。

パパ、『TVゲーム』って、面白そう。
 俺も、やってみたい。


うーん、やっぱり気がついたか。

さて、これにどう対処するかナ・・について、考えてみました。


子供は、何かに『熱中』しやすいものです。
それがゲームだったり、野球だったりするわけで。
ただ、ゲームの場合、その度合いが過ぎて『依存』してしまうように感じます。

手のひらサイズの「モバイルゲーム機」はずいぶん進化しました。
もう、どこでもゲームが出来ちゃう。

レストランでも、電車の中でも、道を歩いていても。
あれ子供に与えると、ホントずーっとゲームしてるのね。
それ以外の時間は、ゲームの攻略本ばかり読んでいるようです。
強くそれだけに『依存』してしまう。


かといって、若い頃の僕もゲームかなりやっていましたから、
子供に「絶対やっちゃダメ!」と禁止してしまうことも出来ません。

インターネットでも、いろいろ意見を集めてみましたが、
ゲームが、学力低下や暴力性が上がることに関連しているというのは
僕も疑問に思いました。
僕自身、ゲームやっていても成績悪くなかったし、
暴力とかそういうのなかったし。

統計では「1日4時間、5時間、ゲームをする子供が中学生で約1割」。
そのケースでは、特に成績が低く、暴力的な性格であると云われています。

でも、そんなにゲームしていれば、勉強する時間ないだろうし、
それは野球やサッカーでも一緒。
性格に関しては、そんなにゲームをすることを許してしまう
家庭環境にも問題があります。

いろんな人にお会いするたびに、意見を聞いてまわりました。
いろいろ集めたもののうち【対処法】として、
これ良いかなというものは、以下の5つです。


1)1日1時間
  やるにしても、けじめをしっかりつける事が大事。

2)ゲーム機は基本的に、親のもの
  基本的に、両親の所有物としたほうが管理しやすいかナと思います。
  約束を守らないなら、貸さない。

3)暴力的な表現の強いものは避ける
  殴ったり、斬りつけたりというのは出来るだけ避けたいです。
  子供って、ゲームの世界でのルールと現実を、区別できないから。
  
4)オンラインゲームは避ける。
  オンラインゲームは、人とコミュニケーションをとりながら遊べるのが
  利点ですが、同時に現実世界のコミュニケーションがとれなくなったり
  生活リズムが乱れるなどの問題点が指摘されていますね。

5)モバイルもだめ!
  外に出てまで、ゲームしないの。

「コンピューターゲーム=悪」ではないと、思うのです。
適度に行った場合、人間の精神に良い作用があると、医学的に解明されています。
インターネットも同様ですね。

大切なのは、コンピューターとの接し方なのかも知れません。
なんでも、多すぎれば毒。

そういえば・・
いっそゲームを与えてしまって、自分で気がつくのを待つという人もいました。
うーん、僕の家はどうするか・・

皆さんは、どう思われますでしょうか?
ご意見よろしかったらお聞かせください。


トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 食べること生きること 3  [ ハーティカウンセラー日記 ]   January 10, 2008 10:35
食べ物に悪いものはないそんな思いで連載してきて途中になっておりましたね。http

この記事へのコメント

1. Posted by レヴィ   January 05, 2008 13:13
初めまして

ゲームの与え方って難しいですね。
書かれた対処法は的を得ていると思います。

うちはもう高校生ですが、小学生の頃は1日1時間とプレイする時間を決めていました。
でも、成長するに従ってゲームの時間はこっそりと増えているし、遊びはゲーム中心になっていきました。
今では友達と麻雀までする始末・・・
最初からゲームを与えなければ良かったかもと反省しえています。

しかし、夫が無類のゲーム好き。
TVゲームは卒業しましたが、麻雀はたまにしています。
それに夕飯の後、息子を呼んで「トランプでもしようか」とトランプや花札をしています。
夫と息子のコミュニケーションタイムなのですが、母としては他のことをして欲しいと思うばかりです。

ゲーム漬けになるには好みや外的要因など子供によって違うと思います。
ゲーム意外に興味を持って取り組めることがあればゲーム漬けにはならないと思います。

2. Posted by とことこ   January 06, 2008 06:47
パパさん こんにちわ。おひさしぶりです。
去年のクリスマスに我が家にもついに
ゲーム機が登場して
ぴったりの話題だったのでてきました。

うちではゲーム機はジジババの家でやり
家にはもって帰ってはいけないもの、
家でやるパソコンのゲームは朝晩それぞれ
30分ずつと決めています。
それでも子供はゲームにばかり
吸い寄せられてしまうんです。
ジジババの家でゲーム漬けで
まるで麻薬みたいだと見ていておそろしいです。
そのうち家にも持ち帰ると思いますが、
どうやって規制するか悩みます。
今は子供がパソコンゲームをしているときに
私の手が空いたら”トランプやろうよ”と
他に目を向けるようにしていますが、
いつもできるわけではないですしね。
何かいい方法を見つけたいです。
3. Posted by ちさと   January 07, 2008 11:17
パパさん、今年も色々と勉強させて下さい!
よろしくお願いします♪

さて、ゲームですが。。。
デリケートな問題ですよね〜。
私は仕事の業種がゲーム業界寄りなのですが、自分ちには置きたくないです(爆)
で、実はゲームは「大人のおもちゃ」だと考えています。何だかんだ言っても子供向けではありません。
実際、ソフトの開発している人は〜。
「自分の子には中学卒業するまで一切禁止」していたそうです(−−)
理由?もちろん・・・。
「バカになるから」
ええ、極端な意見過ぎるでしょうけど。
正直、同じ気持ちだったので我が家にはまだ電子ゲーム機はありません。大体やる時間もないし・・・。
自分で判断出来るような年齢まではオールオアナッシングしかないのかも知れません。
何もなくても遊べるのが「子供」なんだなぁ・・・と、お正月の公園の落ち葉ではしゃぐ子供を見ながら思っていました。
4. Posted by maple   January 07, 2008 13:22
男の人のマクロビ。とっても興味深く楽しく拝見しています。でも初コメントがゲームです^^;

ちさとさんやとことこさんのお子さんは何歳なのですか?

うちは小2です。
もっと自分で時間の管理とかできるようになったら買ってあげる、って約束してます。
でも周りもほぼ持っているので、そろそろ限界かなーなんて思ってましたが。

ちさとさんのソフト開発してる人の、中学卒業するまで一切禁止、を読み、またまた悩みまくりです。

パパさーん。どうします??

5. Posted by サイコ   January 07, 2008 14:34
パパさん
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
ゲーム。
これもお砂糖なんかと一緒で「悪い」というものではないと思います。
そうそう今から20年以上も前のことですが、ある友達の家ではゲーム絶対禁止だったそうです。なのに帰宅すると弟さんがゲームをやっているので驚き「どうしたか」尋ねると「友達に借りた」と言います。しかしまもなく明らかになる真実、、、なんと万引きしたと言うのです。何が悪か考えてしまいます。
他の方もおっしゃるように、与えっぱなしでなく親の介在は必要だということですよね。
親子でしっかりと良いコミュニケーションをとること、その点ではパパ家は大丈夫なのではと。応援してますヨ。
6. Posted by ちさと   January 07, 2008 15:01
mapleさん、我が家は6歳と3歳です。
まだ親の管理が出来る年齢ですし、保育園に行っていて遊ぶ時間もないし。
テレビを見る時間だけで一杯一杯って感じです(^^;)
姪っ子は小5で、一人っ子のせいか小さい頃から何でも玩具を持っていたのですが、最新の物はすぐに飽きちゃってましたね・・・(−−)
結局、子供同士で遊び始めますし。
それを見てて・・・遊びって何なんだろう?と考えてしまいました(それが乗じておもちゃコンサルタントも取得)

これはやはり、親御さんの考え次第で良い悪いが決まると思います。答はないんじゃないでしょうか?
我が家も夫はゲーム好きなので、欲しがったら買うだろうと思いますが、まだ小さいのでお預けです。
疑わしい場合には早過ぎる事もあるかも。。。
7. Posted by ちさと   January 07, 2008 15:05
連続ですみません。
あと一つ、ゲームを始める年齢が低年齢化して来ているという事。
私達が子供の頃(ちなみに厄年の年女です)にも親達は悩んだでしょうけど。
それより更に小さい頃からテレビやPC、ゲームがあります。
いつでもどこでもゲーム機から目を離さない子供達を見ると何となく怖いです・・・。

私は、どうせ大人になったら使うんだから今からやらなくてもいいかな?今は体を沢山動かして欲しいな、と思っています。。。

ま、一つの意見として御参考までに・・・。
8. Posted by たけ   January 07, 2008 19:22
5 papaさん。明けましておめでとうございます!
我が家も6歳の子供がいますが、ゲーム機は買っていません。
今は創造力を付ける時期だと思っています。
ゲームよりおもしろい遊びを親が教えるのが一番だと思います。
最近は、野球、こま回し、折り紙、紙飛行機にはまっています。
紙飛行機は、はまると思いますよ。

blogの記事にも書いたので良かったら見てください。!
9. Posted by macrobi papa   January 08, 2008 08:35
お正月明けで一気にコメントが付きました。
全体的な意見としては、ゲームを与えたくないが、禁止しても、自然に入り込んで来てしまうだろう・・といった感じですね。

マクロビの食事も同じかもしれません。
子供のころからマクロビオティックの食事法で育てていても、一度はそこから外れた食事を摂るようになると聞きます。

でも、マクロビの食事法を経験している子供は、どちらが自分に合うかを判断して、自分でマクロビオティックの食事法を選ぶようになります。

コンピューターゲームにはいずれ触れるでしょうから、それまでに出来るだけたくさんのことを経験させて、結局は子供の判断に任せる形になるかもしれません。
10. Posted by macrobi papa   January 08, 2008 08:41
でも、これをやるのって云うほど、簡単ではないでしょうね。

家では、オセロを買いました。
公式モデルのものです。
暇があったら、子供とオセロを打ちます。
比較的ルールは簡単ですが、深いです。
教えるのが大変で、僕が打ちたいように打つのではなく子供に経験を積ませる打ち方をします。

紙飛行機、確かに夢中になるかもしれません。
他にどんな選択肢があるか、子供が夢中になれるものをたくさん探して行きたいと思います。

11. Posted by chaa   January 08, 2008 18:33
ゲームでもコミックでも、善し悪しを子供自身が決めるのは無理かもしれません。
マクロビ的に言ってみれば、ゲームであっても長時間遊んで良い子もいればなるべくしないほうが良い子もいるのでしょう。中庸をいきたい気持ちは当然あれども、もしかしたらゲーム陰陽偏りすぎてる子かもしれないし。

結局ゲームであろうが食事であろうが、その子にとって今、良くはたらくのか否かを判断してあげる大人がいるかいないかこそが重要なのかもしれません。

そうだとすれば、愛も理念もない盲目的なルール決めは不信の元かもしれませんね。

私は妻子がおらないので説得力がありませんが・・

12. Posted by maple   January 08, 2008 21:52
ゲーム、ケータイ、インターネット
どれもが低年齢化しているのが恐ろしいと思います。
まだまだこの世に生まれて10年、物事が判断できるようになって数年、とかのような子供たちに、間違って使うと危険なものが、身近にある。
そこに特殊ないじめが発生したり、自殺があったり。
こういうことを考えると、この日本の子供たちはどうなっていくんだろう、とマイナスばっかり広がっていってしまいます。
でもそこで、親の考えをしっかり子供に示し、親子で話しあうことがとっても大切なように思います。
しかし、大変な世の中ですよね。
13. Posted by macrobi papa   January 08, 2008 23:37
chaaさん、こんばんは。

物事の善悪の判断を子供に求めるのは、確かに難しい注文だと思います。

子供は、私たちが思っているより多くのことを感じ、見て、考えています。
僕が人に感謝して、優しくする姿を見せれば、子供は人に深切に接するようになるし、子供を怒鳴り散らして叱れば、気に入らないときに大声を出すようになります。
子供は善悪のないところで、すべてを吸収して成長していくんですね。

ともに生活していくなかで、良いことをはっきり伝えて覚えさせる。その上で、子供に判断を委ねたいと思うのです。

奥津典子さんのブログよりです。
【子供たちのサッカーに学ぶ】
http://www.ecocolo.com/starblog/organicbase/archives/2007/11/post_106.html
14. Posted by macrobi papa   January 09, 2008 00:12
mapleさん、こんばんは。

インターネットには、「距離」というものがありません。
だから私たちはこうしてゲームの話が出来るわけですね。
インターネットは、人間が次のステップに進化するのには、必要なものだと思います。ただ陰性の「インターネットの世界」は、陽性の「現実世界」とバランスのとれたものでなくては、ならないと思うのです。

ちょっと話がずれました。
ネットの掲示板などには、見るのも嫌になるような酷い誹謗中傷の書き込みがあります。
あれは子供に見せたくありません。

>親の考えをしっかり子供に示し、親子で話しあうことがとっても大切なように思います。

コミュニケーションをもっと大切にしていこうと、思いました。ありがとうございます。
15. Posted by maple   January 09, 2008 21:58
みんなのコメントを読みながら、
自分のコメント書きながら、
子供から「DS」という言葉が出るたび、
聞かぬふりをしたり、そのうちね、
なんて流してる自分に
はっと気がついたんです。
ちゃんと話し合わなくちゃって。
気づかせてもらって、ありがとございました。
16. Posted by サイコ   January 10, 2008 10:38
パパさん
いろんな意見がでておもしろいですね。
私もこちらの記事から考えたことを、自分のブログで記事にしてみました。よろしかったらご覧ください。
なにか不都合ありましたらおっしゃってください。
17. Posted by nonchan   January 10, 2008 16:13
年始から、いきなり難しいお題ですね〜
我が家にも中学生と小学生の息子がいますが、割と早くにゲーム機は与えていました。PCも触らせていました・・・多分幼稚園児だった頃から・・・
私も相方もスキなほうだったので・・・・。
それらを巡る痛い失敗や、争いもありましたが、今では時間が来たら自分で切って、さっさと切り上げています。
「ゲーム機は遊ぶもので遊ばれるものじゃない」
「PCも使うもので使われるものじゃない」
・・・ていうのが結論かな。
そこに至るまでの、闘いはそりゃ壮絶で、回数も半端じゃなかったですが・・・
取り上げても解決には多分ならないと思いますね〜。話し合い、使い方を相談ってのが・・・言うに易しく何とやら・・・ではありますが、王道に近道なし・・・ってのがヒシヒシと身に沁みる子育てでした。
18. Posted by macrobi papa   January 11, 2008 08:30
僕自身、コミュニケーションの大切さに気がつくための良い機会を頂きました。

何事にも、親として上から物事を決めてしまうのではなく、話し合って、子供と向かい合って、ひとつひとつやっていきたいと思うのです。

ほどらいこに、気張らないでやっていきます。
うーん、これから壮絶な闘いになるのかぁ。
19. Posted by macrobi papa   January 11, 2008 15:28
サイコさん、記事を拝見しました。
コメント欄がなかったのでこちらに。

僕も子供と接する上で、アレダメだから、これもダメと、上から何でも決めつけてしまうことが多かったように思いました。
子供はそういうのちゃんと見ていて、僕の真似をすることで、悪いところを僕に教えてくれているようです。

似過ぎていて、うーん、と反省することばかりで。

リンク記事、いつもありがとうございます。
とても嬉しいです。
20. Posted by ももこ   January 15, 2008 16:11
5 お久しぶりです。
今年もよろしくお願いします。

うちの子は、今2歳ですが、DVDにはまっています。
で、これが大変でやめさせると本当に
怒ります。
それだけ、刺激が強いのですよね。
ゲーム自体が悪いものでもないと、私も思います。
なので、
それぞれの家庭での「程よい加減!!」を見つけるしかないですよね。

ちなみに、私は昔、弟のゲームやりすぎに切れまして、ゴミ箱へ捨てました。
その後、父が知らずに焼却炉へ入れてしまい、
爆発音がして、大変でしたよ(笑)
あまりに、エスカレートした場合は、
お金はもったいないですけど、「本当に捨てる」
が良いと思います!!

長々すみません。
21. Posted by サイコ   January 15, 2008 16:46
パパさん
私のところにいらっしゃる方は、さまざまな方がいらっしゃいます。
直接のきっかけは社会生活でのつまずきだったりするのですが、さかのぼると小さい頃の親子の関係、親の言葉、態度が、、、という方がけっこういらっしゃり、ずいぶんずいぶん時間をかけてもう一度現在まで成長するためのお手伝いをしております。

本当は親が悪いわけでも社会が悪いわけでもなく、伝え方、受け取り方、そういうのもっと上手にできるとみんなハッピーになるんだねえということ、カウンセリングを通して理解してほしいと思います。

ですからパパさんが子育て、マクロビ、、、さまざまなことに奮闘なさるようすをご紹介しつつ、私も学んでいるといった次第なのです。

鬼親もいるかもしれない。でも親だってこうやって考えながら日々奮闘してるんだよねえ、あなたの親御さんだってそんなときあったよ、きっと。

そんな思いです。
22. Posted by macrobi papa   January 15, 2008 18:33
ももこさん、こんばんは。
テレビは、見ていても、いなくても、情報がどんどん意識下に入ってきます。
注意して見ないと、けっこう入って来ているように感じます。

そういえば、テレビを捨てるという技もありますね。
もうざっくり行ってしまうというのも、アリかもしれません(笑)。

23. Posted by macrobi papa   January 15, 2008 18:36
サイコさん、こんばんは。
僕もいろいろトラウマがありますので、分かるような気がいたします。

昔、父親を「あんなやつは嫌いだ」と話していた若い女性がいました。
でも、子供を愛していない親はいないと思うのです。
ただその伝え方が、不器用なだけ。

親になって、僕にもそのことがやっと分かりました。
なんどでもやり直せますものね。
24. Posted by yu&io&asu mama   January 16, 2008 02:41
papaさん、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします…ということで約1ヶ月ぶりにPC開いたら、なんとタイムリーな話題!!!お正月明けから我が家の長男と話していたことです。
皆さんの意見、大変参考になりました。以下、我が家の場合、です。

長男は2年生。もちろん、周りのみんなはDS持ってます。
もともと好きなことは読書、積み木などの製作系、サッカーのシュミレーションなど。そして兄を愛してやまない次男4歳は、もちろん兄と同じ遊びで毎日を過ごす…という、親にとってはありがたい遊び方をする息子達でした。
(→次へ)
25. Posted by yu&io&asu mama   January 16, 2008 02:43
このお正月、従兄弟達と一緒に過ごしました。彼らはDSを持っていて、いろんな遊びも一緒にするけど、やっぱり長時間ピコピコピコ…意外にシャイで「やらせて!」と言えない長男と、兄と同じ行動をとる次男。我が家の二人は稼動中のDSをずっと横から、それも楽しそうに眺めていたのです。
あれは欲しくなるよなぁ、とパパと話していたら、やはり帰ってきて「僕も欲しい」
Jリーグの年間パスポートは?劇団四季は?とこれまでDSに勝っていたものを挙げますが、今回ばかりは無理そう…

パパもママもゲームがいけないとは思わない、楽しいことも知ってる、ただゲームに操られるのはいけないと思うよ、お約束を作ろう、1日30分、自分で守ろう 弟も一緒に遊ぶ お友達と遊ぶ時ゲームだけにしない い笋蕕覆韻譴个覆蕕覆い海函△修了にしかできないことをきちんと考える セたないお友達への優しさを忘れない
(→また次へ)
26. Posted by yu&io&asu mama   January 16, 2008 02:44

お誕生日(7月)プレゼントでいい、というのですが、娘が生まれて2ヶ月、一生懸命がんばってくれたので、買ってあげるつもりで下見に行きました。もう手に入る!という一つのヤマを超えたせいでしょうか、帰ってくると「やっぱりお誕生日は旅行にしようかなぁ」なんて言い出しました。
で、パパと「まだ代わりが利きそうだ、もうしばらく泳がせよう」という結論になってます(笑)

でも我が家も、一度与えて、欲求を満たしてあげて、ハマって、その影響に自分で気づくのも必要じゃないかって思っています。もちろん制限は設けてあげなければならないでしょうが。
また半年後くらい、お友達や従兄弟のDSを眺めた頃、同じテーマの家族会議が持たれる事でしょう…

長くなってすみません。
27. Posted by macrobi papa   January 16, 2008 23:13
こんばんは、yu&io&asu mama さん。
コンピューターを最終的に与えるといった点では、僕は賛成しています。
ゲーム機に比較的なじんでいる人は、パソコンのスキルが成長しやすいようです。
パソコンの「ネィティブ」みたいな感じでしょうか。

グランディングという考え方があります。
スピリチュアル(精神性)が高まると、現実世界での自分がおぼろげになることがあるそうです。
きちんと大地に根ざした体の使い方(グランディング)をすることで、よりスピリチュアルなエネルギーを高めることが出来るんですね。

インターネットと現実世界も同じようなものだと思うのです。
現実の自分をしっかりと生きながら、インターネットを使えば、パソコンは魔法の箱です。

大切なのは、ゲームを持ったとしても、それを自分でコントロール出来るって、ことなのかもしれません。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔