October 21, 2007

井戸端会議@こだま荘(心に効く!)

こだま荘井戸端会議。いろいろなワークショップがありました。
美味しいものもいっぱいで。
お菓子を作ってきた人もいたのですが、正直プロ顔負けです。

2日目のラウンジでは、スイーツの料理教室をやっていて、
途中から参加したんだけど、これも結構面白かった。
講師役は「レイハネ」さんと「いさお君」のコンビ。

料理教室カレー








レイハネさんの『中近東風サフランの玄米プディング』は、簡単な作りやすいレシピですが、とっても新鮮な発想で美味しかった。
サフランて、マクロビであまり使ってなかったから、いろいろ出来そうですね。


いさお君は・・うーんなんと云うか独特な人だから。


いさお君はね、浅草合羽橋の製菓道具店2代目。
不思議な男です。
その彼がシュークリームと呼ぶ、不思議なお団子。
不思議な美味しさなんですね。


何よりも「いさお君らしい」と思ったのは、お団子を蒸す段階で、
あり合わせの道具で『蒸し器』を作り始める。
中華鍋に菜箸を2本渡して、寿司の巻きすを敷く。
その上に嬉しそうに、お団子を並べる彼。
演出で面白くしようとしているのではなく、本当に今『蒸し器』作っているの。
お客さんも「あの大皿、ふたに良いんじゃない?」なんて楽しそう。

あ、これで良いのか・と思いました。

僕が料理教室やるとなると、徹底的に準備をする。
前、マクロの店でやろうと計画があがった時は、都内の料理教室の傾向のリサーチとかやっていました。真面目な父です。
石橋を叩きすぎちゃう。
結局、先延ばしにして今に至る・・だったのですが。

あんまりきっちりテーマや枠を作ってやっちゃうと、面白くなくなってしまう。
いさお君みたいに自然体で、みんなと作ることを楽しむ料理教室が開けたら良いなぁと思います。

僕が一番伝えたいのは、料理は楽しいっていうことだから。


マクロビオティックは、使ってこそ価値のあるものです。
いろいろ調べてたくさんの知識を用意しても、得てきたの経験にはかないません。
笑ったり、泣いたりして見つけてきたものが、自分を助けてくれる。
だからどんどんいろんなことに挑戦して、経験を積みたい。

他の誰かのようにはなれないけれど、自分らしいものがどこかにあると思う。

こだま荘に行くまで、いろんな意味でヘトヘトだったけど、
皆さんと話す中でいろんなものがつながって、
少しづつ「やりたい!」エネルギーが沸いてくる感じするんです。

いろんなこと、やってみます。
僕にしか出来ないことを探してみたいと思うのです。


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ふにこ(北の人)   October 21, 2007 13:53
楽しそうな雰囲気が伝わってきますね。

>石橋を叩きすぎちゃう
あはは。
でもそれもパパさんのいいところだと思うのですよ。

パパさんのつくる「もの」、楽しみにしてます。
2. Posted by macrobi papa   October 21, 2007 17:28
ふにこさん、ありがとう。

料理人の仕事って、大変だけどやりがいがあります。
いろいろ辛いこともあったけど・
もう昔を振り返るのも十分やったと思うのです。
手放して、その経験だけを持っていきます。

僕、自分で店をやろうと思う。
そしたら食べにきてくださいね。
3. Posted by lucia   October 21, 2007 19:11
こんばんはぁ

ふにこさんへのコメント♪
なんか良いですね♪
思わず微笑んでしまいました

わたしもお邪魔させてくださいね
4. Posted by そうじブルー@ルパ   October 21, 2007 23:42
なんと!レイハネさん、こだま荘にいらしたのですか。
レイハネさん、いさおさんのお料理食べてみたかったです。
こだま荘、いろいろなパワーが集まるところなんですね。

う〜ん、行ってみたい。

やりたいこと行きたいとこ、会いたい人がいっぱいで、困ってしまいます。
papaさんのお店も開店されたらうかがってみた〜い♪
5. Posted by banbino2   October 22, 2007 12:34
パパさん、以前から拝見していて、はじめてコメントします。
以前からとてもよかったけれど、今回の記事では、自然に何かに向かっていく感じが伝わってきて、こちらまでうれしくなりました。
がんばりすぎず、でもがんばってください!
お店楽しみにしています。
どうか、パパさんの、まじめなところ、研究熱心なところもそのままで!

(自分のブログにリンクはらせて頂きます。どうぞよろしくお願いいたします)
6. Posted by macrobi papa   October 23, 2007 06:43
Lusiaさん、おはようございます。

いろんな人に支えられて、頑張れます。
うん、すごく幸せなことです。
7. Posted by そうじレッド@パパ   October 23, 2007 06:50
レイハネさん、ほんわかと周りの人を包んでくれるような気の持ち主です。
いさお君の不思議ワールドと妙にバランスがとれてて、
居心地が良いというか。

僕、店をやることでただ料理を作るだけじゃなくて、さらにいろんなことに取り組むための場所にしたいと思っています。
あ、でも、おいしいご飯も作ります。
8. Posted by macrobi papa   October 23, 2007 06:57
banbino2さん、はじめまして。
リンクありがとうございます。
とても嬉しいです。

僕には、いさお君の自然体をそのまま出すっていうのが出来ないと思う。でも、真似しなくても良いのかなと思いました。
僕は僕、ですものね。

9. Posted by いくえ   October 23, 2007 23:46
今日、仕事でこだま荘に行きました!
焼きたてのパンと優しい味のするスープを用意してくださって、とても嬉しかったです。大切なことを思い出させてくれる場所でした。
パパさんのお店、とても楽しみです。ご一緒させていただいたのは短い間でしたが、パパさんからは色々今も学んでいます。
10. Posted by noppo   October 24, 2007 01:43
こだま荘楽しそうですね。
あの、まなさんという人にココを教えちゃいました。こちらでマクロビをしているそうで…。ココに遊びに来た際は宜しくお願いします。
あ、そうじ戦隊のフランス支部クリーンスケルトンに志願したいのですが…。
ではでは。

11. Posted by そうじイエロー@レイハネ   October 25, 2007 13:43
パパさん、こだま荘でお会いできて とても光栄でした。
そして記事にしてくださりありがとうございます。
まさか、自分の名前がパパさんのブログにでるとは!
肝心の自己紹介をせずに終わらしてしまったことが悔やまれます。。。
料理教室とは、とてもとても云えない拙いものでした。(というか、○○○○○のおしゃべりクッキングみたいでしたね)
あそこにいらした皆さんが私たちを心で受け入れてくれて、味わってくれたからこそ成立したことでした。
本当にありがとうございます。
いさお君の自然体のおかげで、私も肩の力を抜いてゆる〜くできました。

そうそう、グランディングの先生がおっしゃってました。
「グランディングすることで、想いが現実化する」と。
パパさんの夢がいつか現実化することを心から祈っております。
12. Posted by macrobi papa   October 25, 2007 22:21
いくえさん、お久しぶりです。
こだま荘に行かれたのですね。

僕の方こそたくさんのものを頂きました。
来年はそれを少しずつ形にしていきたいと思うのです。
また会いましょうね。
13. Posted by macrobi papa   October 25, 2007 22:25
noppoさん、こんばんは。
そうじスケルトンでよろしかったでしょうか。
入隊10人目です。ありがとうございます。

フランスにお住まいですか?
素敵です。今、弟がそっちで修行中です。
背の高い、お調子者です。
見かけたらよろしくお願いいたします。
14. Posted by そうじレッド@パパ   October 25, 2007 22:28
イエロー@レイハネさん。こんばんは。

僕があんまり話すの苦手で、皆に遠慮させてしまいます。ごめんなさいね。
誰とでも3秒で友達になれる息子が羨ましいです。

次お会いする時までに、もうちょっとその辺なんとかします。

お会いできた時間、とても楽しく過ごしました。
ありがとうございます。
15. Posted by macrobi papa   October 25, 2007 22:47
noppoさん、自分のコメント読んでて思ったのですが、
ひょっとして・・いえ、何でもありません。
やっぱりいいです。
16. Posted by noppo   October 30, 2007 00:43
弟さんに会いました。
頑張ってましたよ。たくさんの人に支えられてなんとか生きてる感じです。
お店楽しみにしてます。ではでは。


17. Posted by macrobi papa   November 01, 2007 20:49
そうですか。うん、良かったです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔