October 04, 2007

三つのこころ

最近、どうしても塩の角が取れません。
なにを作っても、僕の味付けが尖っているの。

皆は美味しいって、云ってくれるけど・
何度やっても上手くいかない。


僕はそれを調味料のせいだと思いました。

今僕の働く環境には、粗末な食材しかありません。
今時、塩化ナトリウム99%の精製塩なんて使わないでしょ。
一番安い醤油、カツオだしの入った味噌、混ぜ物たっぷりの調味料たち。
冷凍でカットされた野菜と、鮮度の低い・・輝きのない生野菜。

僕が子供を保育所に預けながらできる仕事を探したときに、
この店のメニューには玄米がありました。
だから素材にも気を使うかなと思いました。
でも白米に胚芽米をちょっと入れたものを玄米ごはんと云って売っていたの。

・・ため息ばかり。

嫌だからって、辞めるのは簡単なのかもしれません。
しかし、自分の理想とする仕事は今僕の廻りにありません。
多分辞めても同じような仕事が待っている気がします。
そういう風に神様がしているんじゃないかなぁ。

この店に呼んで、ここに足止めする理由・・
神様、こんなところでなにを学べっていうの?

諦め半分で、無い無い尽くしにため息をつきながら鍋をふるいます。
本当は分かっています。
迷いのある味付けは、そういう気持ちで料理を作る僕の心、そのまま映してる。


禅の修行では、料理を作ることも大切な修行とされています。
その心構えを教える禅の言葉に「三心さんしんというものがあると教わりました。
三心とは、三つのこころ、「喜心」「老心」「大心」を指します。

「喜心きしんとは、喜びのこころ。
禅の修行を始めたばかりの若い修行者には、料理の仕事は面倒な裏方仕事で、お経を読んだり、座禅を組んだりしてたほうが、格好が良いように思えます。
しかし料理もまた大切な修行です。
他を生かすことは、自分を生かすということ。
食べてくれる人の笑顔を想いながら、与えられた材料で工夫し、
今自分にできる最大限の努力をする。
そのとき、自然に料理を作る仕事にある喜びの心が生まれます。

「老心ろうしんとは、相手の身になって考えるこころ。
どうしたらもっと美味しくなるだろうか?
どうしたらもっと見栄え良く仕上がるか?
どう盛り付けたら、もっと食べやすくなるか?
それを追求する工夫こそが、『精進しょうじん』の心とされます。

「大心たいしんとは、迷いなきこころ。
些細なことで心を惑わされず、初心を忘れず、
常に向上心を持って料理に取り組みます。
気が向いた時だけ丁寧だったり、良い材料の時だけ張り切ったりでは、ダメなんですね。

仏の道を志す彼らは、材料の善し悪しに関わらず、どんな食材に対しても深い感謝と敬いの念を持って料理に取り組みます。
物の命すべてを生かして、無駄なく使い切ることが料理。
一杯の汁の中に、自分の命も他の命も生かしていこうとする禅の心。

食材の質がどう、やりたくない仕事がどうなんて、
すごくちっぽけで、つまらないことのように感じました。
料理するって、ホントはすごく楽しいこと。
僕はこの仕事、好きです。

大丈夫。明日はにっこり笑って、鍋がふれる。
『3つのこころ』を巡らせて、料理が作れるよう頑張ってみます。


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by rurikoi   October 04, 2007 07:20
気が付きましたね。
でも もうひとつあるんですよ。
早く寝ること。生活時間をおひさまに合わせること。疲れた頭と疲れた心では 塩がとがってしまいます。むずかしいですよね。
2. Posted by マクロ美風   October 04, 2007 09:04
きっとpapaさんがそこに足止めされている理由は、「技を磨く」ことではなく「心を磨く」ことなんですね。
そんな「場」を得られたpapaさんの今後が楽しみです。

私も、「心を磨ける」チャンスを多くの方々からいただいています。
そんなご縁を大切に生きて行こうと思います。
3. Posted by みい   October 04, 2007 10:34
素敵なお話のおすそ分けをありがとうございます。
4. Posted by fujitamanegi   October 04, 2007 22:24
はっとしました。
私も、ここのところ尖ってます。
おかれた環境や、取り巻いている全てのものへの感謝の心を忘れてた・・・かもしれません。
気づかせてくださって、ありがとうございます・・・。
5. Posted by    October 05, 2007 08:34
私の友人にも似た状況の人がいます。
彼女はオーガニックの食材を食べるベジタリアン。

学校の購買での仕事なんですが、お昼は油っこいパイや肉とマーガリンたっぷりのサンドイッチなど。モーニングティーやアフタヌーンティーにはチップスやアイスクリーム。ジュースも水以外は砂糖と着色料と香料の塊!毎日子供たちが買うんですよね。震えるくらい酷い食事よって言ってました。
でも、すっごい仕事は楽しくでやめたくないのって嬉しそうに言います。

政策によって、来年から油と砂糖などの規定が厳しくなります。今売ってるもので、その規定に合うのは水くらいなんですって。

ジャンクフードが大好きで、健康なんて無関心の学生たち。来年どうなるのか楽しみです。
6. Posted by Lily   October 05, 2007 12:23
マクロビオティックの食事は食べると気持ちが落ち着きます。ほっとします。マクロビスイーツも。精神的に一度ストイックになってしまったけど今は広い視野で器を大きく、精神で向き合っています。でも何かひっかかる・・・。勤めているパン屋さんのオーナーにお菓子作れるんだったら置いてあげてもいいよって嬉しいことを言ってもらいました。ありがとう。でも普通の材料のパン屋さんです。私はマクロビスイーツを作って置きたいんですがなんだか怖いです。マクロビカフェやそんな所において貰えるってなるとお客さんもマクロビ知っているから気が楽なのですが。ポジティブな考えになりたいです。macrobipapaさん、コメントされているみなさん未熟なLilyにコメントください
7. Posted by macrobi papa   October 05, 2007 23:22
コメントありがとうございます、皆さん。
上手くいったり、いかなかったりで、何とかやっています。試食で食べるので、ちょっと体が重いのが難ですが。

Lilyさん、マクロビオティックはポジティブシンキングのひとつ先を教えてくれます。
僕はネガティブでも良いんだって思うんですよ。
怖いって気持ちも大切だし、失敗しなければ学べないこともあります。
迷うなら、どーんと行きましょう。
8. Posted by Lily   October 06, 2007 15:13
「迷うなら、どーんと行きましょう」
この言葉をもらって、やる気がでて前向きになれました本当にありがとうございます!
「ポジティブシンキングのひとつ先」は具体的にどう言うことかなぁ?
9. Posted by keitan49   October 06, 2007 16:16
papaさんへ

この黒猫ちゃん、最高に面白いです、家内が珍しく
ちょっと来てごらん、『可愛い 可愛い』の連発です。あきませんね。看護婦たちにも大人気です。
家のシマは年をとり、茶目っ気がなくなりました。
この猫ちゃん、『終身名誉ペット』にしてください。
10. Posted by macrobi papa   October 07, 2007 08:45
おはようございます、Lilyさん。

ポジティブシンキングのひとつ先って、善悪の価値観をはずして、物を見るということです。

これ、実際にやってみるとすごく難しい。
あれは良い、悪いで判断するように、子供の頃から習慣づいているからかもしれません。

「原因と結果の法則」という記事でそれについて書いています。そのうち違う形で書きますね。
11. Posted by macrobi papa   October 07, 2007 08:47
keitan先生、ありがとうございます。
終身名誉ペットにします。

彼は僕のブログの「癒し」担当です。
子供にとっても人気があるんですよ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔