May 28, 2007

あるGAYAの1日 1)なんとか草

珍しいもの好きなボス(社長)が、
「こんなん売ってたよ」と、持ってきた小さな袋。
発芽した豆の塩漬け(?)のようなものが、中にいっぱい入ってる。

「『なんとか草』って、云ってたなぁ。忘れちゃった」とボス。

うーん、僕も見たことないし、聞いたこともないな。
もやしの塩漬けかなぁ・・と、とりあえず塩抜き。

すると・・・



みず









どーん、なんだこれ。
豆、ヒゲ、豆、ヒゲ、豆って、数珠(じゅず)つなぎ。

「みんな、大変だ。これ『もやし』じゃないぞ!」

なんだ、なんだと、一同が集まる。
とりあえず、毒味は僕。

「うん、小さい梅干しの味。かりかりしたヤツ。しょっぱい」
・・でも、名前が分からなくては、売りようがない。


手に巻いて、ブレスレットにしてみる。悪くない。

「そういえばカウンターに、日本酒飲んでる
 お客様いたよ。これ、お酒に合うんじゃない?」って、案が出た。

良いじゃん、良いじゃん。そうしよう。

「でも、『なんとか草』じゃ、出せないよね」

そら、そうだ。
うーん、はい、じゃあ、名前公募します。

「だまだまちゃん」 ・・却下。
「ブレスレット草」 ・・はい、却下。

「ムラサキ数珠草」 ・・うん、採用。


こうした一連の展開で、カウンターのお客様に、正体不明の植物の塩漬けを出すことになったGAYAスタッフ一同。
アンティークのガラス鉢に入れたら、良い感じです。

「いらっしゃいませ。お酒飲んでらしたので、
 良かったらこちらを・・」

以下、カウンターのお客様の談。

「あ、『みず』ですね。
 これ、秋田の山菜でしょう。
 このまま食べても、美味しいけど、茹でて、包丁でよーく叩くと
 粘りが出て、良いんだよねぇ。
 そこに、粉入れて、団子にして揚げたのが、
 まーた、美味しくってサー。」

「はい、そーです。そーですよねー」
と、ひたすら相づちに徹するスタッフ一同。

いやあ、良かった。余計なこと云わんくて。

みずゆがく









とりあえず、茹でて、叩いて、
お団子にして、揚げた。

みずだんご









命名、『みずだんご』。

すでに、カウンターのお客様は帰ってしまって、みんなで食べてみました。

「あ、美味しい、これ。潮の香りがして・・」


だから、山菜だって(笑)。



トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ちづ   May 28, 2007 11:24
http://www.ic-net.or.jp/home/ds-chizu/tokusmizusansai.htm
こんにちは。私が子供の頃は↑こんな感じだったんですが同じものでしょうか?粘ってたかな・・・?
むかご、が付いてるんですね。「うわばみ草」と言うらしいです(^^)
2. Posted by パパさんファン   May 28, 2007 12:57
はじめまして。先日、恵比寿三越でお弁当を買いました。パパさんが過労で倒れたということを聞きましたが、大丈夫ですか?
念願のガトーショコラも購入できて嬉しかったです。濃厚でいい感じですね!マクロのガトーショコラで久々においしいと思いました。お弁当もさまざまなおかずが味わえ、女子としてはこういうちょっとずつ感が嬉しかったりするのですよね。
改めてランチがなくなってしまって残念です。一人じゃ夜、行けないですから・・・
3. Posted by いちご   May 28, 2007 21:28
山菜も 色々な物があるんですね
『みず』って 初めて聞きました。
うわばみ草と言うのは 知っていますが
こういうものがつくんですね
きっと 秋になると伸びてきて それを塩漬けにしてとっておくのでしょうかね?

それにしても 名前がわからないのは 困りますよね ^^;
うちの職場でも 「なんだろう菜」とか
「わかんない菜」などと言う葉物が横行する時があります 
4. Posted by nori.   May 29, 2007 01:09
5月28日の月曜日、初めてお店に伺いました。
私は、油が摂取できないので抜きでお願いできませんかと無理な注文をした者です。
それに快く応じてくださったpapaさん、スタッフの方々、本当にありがとうございました!お料理は最高に美味しくて、嬉しくて。ぱくつきました。永遠に食べていたかったです、私は。(笑)

表参道から原宿駅への道すがら、私に付き合って油抜き仕様を一緒にもりもりたいらげてくれた友人(彼女は普通に何でも食べられるのですが)も「今日は良い日だったね〜。野菜ってあんなに美味しいんだ!すごいよ。」と感動。二人してちょっとした興奮状態でした。(笑)

我やさんは、素敵です。また必ず伺います。しあわせな時間をありがとうございました。
5. Posted by kebu   May 29, 2007 12:00
papaさん、お久しぶりです。
お元気でしょうか?

年明けから転職でバタバタしていました。
我やさんにも昨年末に行ったきり。。
野菜寿司が食べたいです。。近々伺います。

我やさんの、こんな風にお客様にサービス(実験?)できるホスピタリティ(おちゃめ?)あふれる皆さんが大好きです。(笑)

6. Posted by macrobi papa   May 30, 2007 02:21
情報ありがとうございます、ちづさん。

今日、恵比寿の三越に行ったら、「みず」を売ってる
地方から来た感じのおじさんが、デパ地下にいました。こんな感じの草もありましたよ。
7. Posted by macrobi papa   May 30, 2007 02:22
ははは、ハンドルネームが恥ずかしいです。

夜でもカウンター席がありますから、ひとりでいらっしゃる方、結構多いんですよ。
ぜひ一度お越し下さいね。
8. Posted by macrobi papa   May 30, 2007 02:24
こんばんは、いちごさん。

「なんだろう菜」「わからない菜」ウケました(笑)。
次はこの名前で行きます。
9. Posted by macrobi papa   May 30, 2007 02:26
こんばんは、noriさん。

喜んでもらえて何よりです。
楽しいとか、嬉しいとか、美味しいとか、
お客様が幸せそうにしているのが、僕たちは何より嬉しいですよ・
10. Posted by macrobi papa   May 30, 2007 02:27
こんばんは、kebuさん。

GAYAの裏方はだいたいこんな感じです。
好きとか云われると、照れるなぁ。
11. Posted by fujitamanegi   June 01, 2007 23:33
おひさしぶりです!

「みず」、ええ、よ〜〜〜く存じております。
私の実家では、地元弘前の母なる山である岩木山方面に山菜取りに出かけるのですが、その際、束にしてとってくる山菜のひとつです。
こちらでは、多少訛りが入って「みじゅ」のような発音になったりします。
「みず漬け」といって、塩適量と細い短冊に切った昆布と赤唐辛子のみじんに切ったのを合わせて、ひたひたよりちょっと少なめの水を加え、1〜2日漬けて食べます。
あとは炒めものかな。皮を剥いて3〜4cmくらいに切って炒めるのです。醤油と胡麻油で。
結構なんでもアレンジができる山菜ですよ〜。
12. Posted by macrobi papa   June 02, 2007 12:48
こんばんは、fujitamaさん。
子育て楽しんでいらっしゃいますか?
僕は最初の子のとき、かなり苦戦してました(笑)。

ミズが、普段食べられる環境って良いですね。
あれ結構、美味しかったからなぁ。
また手には入ったら、いろいろやってみるつもりです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔