November 13, 2006

栗ごはん

栗ごはんを食べると、
「ああ、秋だな」なんて、しみじみと思ったりします。

秋刀魚や日本酒で同様に感じる人もいるけど、僕の場合『栗』。
というわけで、今日は<栗ごはん>

タイトル














英語で<MARON RICE>って書くと、なんだか分からないや。

孤高のトレジャーハンターよろしく、新米の薫る湯気の向こうに、
黄金の栗を探し求める・・そんな週末。


 ■コロコロゴロリ■

大きな栗だけが、ゴロゴロ入っているだけの<栗ごはん>もありますが、
栗ごはんの栗は、1cm角くらいに小さく刻むのが基本です。

小さく栗を刻むことによって、栗は米粒と馴染みやすくなり、
ハシですくう<ひとくち>に必ず栗がひとつは入る。

しかしながら、中からゴロリと大きな栗の出てくる『幸せ』も捨てがたい。
そこで、2/3は小さく刻み、形の良い1/3はそのまま炊き込むことにしましょう。

これで、すべてのひとくちがコロコロ栗ごはん。
そして『ゴロリ』もある究極の栗ごはんが完成します。


 ■鬼皮と渋皮■

至福の栗ごはんを阻む、最大の強敵といえば
<鬼皮><渋皮>の二人兄弟でしょう。

どっちが兄だとか、弟だとかはこの際問題ではなく、とにかくしぶとい。
皮を剥くための鬼のような手間は、
「今日は栗ごはん作るゾー」という勢いを、失墜させ、再起不能にさせます。


インターネットにこういう一文がありました(↓)。

「一晩水に浸けると鬼皮はスイスイと剥ける。
 それを水と一緒にすり鉢に入れてグルグル回すと、渋皮も簡単にとれる」


おお、素晴らしい!ホントかどうか、すぐに試してみ・・・

  (ページの都合のため中略)


・・んぜん、剥けない。全く剥けない。完璧に剥けない。無理。
僕のやり方が違うのか?

いや、少なくても『簡単』じゃないし、『スイスイ』じゃない。

うーん、分かりました。
じゃ、僕のやり方で。

 ■一子相伝・栗の皮むき■

栗浸水鍋
まず鍋に栗を入れて、
ヒタヒタに水を張ります。
フタをして火にかけ、沸いたら
火を止めて30分以上そのまま置いておきます。



しっかり固定知り落とし







お尻の固いところを、バツンと切る。
後は手で『スイスイ』と鬼皮が剥けます。

栗の表面には軽く火が入っているので、芋の皮を剥くのと同じように
『簡単』に包丁で渋皮が剥けます。

剥き栗







どう?『スイスイ・簡単』でしょう?
栗が割れやすいのが、難点といえば難点。
でも割れたのは小さく刻めば良いし、形の良いところが1/3あれば良いんだから
大丈夫。大丈夫。


 ■あとは炊くだけ■

玄米たっぷり4合。
栗は一袋、赤いネットに入っているのが、だいたい1kg。
3Lサイズの大きいのを使います。

玄米はしっかり吸水させて、圧力鍋でふっくら炊きあげます。
吸水させた玄米。水を切って水4合、やや少なめ。
塩小さじ1/2。
昆布5cm角、一枚。

セット







栗は2/3がコロコロ。1/3がゴロリですよ。
玄米と水を入れたら、その上に栗をのせるのがポイント。
混ぜちゃうと、美味しく炊けません。

というわけで、炊きあがりました<栗ごはん>。
重ね煮の味噌汁も、ホッコリ作りましょうね。

完成








栗ごはんのある食卓に、おかずはほとんど要りません。
ただひたすらに、栗ごはんを食べるべし。

コロコロゴロリと、ついつい3杯飯。

この国に生まれてホント良かった・と思う、今日この頃。


vegetus at 03:02│Comments(9)TrackBack(1)clip!れしぴ 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 栗きんとんも美味しいけど  [ 豆知識 雑学うんちく館 -豆知識を得たい方は必見 ]   November 13, 2006 21:39
栗に関する記事を更新しました。ご興味がありましたら是非ご訪問くださいm(__)m。尚、トラックバックは大歓迎です。

この記事へのコメント

1. Posted by    November 13, 2006 05:51
めちゃたべたい。
栗大好きです。

季節が逆なので、あと半年待つのかぁ。
長いなぁ。

でも、イチゴやブルーベリー、コーンなどがこれから出てくるから食べさせて頂こう!
って、カメラ壊れてるからブログに載せれないけど、、、。

井戸端会議の料理も楽しんで作ってくださいねー。
私もいつか、、、。
2. Posted by 和子   November 13, 2006 08:53
美味しそうな栗ご飯です.私の母も同じ剥き方を教えてくれました.それでも剥いた後では手がこわばった感じになるのは、美味しい栗をたくさんいれようと頑張った証し(?)です.

今年此方では栗が不作でした.柿もでしたけれど、栗もなりませんでした.それで仕方無しに甘栗を炊き込みました.これはこれで結構美味しい甘栗ご飯でした.剥くこともなく簡単ですが、味の違いと色の違いはカバーしようがありません.そろそろサツマイモが出てきたので、甘栗とサツマイモで炊いてみようと思います.
3. Posted by ちゃんじゃ娘・・・。   November 14, 2006 02:24
はじめまして…☆
調べ物をしていたら、このブログに出会いました。
もしやPAPAさんは、あのPAPAさんカナ…?!
レシピなど、すっごく分かりやすいですね!
色々と作ってみたいと思います♪
ちなみに、ワタシも栗ご飯大好きです!

4. Posted by macrobi papa   November 15, 2006 02:38
こんばんは、舞さん。

コンピューターが発達して、映像に料理の香りが付けられる日が来るよう祈ります。
または、どこでもドアで、ケータリングサービスとか・・

ニュージーランドでも栗が採れるのですね。
季節が逆というのは、不思議な感じです。
5. Posted by macrobi papa   November 15, 2006 02:40
こんばんは、和子さん。

さつまいもごはんは、白醤油をちょっと垂らすのが好きです。秋はごはんが美味しくて、幸せです。

6. Posted by macrobi papa   November 15, 2006 02:42
こんばんは、ちゃんじゃさん。

いつもご贔屓に。
こんなところでお会いするとは、世の中狭いですねぇ。
面白い記事を書けるよう、日々精進しています。
また、遊びに来て下さいね。
7. Posted by ごまピン   November 15, 2006 12:56
Papaさん、はじめまして。
ごまピンと申します。
以前から拝見していたのですが、栗ご飯がとってもおいしそうだったので、思い切ってコメントします。

栗好きとして、まるまるの栗も食べたいし
崩れてご飯になじんだところも、すごく好きだし
わたしはいつも迷いつつ半分に切って、ごろごろ入れて作っていました。

栗の剥き方も参考になりました。
来年また栗ご飯をつくるときに、ためしてみますね!
これまでは、くりくり坊主という栗剥きはさみで
せっせとむいていました。包丁で向くよりは
楽なのですが、やはり時間がかかります。
1ネットの栗をむくのに2時間とか3時間・・・
でも栗はそのおいしさで、苦労にきっちりこたえてくれますよね〜。
8. Posted by macrobi papa   November 16, 2006 01:18
はじめまして、ごまピンさん。

ホントはこの栗ごはん作ったの、9月なんです。
栗は「はしりの時期」が一番美味しいと思います。
虫も食ってないし。

なかなかタイムリーに記事が書けないんですよ(笑)。

【くりくり坊主】は気になっていました。
でも結構、値段が高いですよね。
9. Posted by さとぴん   October 19, 2011 20:01
こんにちはpapaさん、はじめまして。
先ほどニュージーランドからという方がいましたが、
私はクロアチアから検索しています。
ここにも栗があるんですよ〜。
毎年栗ご飯をつくっては、やっぱり私も日本人でよかったな〜と思うんです。
今年は初めて玄米で栗ご飯を炊いてみようと思い、papaさんのレシピ参考にさせていただきます!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔