August 20, 2006

楽園

夏休みは、マクロビ温泉<こだま荘>に2泊し、韮山の農園に行ってきました。

タイトル高橋農園














伊豆韮山(にらやま)の山の上にある自然農園です(↑)。

畑に登ると、燃えるような力強い<緑色>が、夏の日差しの中で、
まぶしいくらいに目に映ります。


都会に長く暮らしていると、こういうところを「楽園」と、
呼んだりしたくなるものですが、
山の上のこの土地を守り続けるということは、
とても大変な苦労があったのでしょう。

ここは、とても美しいところです。


この広い畑は、農園のご主人ほとんどひとりで手入れされています。
畑にはたくさんの種類の野菜たちが植えられていて、無農薬有機栽培で育てられています。

以前、出産祝いに農園の野菜を頂いてからというもの、すっかりこちらのファンでした。型は、不揃いで小さいのですが、味と香りがぎゅっと詰まった、大地の恵み、そのもの。
この美しい農園を子供達に見せてあげたいと思いました。

ここでは<植物の命>を感じることが出来ます。

野菜達は、太陽に見守られながら大地に花を咲かせ、実を結び、
その命が私たちを生かせてくれます。

・とは云うものの、街に住む私たちには、それを実感する機会がありません。
お店に並ぶ野菜に触れるだけでは、そうしたたくさんの目に見えないもの、
命に感謝するということを感じられないように思ったのです。


オクラの花







きれいな花でしょう?
これ、オクラになるんですよ。


トウモロコシ畑でキスをして姫







子供達にはとても良い環境。
空気は良いし、野菜も美味しい。近くの崖からは天然の粘土も採れる。

畑で野菜を収穫して、みんなでスイカ割りもやりました。
あの自然児のスイカ、固くて棒をはじき返すの。
でも、甘くて美味しかったなぁ。


その後、みんなで玄米のおにぎりを食べました。
うちの姫は、置いてあった<シュタイナーの人形>が
気に入ったみたいで、あれこれ世話をやいています。
やっぱり女の子だね。
いつもはお兄ちゃんのプラレールとかにしか興味を示さない、姫。

えっ欲しいの?うーん。

【ヴァルドルフ人形】はシュタイナー教育で重要な意味を持つ人形。
あれ、基本的に自分の手作りじゃないといけないんですよね。

「手作り」か・人形は作ったことないな。
いっちょやってみますか。

なにはともあれ、今回の旅はいろんな<気づき>を頂きました。
料理人として畑に触れられたのも良かった。
より心をこめて料理に打ち込めます。


ご主人は、土の人。
温厚さの中に、「大地と共に生きる」・そんな力強さと信念を備えた人。
そんな生き方が、僕の目にはとてもまぶしく映るのです。


<お願い>
この広い農園をご主人ひとりで手入れされています。
どちらの農園か特定できないようにしてありますが、もしどこか分かっても
突然押しかけることの無いようご配慮をお願いいたします。



トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by lucky   August 21, 2006 19:28
我が家にも、私の手作りのシュタイナー人形があります。娘の友達が来ると必ず皆それを手にして、持って帰ろうとします(笑)
やはり、何か惹かれるものがあるのでしょうね。

papaさんが人形作り・・・楽しみです。

2. Posted by AORINGO   August 21, 2006 21:39
私も8月のはじめに家族でこだま荘に行ってきました♪
こちらの農園にもお邪魔させていただきました☆
とても温かいご家族ですよねぇ。

野菜も収穫させていただいたんですが、人参嫌いの息子が人参食べたい!といって、生のまま食べたんですよ!!!主人もびっくりしてました。
やっぱり、作った人がやさしいと、お野菜もやさしいお味になるのですね。
いつも食べている無農薬の野菜も、とてもおいしいのですがやっぱりその場で収穫して食べるとおいしさ倍増!でした。
3. Posted by macrobi papa   August 22, 2006 01:26
こんばんは、luckyさん。

手作りで作られたことがあるのですか。
素晴らしい!

分かんなくなったら、聞きにいっても良いですか?
4. Posted by macrobi papa   August 22, 2006 01:29
こんばんは、AORINGOさん。

実は同じ日にこだま荘にいたんですよ、僕。
ご挨拶できなかったのは残念です。また今度。

やさしい味の野菜、あんな野菜を使って店で料理を作れたらと思うのですよ。
5. Posted by サラママ   August 30, 2006 11:39
私も先週末、こだま荘初体験してきました。こちらの農園の見学もしてきました。

子供にとっての楽園。。。ほんとにそうでした!
田舎のない私にはまぶしすぎる憧れlifeです。
泥んこ状態でコーンにかぶりつく子供らが羨ましくて、真剣に、娘をポロっと落としていこうかと思いましたよ。母に止められましたが。
そうはいっても、自然との闘いですよね・・・その苦労は私には想像できません。

こちらの農園で育つ力みなぎるお野菜、定期的に取り寄せしたいなぁ。
6. Posted by macrobi papa   August 31, 2006 01:48
サラママさん、同じことを僕も思います。

次はもっと時間をかけて農作業をお手伝いしながら、住み込みで働かしてもらえないかと真剣に考えています。
子供連れになっちゃうんですよね。

ご主人が大変になりそうで。
でも、こちらの農園のお野菜でいろいろなイベントを組んでみたいなぁ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔