August 17, 2006

指の先

息子@4才。
包丁で指の先を切りました。



ユウは、パパが料理を作っていると、手伝いたがります。
結構、彼は器用なので、上手に仕事をこなします。

包丁で切るのも、一生懸命やってくれます。
はい、ナス切って。うん。
はい、椎茸切って。うん。

でも、カボチャはまずかった。
堅いもんね。うん、パパが悪かった。


指を切って、見慣れない赤い血が出てきたのがショックだったらしく、
ソファに座ってグッタリしています。
あー、へこんでる。


もう、お手伝いしたがらなくなるかなぁ・


でも、しばらくすると戻ってきて
「血が止まったから、やる」といいます。
それがなんだか嬉しくて、頭をワシワシ撫でてやります。


危ないから「台所仕事」なんてさせなくても良い・という人もいます。
でも、やりたがるなら、お手伝いさせてあげた方が良いと思います。

子供は目に映るものを、吸収して自分の生命力の流れの中に同化させていくんですね。
お父さんやお母さんが、手を使って何かを作って見せてあげる。
それを映し、模倣することで、それは子供の一部になるんです。

食育といっても、特別に教えることは何もありません。
一緒に楽しんで作ることが大切であるように思います。


子供と一緒に作るごはんはホント楽しいですよ。
能率は悪いけど(笑)。


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by とことこ   August 18, 2006 06:49
私も時々子供に手伝いをさせています
子供も喜ぶのでできれば毎日やらせたいけれど
時間がかかりすぎるのは
困りますね。
公園へ行く時間がなくなっちゃって
それはそれで子供は不満そうです。
でもあれもこれもできないってば。
2. Posted by kawauso   August 18, 2006 07:52
むしろお父さん達が見ているところで練習して怪我しといた方が、また痛くならないように気をつける学習になるし、観察化だからすぐ対応できて良いですよね!
私の小学校でもそういう発想で、5年生ぐらいになると図工の時にものすごくデンジャラスそうな切り出し小刀を敢えて使わせて、角柱みたいなのを使って木彫りをしました。
毎年絶対クラスで1人2人流血するんです。
今だったら自分の手を切る心配だけじゃなくて、ほかの子を怪我させたらどうするんだ、というように父兄のみなさんが大反対しそうですけど、当時はそんなこともなく、私はいい経験だったと思います。
ちなみに私は大流血はしませんでしたがちょこっと指先ぐらい切ったような気がします。
まあ、それでもいまだにボーッとしてると包丁で指切っちゃうんですけどね(笑)
3. Posted by マクロ美風   August 18, 2006 08:48
ウチの息子もMy包丁片手によく台所に立ちました。
子供でも結構上手で、バカにできないものです。
盛り付けもとてもカラフルでセンスが良く、夫も感心していました。

子供が台所に立っている後姿って、すご〜くカワイイのよね〜。
papaさんは、あと2人分、こんな楽しい経験ができるんだね。
ウラヤマシー。

ユウくん、1年見てないけど大きくなったんだろうなぁ。
papaさんに似て、すごく大きくなりそうだネ。
会いたいなぁ。
4. Posted by lucky   August 18, 2006 19:37
うちの娘(4歳)も、以前包丁で指先を切りました。そのショックといったら、母親である私のほうが大きかったようです。しばらくは、思い出すたびに冷や汗が出ました。
娘は、指の傷が治ってしまえばケロッとしていて、また包丁が使いたいと平気な様子。
でも、包丁を持たせると「怖い〜」と、しばらくは逃げていました。隣で見ている私の緊張感が伝わるのでしょうね(笑)その証拠に私が落ち着きを取り戻してからは、娘もまた包丁が使えるようになりました。

子供の模倣は、目に見えるものだけではないそうです。親の考え方・生き方・その時の心持も見事に模倣していき、その子の価値観となっていきます。

もっと、肝っ玉の大きなお母さんになりたいです。
その点、papaさんはお手本に値する「どっしり、お父さん」って、感じですよね。
5. Posted by FUTAGOYA   August 18, 2006 22:51
はじめまして♪

頭をワシワシ撫でる いい光景ですっ。
台所でのお父さんとのあったかい思い出がずっと残るでしょうね。

我が家の下の子たち(5才)の通っているところでは鶉のお当番時に野菜を子供茶碗1杯分自分で切ってもっていくんです。6才になると野菜を持参し、当番の子4人でトントン青空の下で切るんです。
すごくステキでしょう?

危ない 危ないではダメですね。
体験していないと。

食べることは生きることですから、親子で並んでご飯つくるのってとってもいいですね。
そしてパパと子の組み合わせもステキです。
確かに能率は悪いけど(笑)
6. Posted by macrobi papa   August 19, 2006 00:55
こんばんは、とことこさん。

一緒に料理といっても、3才以下だとほとんど戦力になりません。早く大きくなって欲しいですねぇ。
でも、もう少し今のままでも良いような・

そうそう、子供と一緒の時は、おかず1品。
あとは味噌汁と納豆くらいです。
7. Posted by macrobi papa   August 19, 2006 01:01
こんばんは、kawausoさん。

久司先生お会いした話とか、エリックさんのスイーツ食べた話とか面白く読ませて頂きました。

包丁は手を切らないと上手くならないよ・なんて、先輩によく云われたもんです。
子供はちゃんと見ていれば、なにかと器用にこなします。
今回は僕の不注意でした。反省。
8. Posted by macrobi papa   August 19, 2006 01:04
こんばんは、ふうさん。

マンナカの姫は、台所のシンクに虫みたいに張り付いて、皿を洗うことを覚えました。
野菜も洗います。
とにかくシンクの中のものを、ひたすら洗います。

アライグマと同じレベルで・
9. Posted by macrobi papa   August 19, 2006 01:47
こんばんは、luckyさん。
子供が誇りに思ってくれる背中でありたいと思います。

最近、ユウは朝から「疲れたー」といっては、布団でゴロゴロして、目が合うとにやりとします。

ははは、それは誰の模倣だい?
10. Posted by macrobi papa   August 19, 2006 01:52
こんばんは、FUTAGOYAさん。
はじめまして。

>食べることは、生きること

食育をするに関して、いろいろな本を読みましたが、
「特に何もしない」が結論でした。
一緒に楽しく作るだけ。
必要なことは子供自身が見つけ、学んでいきます。

やっぱり、能率は悪いです(笑)。
でも将来子供が大きくなって、トントン美味しい朝ごはんを
作ってくれることを願って、時間の投資です。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔