May 29, 2006

子供の名前

世の中には、二通りの人間がいます。

「子供の名前をズバリと決めてしまう人」と「なんだかスゴク悩む人」。
僕の場合は、後者でしょうか?



 ■良い名前■

2人目の妹が生まれたとき、かなりの量の姓名判断の本を読み、
その蓄積されたデータから、最強の画数を持つ名前をはじき出しました。
(なんにでも凝る性格)

すべての条件で「吉数」、音も美しい。

もうこれで決定!と思っていたところ、
母の知り合いに<陰陽師・安倍晴明の末裔>という高名な先生が
いると云います。
せっかくだから、一度見てもらおうかと・

しかし、この名前は僕の自信作。
「ちょっとくらい悪いこと云われても、絶対変えませんよ」・なんて
思っていたんですよ。


そんなつまらない自信をくつがえすような、清明先生のお言葉(↓)。

「この名前だと、男性関係にだらしなくなりますね」

僕「すいません先生。その名前やめます(即答)」

自信とかそういうの置いといて、パパ的にそれは困る。
本当に困ります。ダメです。

「じゃあ、女の子の名前はどういうのが良いのですか?」

「あなたの名字なら、こちらがよろしいでしょう」
と、出された名前。

すいません、これ、奥さんの名前。

どうやら僕と結婚して、
彼女、最強の名前を手に入れてたらしい。


結局、清明先生を巻き込んで、
散々ミーティングを重ねてなんとかで、
とても良い名前を付けてあげることが出来ました。

さて、3人目。男の子。
母を通して、早めに清明先生に相談。
比較的、トントンと決まりました。

ははは、それでも結構悩んだんですけどね。


 ■悪い名前■

姓名判断は、命名に関するテクニックのひとつです。
漢字2928字に、ひらがな・カタカナを足して3000字以上。
名前を5つの組み合わせ(天格・人格・地格・外格・総格)に分けて、
漢字の画数を足していき、その数字の合計の吉数・凶数で占います。

これを【五格の数理】と呼びます。

すべての「格」が吉数という<完璧な名前>を送りたいというのが親心。
でも、それって本当に正しいのでしょうか?



これは先日のマクロビ井戸端会議で、Aさんから教わったこと。
(Aさんは、ブログ【Natural Magic School】を書かれている
 知る人ぞ知るスーパーブロガー)

Aさんは、名前の中に【22】の凶数を2つも持っています。
【22】は、<破壊数>という凶数で、忌み嫌われる数。
でも、彼は名前を変えません。

「なぜ悪い名前を変えないのですか?」
と僕が聞くと、彼はこう答えます。

「『吉数』『凶数』というのは、本当は『陽数』『陰数』なんです。
 大切なのはそのバランスだと思うのです。
 破壊と再生も表裏一体。
 何かを壊せば、そこに新しいものが生まれます。
 良いことばかりでは、人は成長することができません。
 悪いことも必要なんです」

いつも順風満帆な人生では、努力することを忘れてしまいます。
苦難があって、はじめて幸せを感じます。
悪いことがあっても良いんです。

<世界には善も悪もなく、ただ陰陽があるだけ>

陰陽を通して、物事を見ることの出来る人は、
「悪いこと」さえ自分の味方にしてしまうのでしょう。



追記:【Natural Magic School】は僕が勉強させてもらっているブログのひとつです。
非常にレベルが高く、僕も話についていくのがやっと。
でもより深く高い次元のマクロビオティックを学ばれたい方には
オススメします。


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by マクロ美風   May 29, 2006 10:19
papaさん、とにかくお名前が決まってホッとしましたね。
この記事には、いくつも笑えるところがあって、その中でも最高だったのは、「奥様の名前」でした。
モー、ブふっですよ〜。

それにしても、奥様のお名前がお子さんの候補にとはねぇ。
よっぽど、奥様とは強〜い絆で結ばれているってことですね。
ウラヤマシイ!!

Aさんのお言葉は、もう達観ですね!
実は、Aさんのこのお話には、まだまだ実例もあって、興味が尽きませんよ〜。
2. Posted by momocyoko   May 29, 2006 12:16
何だか奥深い話の流れに…さすが!名は体を表すと言いますが昔から名前には不思議な力があると考えられているんですね〜
小児科で働く看護婦の友人が10年位前 入院してくる重い病気の子には変った名前が多いんだよね〜
 と言っていました。聞いた時なんか怖いなぁって思ったのを思い出しました。最近は変わった名前多くなったからどうか分かりませんけどね。
Aさんのブログ難しいそうですが、深く学ぶ時は分からない位のレベルを一生懸命勉強するとある時ふっと全て理解できることってありません?なかなか持続してそこまで行き着けませんが(笑)
3. Posted by AORINGO   May 29, 2006 15:10
パパさん、こんにちわ!
私も5月14日の朝5時に、無事に次男を出産しました!
名前もやっと決まりました!
うちは長男の名前も次男の名前もちょっと変わってるかもしれないです・・・(長男の名前はマクロな方々に評判がいいのですが。)
長男の名前は私が決めたのですが、今回はだんなさんに任せました。ネットでいろいろ調べたらしくて字画はめちゃくちゃいいらしいです。
女の子の名前って悩みますよね。結婚して苗字変わっちゃうと、音的に変になっちゃったり・・・という私も旧姓が珍しい苗字(下品なお笑い芸人Eと同じ)だったので、平凡な名前をつけられてしまったのですが、結婚して苗字まで平凡になってしまいました・・・
息子たちの名前が変わってるのはその反動?かもしれないです。
4. Posted by 透鼓   May 29, 2006 22:57
こんばんは。
中学の時の先生が、二宮金次郎の例を挙げて、
自分の名前を輝かせるのは自分だ、と仰言っていました。
それとマクロビガーデンやマクロビカフェには、
キレイラでしたっけ? なんでしたっけ?
いいものも、悪いものもすべて0にしてくれる、
装置というか…何かあるんですけど、
いいものでも取りすぎると、結局、偏ってしまうので、
プラス・マイナス零にしようということなんですって。
あっ、それって、もしかして中庸ってこと?
色即是空もそうですよね?
5. Posted by 怪鳥   May 29, 2006 23:40
お名前決まったんですね〜。
おめでとうございます。

私は旧姓も今も凶の字画なので
ず〜っと気にしていたのですが
Aさんのお話は目からウロコでした。

達人はやっぱりすごいです。
6. Posted by はっぴぃでい☆   May 30, 2006 01:51
はじめまして。

子どもの名前には、親の思いが込められているのですよね。私の名前は、とてもありふれた名前ですが、早くにして無くなった父がつけてくれたのでとても気に入っています。
人生には山も谷もありますが、だからこそ平原にたどり着いたときに周りをゆっくりと見渡せるのですよね。パパさんのお子さんが、健やかな日々を過ごされますよう、恵みにあふれた人生でありますよう願っています。

追伸:先日、お店で写真を撮って頂きました。何度も撮り直してくださってありがとうございました。
7. Posted by macrobi papa   May 30, 2006 20:01
こんばんは、風さん。

Aさんと話すたびに、必ずひとつふたつの気づきがあります。次の井戸端会議が楽しみですね。

8. Posted by macrobi papa   May 30, 2006 20:07
momoさん、それは怖い話ですねぇ。

姓名判断の五格の数理の解釈は、流派によって異なります。
でも総格と人格はほとんど同じで、
このふたつが最も大切な要素とされる理由です。

名付けに際して、このふたつを重視するのがよいとされるようです。

Aさんのブログは、知らない言葉が出てくるたびに、検索して、読み終わってからも、分かるまで何度も読み直します。
それでも分からない日もありますが(笑)。
でも、確かに上のレベルに挑戦するのは、確実に自分のレベルを上げてくれるようです。
9. Posted by lhs   May 30, 2006 23:00
お名前決定、おめでとうございます(?!)

名は体を表すといいますが、ひらがな名前の私は、
いつまでたっても幼稚園の頃と変わりません。
学生時代は、圧倒的に苗字で呼ばれることが多く、
自分の名前に違和感を持っていましたが、
最近は、年下の方からも名前のちゃん付けで呼ばれることが多くなり、
年とともにだんだん馴染んでいい感じになってきましたよ。

ウチの親は、前者のようだったようで、
特に、理由はなく、なんとなくつけたらしいです。

それでも姓名判断によると、かなりのいい名前のようで、
これから苗字が変わるのが(果たしていつ?)、
もったいないような気がします。

奥様のように、最強の名前になれるといいなあ〜。
って言っても、苗字でパートナーを選んだりはしませんけどね・・・
10. Posted by lhs   May 30, 2006 23:55
papaさん、ごめんなさい。
システムエラーとやらで送れず、“またあとで送ってみてください”
とのことだったので、やってみたら、↑のようなことになってしまいました。
すみません、お手数おかけしますがダブり分については、
削除をお願いします。
でも、なんでこんなことになっちゃったんだろう???
11. Posted by 鍼美人   May 31, 2006 09:39
おめでとうございます♪

Aさんのお話に 内心ほっとしました
悪い名前って何・・・といつも思っていたのです

名前だけで人は生きているわけではないのでから・・・
何処かで、バランスをとれていれば良いですよね


だから、バランスを取る方法として
名前を変えてみる・・・
それも ひとつの道

だって、親がつけた名前ですもの



12. Posted by macrobi papa   June 02, 2006 23:20
おめでとうございます、AORINGOさん。
お疲れ様でした。

旦那さんとは、話が合いそうです。
ただ字画を考え出すと、ちょっとしたパズルです。
フィーリングで付けるのも、良いのかもしれません。

またお会いできる日が楽しみですね。
子供に関する記事はもう何本か書いてみたいと思います。
13. Posted by macrobi papa   June 02, 2006 23:22
こんばんは、透鼓さん。

キレイラってなんですか?
悪いものを浄化する装置・・どういう原理なんでしょう。
すごいもの作った人がいるんですね。
14. Posted by macrobi papa   June 02, 2006 23:25
こんばんは、怪鳥さん。

名前を変える人、変えない人、人それぞれだとは思いますが
怪鳥さんのあの名前はとても素敵だと思うのです。
15. Posted by macrobi papa   June 02, 2006 23:27
余談ですが、怪鳥さんがなぜ「怪鳥」のハンドルネームを使うのか?って、ずっと気になっていました。
今度、会う機会があったらぜひ聞いてみたい。内緒で。
16. Posted by macrobi papa   June 02, 2006 23:33
こんばんは、はっぴいでぃ☆さん。

写真撮るのならお任せ下さい。
あ、苺の件はすんませんでした。
ただいま、前向きに改善中です。
17. Posted by macrobi papa   June 02, 2006 23:39
こんばんは、Ihsさん。
相手の名字を変えるという選択もあるのですよ。
あたしと結婚したければ婿に入れと・(笑)。

18. Posted by macrobi papa   June 02, 2006 23:40
重複していたコメントは消去しました。
なぜ重複するのか?

それはライブドアだからです。
僕はもう慣れました。
19. Posted by macrobi papa   June 02, 2006 23:47
こんばんは、鍼美人さん。

僕の名前はかなり浮き沈みの激しい運勢を持つようで、
山あり谷ありの人生です。
あまり良くない名前なのかもしれませんが、
退屈しない人生です。

悪いことにはすべて意味があります。

なにか悪いことが起きるたびに、その理由を探します。
そうすると、そんなにへこまなくて済むし、ヘコミ屋の僕も、立ち直りが少し早くなったように思います。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔