February 18, 2006

信じないということ

マクロビオティックを始めるにあたって、
失敗するケースについて考えてみました。



 ■ケース2:ネットサーフィン海難事故■

「よーし、マクロビオティックやるぞ!」と一念発起。

「とりあえず主食を玄米に切り替えるところから始めてみましょう」と、
 <マクロビ・パパ>が云ってたっけ。

「・・・玄米って、どうやって炊くの?
 う〜ん、インターネットで調べてみるか・」

さっそくパソコンの電源を入れます。
インターネット上には、たくさんの情報があります。
玄米について書いてあることも様々です。
例えば・・

 「フィチン酸という成分が体の大切なミネラルを排出してしまう」
 「圧力鍋の玄米は炊けているようで、炊けていない
 「吸水時間は2時間、いえいえ、6時間」
 「圧力鍋で炊いた玄米は自然ではない」
 「ごはんなどの炭水化物は太る
 「玄米は農薬が残りやすい、白米の方が安全」
 「玄米食は必ず短命になる」

「??玄米は体に良いの?悪いの?」

マクロビでは玄米が主食。それなのに玄米は体に良くないって書いてある。
広い海原で、突然船が沈んだような気分です。

心の迷いは料理に出ます。
失敗したボソボソの玄米を食べながら、彼女は思います。

「玄米って、やっぱり体に悪いのかしら。
 書いてあったとおりに炊いたけど、ぜんぜん美味しくないし・・」


楽しいはずだった「新しい冒険」は失敗に終わるでしょうし、
長続きもしないでしょう。


 ■信じないということ■

マクロビオティックの始祖、桜沢先生の言葉に
こういうものがありました。

「All OK! Non credo(すべて受け入れなさい。でも、信じてはならない)」

受け入れるとは、自分を信じ、相手を信じることで
初めて出来ること。
「信じなさい。でも信じるな。」とは矛盾した言葉のように受け取れます。

<すべて受け入れる>とは、「全肯定」
つまり、相手を認め、否定しないということ。

そして<信じてはならない>とは、「鵜呑みにしないこと」
鵜呑みにするとは、自分で考えることなく、そのまま信じてしまうことです。

誰のアドバイスであっても、そのまま鵜呑みにしてはいけないのだと思います。

それが間違っているかもしれませんし、
陰性の人、陽性の人、それが混ざり合っている人。
人間は様々です。そして常に変化しています。

誰かに効いたからと云って、自分に効くとは限りません。
たとえその効果があったとしても、
これから先ずっと同じやり方が効くわけではありません。

偉い先生がこう云ってた、こう書いていた、
「だからこれが正しい」と、そのやり方・考え方にこだわってしまうことは危険です。
物事のひとつの側面にとらわれて、他のことが見えなくなりがちですし、
健康に関する情報に流されやすく、いつまでも悩みがつきません。


 ■百色のマクロビオティック■

マクロビオティック・自分流」の記事の中で、
「マクロビは百人百色で良いんですよ」と書いたことがありました。

自分らしいマクロビ・自分流のスタイル。

それを求め続けましょう。
常に発展途上、変化進行形であるべきです。

思い切って、自分が思うようにやってみる。
失敗したら、軌道修正すれば良いんです。

<自分が本当に信じられるもの>は、
そうやって積み重ねた自らの経験の中から、求められるものだと思うのです。


マクロビオティックを【自立の哲学】と呼ぶ人がいます。

ひとりひとりが、自分で考え、選択し、自分らしくあること。
それがマクロビオティックの求める「自由」なのかもしれません。



vegetus at 02:47│Comments(21)TrackBack(0)clip!マクロ本 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 迷子   February 18, 2006 12:53
こんにちは!先日は私の育児ブログに来てくださってありがとうございます。すっごい適当な玄米クリームの作り方の記事を見られてしまってお恥ずかしいです(^^;)

私自身がマクロビを取り入れよう、はじめはちょっとずつでいいや!と思って1年経ち、今は半分くらいです。のんきですが、少しずつイイトコ取りしながら育児していきたいと思っています(^^)
2. Posted by macrobi papa   February 18, 2006 17:03
こんにちは、迷子さん。
玄米クリームを自分は作ったことがありませんでした。
今度子供が生まれますので、その子に作ってみたいと思います。
3人目なのですが、男の子らしいです。
またにぎやかになります。
3. Posted by ヒカル   February 18, 2006 18:26
はじめてメールします。っとは言ってもいつも拝見させていただいております。私は玄米大好きです。おいしく炊ければおいしいです。会社(事務所)でも毎日食べてます。お肉もお魚も食べても良いと思います。自分が理解して食べることは・・・。食材・調味料・調理方法はこだわっています。マクロ料理がもっとたくさんの人に食べてもらいたいです。その為に日々努力したいと思います。もっと気軽に食べてもらいたいです。お店でわからないままマクロ料理を食べれる状況(えっ!これマクロ料理なの?お酒にもあうし、おいしかったよ。また来るね!)そんな居酒屋がいいです。
※昨日のお味はどうでしたか?パパさんが来るのを楽しみにしてます。
事務所・・・・ヒカル
4. Posted by メイコ   February 18, 2006 18:38
papaさん、こんにちは。
「信じること、信じないこと」
矛盾するようですが、そのどちらも必要ですね。
私も、以前は「いい」と言われたものに飛びついていました。でも、マクロビを始めてから、マクロビオティックの理論をも鵜呑みにしなくなりました。まず、自分の体で試して、判断しています。そうやって人体実験を重ねた結果、やはりマクロビオティックは私にとって必要だと思うようになりました。これまで(実験ということもあって)かなりゆるいやり方の時もありましたが、そろそろ真剣にマクロビオティックに取り組んでみようかと思っています。
5. Posted by ユウ   February 18, 2006 21:35
papaさん、こんばんわ〜。
私のブログにコメント残して頂いてありがとうございます。
私は今ステップアップの段階みたいです。
papaさん、次に私のブログが更新される時は、私は一回り・・・いや軽く二回りは大きくなっていると思います。
私、自分の道見つけたんです。
そしてマクロビの本当の『意味』も・・・。
待ってて下さいね!
6. Posted by ☆ミ   February 18, 2006 21:44
はじめまして、マクロビパパさん こんばんは。
何事も、信じすぎて盲目になって自己判断を放棄しては良くないということですよね。

なんちゃって〜マクロビをしてますが、玄米と美味しいお野菜を頂くと、本当に元気になりますね!

素敵なブログですね。
楽しく読ませて頂いてます。どうもありがとうございます。
7. Posted by macrobi papa   February 18, 2006 22:16
こんばんは、ヒカルさん。
お店に迷惑がかかるかもしれないと思って
どこのお店に行くか伏せておこうと思ったのですが、
もういいかな?という気がしてきました(笑)。

ヒカルさんのコメント読むと分かっちゃうんですよ。
ははは。
8. Posted by macrobi papa   February 18, 2006 22:23
メイコさん、ありがとうございます。

そうやって経験の中で得られたものを
しっかりと中心に持っていらっしゃる方は
ストイックなマクロビでも失敗することはないように
思います。

今回の記事の中にある玄米に関する記述は
すべて実際インターネット上にあったものです。
営利目的でもっとひどく書かれたものもありました。
「自分で考え判断する」がないと、本当に危ないと思います。
小麦粉でも薬だと信じていれば、効果があるように、
毒だと思うと、ホントに毒になります。
だからこの記事を書いてみました。
9. Posted by macrobi papa   February 18, 2006 22:32
こんばんは、ユウさん。

心配しました。もう大丈夫ですね。
良かった。

ひたすら吸収しようとして、人に質問してはメモばかり取っていた時期が僕にもありました。
陰陽の質問ばかりして、パトリシオさんに「インヨウ」と
あだ名を付けられたこともあります(笑)。

でも結局残るのは自分で考え、悩んだ末に得た答えばかりで
あるように感じます。

僕もまだまだ未熟です。
自分の傲慢さを思い知らされることばかりです。
10. Posted by macrobi papa   February 18, 2006 22:35
こんばんは、☆ミ さん。
変わったHNをお持ちですね。
どのように発音するのでしょう。

最近、堅い記事ばかりですので、
砕けたのも混ぜたいと思っております。
末永くご愛顧下さい♪
11. Posted by ルル   February 19, 2006 08:25
始めましてpapaさん!うちの家族は3人です。私だけ始めたゆるゆるマクロ・・・でも2ヵ月前から玄米だけは食べてくれています。なぜお肉やお砂糖、牛乳などがいけないかをマクロビの本の中から、拾って呼んで聞かせたりもしましたが、やはり人それぞれです。すぐに実行に移す人、少したってからなんとなく始める人、絶対信じない人。うちの主人もなんとなくそんな感じで・・・夕飯は、炊き立ての白米がと言う人です。息子も揚げ物、お肉が大好きです!でも私なりに少しずつ、2人がイヤにならないようにお料理をしていますがなかなか上手くいかないものです。
12. Posted by macrobi papa   February 19, 2006 10:45
はじめまして、ルルさん。

最近、理論ばかり書いていました。
そろそろ料理の方に戻ります。
なにか自慢料理や良い料理本等ありましたら
教えて頂けますとうれしいです。
13. Posted by maririn   February 19, 2006 23:47
こんばんは!マクロビパパさん。
このブログを見つけてパパさんの楽しい記事を読んで、最近本当にマクロビに興味を持ち始めてきました!
健康に関する情報は確かにたくさんありますが、いいといってとり過ぎたら悪いとか…なんだか分からなくなるときがあります。
でも私にとってはおいしい食事を家族と一緒にとることが、一番の元気の源です。
パパさんのマクロビパウンドのレシピを見て作ってから、すっかりマクロビお菓子にはまっています☆
これからは家族や友人にも作って、マクロビレシピはこんなにおいしいんだ〜って教えてあげるつもりです♪(*^-^)ノ”
14. Posted by macrobi papa   February 20, 2006 01:26
maririnさん、こんばんは。

どうしても書きたい記事があります。
それが終わって時間があるようでしたら
れしぴの方も充実させたいと思います。

こういうコメントは、うれしいです。
励みになります。
15. Posted by サワープラム   February 21, 2006 04:50
はじめまして、マクロビパパさん。
"All OK, Non Credo"マクロ歴1年九ヶ月のまだまだ未熟者の私ですが、ものすごい響きました。この言葉はマクロ系の本で何度か目にしていたのですが、今回は「そうだよ〜!」と、なぜか心にストンと落ちてきました。

理論・理屈にハマリこんで、なんだか街の片隅で一人かたくなになってマクロに慢心していた自分をやや反省し始めていた今日この頃、本当におっしゃる通りだと思います。

娘のため、家族のため、環境のため、地球のため、、、、とか思いながらも傲慢だった自分に改めて気づかされ、とても勉強になりました。これからもちょくちょくブログを拝見させてくださいね!
16. Posted by macrobi papa   February 21, 2006 16:42
こんにちは、サワープラムさん。

マクロ歴1年8ヶ月は、立派なマクロビアンです。
僕より長いんですよ。

ひとりぼっちで、自分自身のマクロビのあり方について悩んでいる人は、沢山いると思うのです。
ここにはたくさんの仲間がいますから、答えを探すヒントは
必ず見つかると思います。

そんな場が広がっていきますように。
これからもよろしくお願いいたします。
17. Posted by 御園あき   March 01, 2006 23:48
マクロビパパさん、こんばんは。
TBありがとうございます。御園と申します。

桜沢如一氏は「自由になれ」と言っていたのに
なんで今マクロビアンと呼ばれる人たちは(まあ、一部ですが)
あんなに窮屈そうなんだろう。と感じることがあり、あのエントリーを書かせていただきました。

....とはいえ、自分の体の声をちゃんと聞けるようになるまでは
時間がかかるものだとは思います。いまの私だって、聞けている
かどうか不安になることだってある。
でも、それは考えることや感じることを放棄することとは別の問題なんですよね。

せっかくいままで勉強してきたものとは別の判断基準をマクロビオティックを通じて得たのだから、ほら、考えなっきゃ〜。

と。そんな風に思うこのごろです。
18. Posted by macrobi papa   March 02, 2006 18:46
はじめまして、御園さん。
お越し頂いてありがとございます。

僕の周りはマクロビを楽しまれている人や、高いレベルでマクロビオティックを捉えていらっしゃる方が多く、それを学ぶのにとても恵まれた環境でした。

これからもよろしくお願いいたします。
19. Posted by 洞鈴   March 07, 2006 12:28
はじめて書き込みさせていただきます

すべてを受けいれること。
けれど鵜呑みにしないこと、、
>ひとりひとりが、自分で考え、選択し、自分らしくあること。
この言葉、とてもはっとしました。。

おととしの夏から続いているマクロビ風な食事、
わたしはそれがあたりまえで心地よくなってきていると
思っていたのですが、、割と我慢しているのかもしれないと、
最近そんな自分の一面を知って。

先日、親しい友人たちと酒盛りしたときに、
シュークリーム7つとか食べちゃってたらしくて、、
しかももっと食べたそうにしてたそうで、、

マクロビ風にして、
体調もすごくよくなったし安定するようになったのですが、
我慢しすぎなのも、よくないかも、、?!

今でもゆるゆるマクロなのですが、
もうちょっとゆるく、、それで私の体が大丈夫そうなら
それでもいいかな、、という気持ちになりました。。

ありがとうございます♪
20. Posted by まみ   October 14, 2006 03:33
初めまして、マクロビオティックで育児をやっているものです。私自身かなり厳格にマクロビをやって母乳を赤ちゃんにあげているのですが、生後3ヶ月の息子がまだ300gしか大きくなりません。けれども本人は母乳を飲むと満ち足りて眠っています。マクロビをやっている赤ちゃんはあまり大きくならないと聞きますが、パパさんのお子さんはいかがですか?よければ赤ちゃんの頃の体験談をお聞かせ願いたいな、と思います。
21. Posted by macrobi papa   October 16, 2006 08:32
おはようございます、まみさん。

たぶん最初のお子さんですね。
僕の最初の子は、生まれたとき体が弱く、体重が何グラム増えた・減ったで、一喜一憂していました。
3人目になると、かなりアバウトです(笑)。
もはや体重も量りません。

赤ちゃんはそれぞれです。いろんな成長の仕方があります。
早い子、遅い子。
よく観察していて、特に具合が悪そうなところがなければ、
そのまま見守ってあげるのが、よろしいかと思います。

ちなみに最初の子、今では超元気です。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔