November 16, 2005

新しいカテゴリーについて

いくつかのカテゴリーを追加しました。
右のカテゴリー欄を見て頂くと、見つかると思います。

今日は新しいカテゴリーの紹介と予告。




 ■マクロビ・パパの家事研究所■

マクロビ的生活術全般について研究していきたいと思います。
研究所、所員は僕一人。所長も兼用。
現在3本の記事の用意があります。


 ■マクロビ・パパの実験室■

健康法理論の体を張った人体実験や疑問に思ったことを試してみた結果を
まとめてみたいと思っています。
パパ@マクロビ。次はイグノーベル賞を狙います。
現在1本の記事の用意があります。


 ■マクロビ的生物進化論■

全4回にわたり人間の「根本的な食」について書く予定です。
誰にでも分かりやすくするため現在、熟成中。
(3年味噌にならないようにしなけりゃ)


 ■読解・風邪の効用■

野口整体の風邪に対する考え方は画期的です。
野口先生の講義録である【風邪の効用】という本に全てまとめられて
いるのですが、この本は非常に難解です。
整体の知識がない人にも、その知恵に触れることが出来るように
一度バラバラにして再構築する作業をしています。

来年になっても良いや・なんて思っていたのですが
インフルエンザの流行が懸念されているようですので
急ピッチで記事を書いています。

風邪に対する多くの人の考え方が変わるはずです。
現在2本の記事の用意があります。


 ■マクロビ新聞■

最後に12月の「マクロビ・パパの奮闘記」でイベントを考えています。
このまま1年終わったらつまんないですよね。
そのためにも必要なのがこのカテゴリーです。

僕のブログは過去の記事をmenuにまとめて、データベース化し、
いつでも楽しめるようにしてあります。
これから未来、マクロビを始めようという人も出会えるでしょう。

でも他のブログは普通そんなことをしない。
どんなに素晴らしい記事も、一期一会。
その時出会わなければ、記事は情報の海の中に沈んでいくでしょう。

素敵なもの、膝を打つもの、心に響くものに出会うたびに
それを残念に思っていました。

そこで「マクロビ新聞」です。
リンクを残しておくことで、たくさんの人に触れてもらう機会が作れる。
未来のマクロビアンたちが出会うための足がかりが残せると考えました。

正直悩みます。
それが自分の書いたものでないこと。
たくさんの良いものの中から選ぶのが僕ということに抵抗があること。

とりあえず試験的にあげてみます。
皆様、よろしくお願いいたします。



vegetus at 02:25│Comments(15)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by かこ   November 16, 2005 06:15
マクロビパパさん、おはようございます♪
風邪はもう大丈夫なのでしょうか???

インフルエンザについて、早く知りたい〜〜〜
けど、お体をお大事になさってくださいね。
2. Posted by kodamacro net   November 16, 2005 07:52
Papaさんおはようございます!

マクロビ新聞とてもタイムリーだし、画期的ですね。
ラジオに新聞、次はマクロビテレビですかねぇ。

ともあれ、マクロビ新聞はPapaさんでなくては
できないこと。Papaさんのチョイスなら間違いは
ないので自信を持ってチャレンジしてみてくだささい!

みんな応援してますよ♪
3. Posted by 小豆   November 16, 2005 09:30
野口整体の風邪に対する考え方、興味があります。
記事を楽しみにしていますね。
私は理論的なものが苦手だけど、papaさんの書かれるものはすごく勉強になります。


4. Posted by なちゅーる   November 16, 2005 10:45
パパさんおはようございます。
風邪はいかがですか?
新しいカテゴリーなぞ考えていると、わくわくして治っちゃいますか??
マクロビ初心者としては、どれも参考になりそうで楽しみにしています♪
パパさんと出会えて良かった。
リンクの件もありがとうございました!
5. Posted by ミキヒコ   November 16, 2005 21:14
はじめまして。食品の陰陽について調べていたらマクロビオテックのサイトに辿り着きました。
参考にさせていただきます(^^)
6. Posted by ゆみまま   November 16, 2005 23:11
papaさん、こんばんは。
papaさんのそのあふれる情熱はどこから来るんでしょうか?
それぞれのカテゴリーにちゃんと用意した記事がいくつもあるなんて。
いつか見たあのノートにびっしりメモがあるんですね。そして、頭の中にはもっともっとアイディアが詰まっている・・。
毎日お仕事お忙しいのに、素晴らしい記事を精力的にupされていること、尊敬しちゃいます。
7. Posted by sayah   November 16, 2005 23:31
papaさん、こんばんは。

私も『風邪の効用』を以前から読んでみたいと思いながら延ばし延ばしにしているのですが、papaさんの書かれる記事がとても楽しみです。

病気にかかることにも意味があるとか、本来人には自然に治す力が備わっている…という考え方が子育てを通して少しずつ理解できるようになってきた今日この頃です。
8. Posted by macrobi papa   November 16, 2005 23:55
かこさん、ほぼ風邪は治りました。
ちょっと早く治しすぎたかなという感じで・
こないだの風邪も、実験室OPENのための記事を書くのに
ワザと引いたんで、皆さんに心配してもらうと
なんか申し訳なくて。

風邪って引こうと思うと、逆に引けなくなるんです。

こんな事書いてると、変わり者だと思われるでしょう?
変わり者だったりします(笑)。
9. Posted by macrobi papa   November 16, 2005 23:58
う〜ん、マクロビ新聞の企画は一度「没」にしたんですけど
kodamacroさんの記事を読んでいて、やろうと思ったんですよ。

TVですか?
技術的には可能ですね。ふふふ。
10. Posted by macrobi papa   November 17, 2005 00:02
小豆さん、こんばんは。

理論の記事は、常にうちの奥さんに向けて書いています。
そうすると非常に分かりやすいものになる。

うちの奥様は自称「勉強嫌い」。
僕と何もかも正対称な人です(笑)。
11. Posted by macrobi papa   November 17, 2005 00:06
はじめまして、ミキヒコさん。

陰陽はとりあえず一段落してから、来年くらいに集中講座でいければ・と考えていました。
難しくて記事にするには、まだまだ勉強不足で・
12. Posted by macrobi papa   November 17, 2005 00:10
ゆみままさん、こんばんは。

自分のしたことが結果としてすぐに表れる。
それがブログの好きなところです・

誰かが喜んでくれる・それだけで
僕ががんばれる理由は十分なんです。
13. Posted by macrobi papa   November 17, 2005 00:16
こんばんは、sayahさん。

風邪の効用は素晴らしい本です。
オススメですよ。
軽く常識がひっくり返るようなことが、書いてあります。

それを信じるか、信じないかは、自分自身で試してみて、
それで決めてるのが良いでしょう。
自分で風邪引いて、試してみて、やっぱりこの理論は正しいと思いました。
お茶の水のGAIAの3階にある本屋には、この本の文庫版があと3冊ありましたよ。ぜひ。
14. Posted by shikura   November 17, 2005 20:49
macrobi papaさん、こんばんは。
野口整体の記事、とても楽しみです。
わたしも野口晴哉先生の本は、
ほとんど繰り返し繰り返し読みましたが、
いまだにわからないことだらけです。
「風邪の効用」はとてもいい本ですよね。
文庫になってとても売れたようですね。

15. Posted by macrobi papa   November 18, 2005 00:20
こんばんは、shikuraさん。

繰り返し読んでも分からなくて、本に書き込みをして
ボロボロになるまで読みました。
これ8月くらいから読んでるけど、いまだに分からないとこがあるんですよね。

記事は期待してお待ち下さいね。
アップは12月の頭になってしまいますが・

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔