October 02, 2005

お彼岸とおはぎ

パパ@マクロビ。
いやあ、急に寒くなりました。
うっかりパソコンの前で寝てしまうと、寒い寒い。

昔から「暑さ寒さも彼岸まで」と云いますね。

・ちょっと過ぎちゃったけど、
今日は「お彼岸」と「おはぎ」と「そのレシピ」。


おはぎタイトル

















<お彼岸>は春と秋の2回あって、
それぞれ「春分の日」と「秋分の日」を中心に
前後3日を合わせた7日間のこと。

昼と夜の長さが同じになる一年で一番、季候の良いこの時期に
「みんなでお墓参りにいくべか?」ということらしい。


でも、うちのご先祖様のお墓は、山奥中の山奥。
生半可の覚悟じゃたどり着けない秘境にあって、
フランスに行くのと同じくらいのエネルギーを要します。

今年もちょっと行けそうもないので、
「おはぎ」を手作りして、お供えすることにしました。

僕の家系は「甘党」ぞろい。
ご先祖様も、たぶん甘いものが好きだったと思うんです。


 ■やさしい「おはぎ」の作り方■

 材料 Ingredients

<小豆とレーズンのあんこ>
今回のあんこはレーズン入り。レーズンはオーガニックのものを。
香りが良く、甘さがベタベタしていない。
ややレーズンの酸味がある。
レーズンの代わりに違うドライフルーツも。「善右衛門さん」がよく使う、
デーツ(ナツメヤシ)もおもしろそう。

小豆(大納言) 1cup
水       2cup
昆布      5cm角
 +
刻んだレーズン 1/2cup
米飴      1/4cup
塩       小さじ1/3 


<はんごろしゴハン>
(*ごはんを「半づき」にすることを半殺しといいます。すごいネーミングですね)

玄米      2cup
もちキビ    1/2cup
水       3cup
塩       ひとつまみ


>今日は「カムカム鍋」を使って小豆を炊きました。
 カムカム鍋は圧力鍋にはめて使う、【陶製の内鍋】。
 遠赤外線の効果でふっくらと炊きあがります。

カムカム











<カムカム鍋>、持ってなくても同じレシピの配合で炊けますよ♪
様子見で、差し水をしてくださいね。

 作り方 Recipe

レーズン小豆炊き小豆冷やし










1)<小豆あんを作る>
  小豆は洗って、2倍の水と一緒にカムカム鍋に入れる。
  圧力鍋にセットして、圧力がかかったら、火を弱め(極弱火)で30分炊く。

2)炊きあがったらすぐに取り出し、別のステンレス鍋に移す。
  包丁で刻んだレーズン、米飴、塩を加えて、弱火でフツフツと炊く。
  (鍋底が焦げつきやすいので、時々木ベラでこするように)

3)10分くらいかけて、トロリとした<あん>に仕上げる。
  バットに広げて冷ます。

4)<はんごろし・ゴハンを作る>
  玄米を洗い、もちキビ、分量の水と合わせて圧力鍋でもっちり炊く。
  炊いたら、すり鉢に移し、すりこぎで半づきにする。
  (やらなくても良い。もちキビ入ってるから、それでもちもちするし)

5)あんこ玉ときなこ玉(中にあんこ)をコネコネ作る。

にぎり









おはぎ作るのって、結構楽しいですよ。
食べる人の笑顔を想って作ると、おいしくなります。

おはぎは冷蔵庫入れると、味が落ちます。
常温で保存して、その日か次の日には食べてしまいましょう。


■SPECIAL・THANKS■
まず、僕のご先祖様。
いつもありがとうございます。
今年のあんこは、甘さ控えめのマクロビ仕様です。

<レーズン入りマクロビ・あんこ>のレシピはメイコさんに教えて頂きました。
メイコさんは、最近始まったばかりのブログ「メイコの手抜きオーガニック生活」を書いていらっしゃいます。
ありがとうございます。いつもブログ楽しみにしています。

厳選素材の「大納言小豆」は、以前、ぢゅんさんに頂いたもの。
ありがとうございます。ホント旨かったです。ごちそうさま♪



トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ぢゅん   October 03, 2005 09:25
papaさん、こんにちは!
大納言はこんなに素敵に変身したのですね!
きっとご先祖様にも喜んで頂けますね!
papaさん寝不足なのに、写真入でこんなに丁寧にレシピをのせて頂いたんだから、わたしもチャレンジしてみます!
いつもありがとうございます!
2. Posted by maimumaimu   October 03, 2005 15:52
はじめまして。フリッタータ12号のころから度々お邪魔していました。papaさんを通じていろんな方のブログにもリンクし、ますますマクロの奥深さにはまっている日々です。こんなにしょっちゅうお邪魔してレシピや魔法の眼鏡を参考にさせていただいているのに、ただ帰るのがしっくりこなくって。というわけで、今日はごあいさつ。これからも、楽しみにしておりまーす。ちなみに、我が家のフリッタータ第1号は78点くらいかな(自己評価あますぎですね)。不思議な食感に大騒ぎする横で夫はカレー味じゃなきゃ美味しいと随分冷静でした。(ラタトィユを具にし、ターメリックがなかったのでカレー粉を使ってみたのですが・・) また作ってみますね。
3. Posted by メイコ   October 03, 2005 19:12
papaさん、こんにちは。
あんこのレシピ、参考にしていただいて光栄です〜。
私はまだレーズン入りしか作ったことがありませんが、
そのうちデーツや干し柿にも
挑戦しようと思っています。
いつもpapaさんのブログ楽しみにしていますが、
あまり無理なさらないようにして下さいね〜。
4. Posted by sayah   October 03, 2005 23:25
先日は、コメント頂きありがとうございました!

私も甘いものが大好きで、家でおやつを作るとついつい食べ過ぎてしまうので困ってます(笑)。

いつもお世話になっているお店で今年は餅玄米が不作で入荷がないかもと言われたのですが、もちキビを混ぜるという方法があるのですね。ぜひ試してみたいと思います♪

あんこは以前デーツを使ってみたら、レーズンより酸味が少なくて私は好みでした。
5. Posted by macrobi papa   October 04, 2005 06:21
こちらこそありがとうございます。
寝不足ですが、昼寝してますので、なんとか大丈夫です。
記事が溜まってるので、アップしたいんですが
なかなか、あんまり夜更かししてると
叱られそうなんで、今日はこれで。
6. Posted by aki   December 24, 2005 09:00
小豆あんが食べたくて、覗かせて頂きました。
餡とは無関係なのですが、ずっと思ってた疑問。
米飴などの穀物甘味料は本当に血糖値を上げる作用が遅いのか、ということ。

ご飯などの澱粉質は、体内で消化しながら糖化させていきます。その時間がかかるから、GI値は比較的低い。
澱粉は多糖類です。それを体内で消化してブドウ糖や果糖など、単糖類に糖化する。

だけど、水飴も米飴もその他穀物の水飴は澱粉質を完全に糖化させた状態なんですよね。つまり、これらは既に多糖類ではなく単糖類なのでは?二糖類(蔗糖など)かもしれませんがそこは詳しくないので。とにかく多糖類ではないのでは、と言いたいんです。

7. Posted by aki   December 24, 2005 09:01
続きです。

精製度の違いはあるとはいえ、穀物甘味料のGI値(血糖値を上げる速度)は高いように思うのですが...。ちなみに精製された水飴のGI値は86くらいだそうです。かなり高め。

ずーっと疑問に思っていたので、パパさん、一緒に考えてください〜!
8. Posted by aki   December 24, 2005 12:06
もうひとーつ!/笑
「還元麦芽水飴」と水飴の違いがよくわかりません。
血糖値を上げない甘味料として病院食でも使われている前者は一体何者??
真っ白で明らかに精製してあって人工的。
製造方法は普通の水飴と違うのか??
釜炊きの米飴とは全く異なる物&製法だとは思うのですが、透明な水飴とどう違うんでしょうか?
検索してもなかなかヒットしません。
9. Posted by macrobi papa   December 25, 2005 00:45
これは・・あれですね。宿題ってやつですね(笑)。

甘味についてはマクロビのカテゴリーで許容されるのは、
野菜の甘味、米飴、甜菜糖、メープルシロップ、みりんといったところでしょうか?

「みりん」は厳密にはマクロビでは使いません。
お正月とか「ハレ」の日の料理に少し使うくらい。
甜菜糖、メープル系も多糖類の中に単糖類を含むので、あまり多用は出来ません。
唯一、使えるのが「米飴」など伝統的製法で作られる穀物系甘味料だと習いました。
成分等についてはこれから調べてみます。
akiさんの云うとおり、多用は出来ないと思います。

味を付けて食べるのは人間だけだと聞きます。
素材の味を十二分に引き出した料理が僕の目指すものです。
10. Posted by macrobi papa   December 25, 2005 00:55
はい、次。GI値について。

乳製品を使ったデザートはGI値が低くなるのをご存知でしょうか。あんこよりカスタードクリーム、プリンなどの方が圧倒的にGI値は低いのです。
単体で摂る時と加工したり他の食材と組み合わせたときでは
大きく数値は変動します。

食品に対するGI値の算出は、健康には必ずしもつながるものではないと僕は考えています。
逆にその数値を気にするあまり、大切なものを見落としてしまう様な気がするのです。
「精製された甘味は使わない」「良く噛む」、このふたつのマクロビの基本を実践している限り、そんなに気にしなくても良いと考えますが、いかがでしょうか?
11. Posted by macrobi papa   December 25, 2005 00:58
もうひと〜つ。
宿題出すの楽しんでないですか?(笑)

還元麦芽水飴・・これに関して全く知識がないです。
調べてみますね。
12. Posted by aki   December 25, 2005 11:17
いやいやいや、楽しんでいる訳ではありませんよ/笑

ただ、米飴が「血糖値をゆっくり上げる(体にゆっくり吸収される)」と言われているのは果たして本当なのか??
と疑問に思った訳で。
米飴は既に糖化してるから、吸収は早いと思うんですけど。

確かに、よく噛んで、変な物(体が要らないって言うもの)は体に入れない、ということをしていればいいんですけどね。
でも気になるんですー。

玄米の問題の項では、気にするな、と言っておきながら、他の所ではバシバシ質問してしまって申し訳ありません...!
13. Posted by macrobi papa   December 26, 2005 02:02
多糖類がなぜ吸収が緩やかであるのか・というと、その構造が複雑だからです。
米飴もそのままダイレクトに舐める人はいないと思います。
何かしらに加工して召し上がるはずです。
食物繊維や特定のタンパク質は糖質の吸収のスピードを緩やかにします。
血糖値を上げないことを意識するなら、人間では吸収できない糖質(オリゴ糖など)を利用するべきです。
しかし、マクロビではそれをしません。
自然ではないからです。
米飴も糖質です。摂りすぎれば砂糖の害はあります。
でも白い砂糖より、体にずっと穏やかです。

疑問を持つことはとても素敵なことです。
そこからたくさんの知恵が生まれるでしょう。
どうしても気になるのでしたら、実験室で人体実験しましょうね(笑)。
14. Posted by aki   December 26, 2005 08:45
ははは/笑 人体実験...というよりも、自分の体の状態で、今の食生活の総合結果がわかる気がします。調子の悪くなった原因、一つではないかもしれないけど、どこかでバランスが崩れているんですよね。

私は以前、米飴ダイレクトに舐めてました/爆死
しかも一日200g以上食べちゃってたことも。今考えると恐ろしいですけど。
ドライフルーツは食物繊維が豊富ですよね。
普通に考えて、そのまま食べるには米飴よりこっちだと思うのですが(^^;
でも、一度に食べてしまう量を考えたら、正常な食欲の人には米飴が一番かな、と。ドライフルーツって食べ出すと止まりませんから/苦笑

15. Posted by aki   December 26, 2005 08:45
今悩んでいることの一つなんですが、食べ物を意識しすぎてたくさん食べてしまうんです。
米飴などの甘味料を買ってくると、その存在を意識してしまって、食べたくないのに「食べなきゃ」と勝手に思って茹で小豆とかにかけて沢山食べる。
でも本当は米飴食べたくないし、小豆も欲しくないんだけど。
本当に食べたくて食べるならいいんです。
その時の為に買ってくるわけですし。
そのコントロールというか、食べ方がうまくできないんです...。
かといって買ってこないと欲しくなる、という。
お金も食材ももったいないし、体の調子も狂ってくるしで大変です。
うまくできないものか...
16. Posted by macrobi papa   December 27, 2005 01:01
akiさん、過食の原因は「胃中の熱」であると中医学では
云われています。その原因はストレスです。

マクロビはそのストレスの増加する社会に対応できるよう進化しなければいけないと思います。
従来の方法で追いつかない点はそれです。

ただ過食を防ぐ方法はまだ思いつきません。
ストレスを解決するのが近道であるように感じます。
17. Posted by macrobi papa   December 27, 2005 01:18
甘いものを止めるには「ルール」を
決めることが非常に有効であるように思います。

記事「少しずつマクロビを始めよう」の甘味の切り替えに
なかなかさんのブログへの関連記事が貼ってありますから
それを参考にされるのが良いでしょう。

このアドバイスで最後です。
それでは・
18. Posted by ナルコ   February 04, 2006 22:13
パパさん、こんばんは。

今日はパパさんのレシピを見て、小豆あんだけ作ってみました。夕食に、玄米に乗せて頂きました(なんだそりゃ?)。マクロビを始めてから、小豆が好きになりました。

玄米水飴を初めて使ってみたのですが、かなりクセがありますね。半量にしたけど私にはちょっとしつこかった。それから間違って昆布を倍量入れてしまい、それもクセっぽくなった原因かもしれません(えーっ? 笑)

この小豆あん、毎日少しずつお弁当の端につめて仕事に行くつもりでーす。小豆あん煮たり練ったりする作業って、心が安らぎますね。小豆や黒豆を食べてると、精神的に安定するようなきがします。
19. Posted by macrobi papa   February 05, 2006 23:16
昔の人は干し柿を甘味に使ったと聞きます。
そのバージョンも作ってみたいなと思います。
米飴は和食材と相性がよいようです。
いろいろ研究してみて下さい。

豆は僕も好きです。
ただ小粒の豆は、うちの奥さんが苦手だというので
あまり使えません。うーん。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔