July 18, 2005

どんぶり小豆カボチャ

azukititle











今日のごはんは「どんぶり小豆カボチャ」!





パパ@マクロビ、家で良くごはんを作ります。
審査員は3人。
うちの奥さん、息子@3才、娘@1才半。

うちの奥さんは、パパがよっぽど変なものを作らない限り・
(現地の味を忠実に再現したタイカリーとか?)
「旨い、旨い」と食べてくれます。

問題なのは、後の二人。
「本日は、私めの<快心の出来>でございます」と
うやうやしくお出ししても・


気に入らないものは、断固として喰わない!

お前等は海原雄山(*注釈:1)か?

そんな彼らの心に、久々にHITしたのが<小豆カボチャ>
では、「マクロビの定番・小豆カボチャ」の作り方を紹介します。



材料 Ingredients

有機カボチャ  1/4個
小豆(乾燥で) 150g
塩       ひとつまみ
甜菜糖     好みで・大さじ3
 +
水・昆布(好みで・僕は入れない)



作り方 Resipe
1)使う材料はこんなかんじ。
  レシピがシンプルな分、「素材の良し悪し」がストレートに出ます。
azuki1






2)小豆を軽く洗い。鍋に入れ、水500ccを加えて強火で沸かします。
  沸いたら、水200ccを加えてお湯の温度を下げる。
(びっくり水(*注釈:2)
  沸いたら、水200ccを加えてお湯の温度を下げる。
(2度目のびっくり水)。
3)再び沸いたら、フタをしてごく弱火で30分くらいコトコト煮る。
  その間カボチャを切る。
  大きめにゴロゴロ(↓)。  
 azuki2






4)切ったカボチャはボウルに入れて、塩をひとつまみ振りかける。
  ボウルを揺するように塩をカボチャにからませる。
   (砂糖を入れるならココで・)
  そのまま、20〜30分くらいちょっと置く。
azuki3






5)小豆が煮上がった状態。
  おいしく食べられるくらいまで炊きましょう。
  (煮汁の深さが1.5〜2cmくらい残ってます。)
azuki4






6)カボチャ全投入!
  沸いたらフタをして、極弱火におとす。
  そのまま30分ほど煮ます。
azuki5






7)煮上がりはこんな感じ(↓)。
  水気が多ければ、そのままもう少し煮る。
  (カボチャが固ければ水を少し足す・)
  
  鍋を揺すって、軽く小豆を潰します。(潰さない方も好き)
azuki6






できあがり
素朴な感じによそってくださいね。
azuki7







 

■豆知識・小豆 あずき■
腎臓には<小豆>が良いんです!
形も似てるでしょう?

腎臓は古い血液をキレイにして、
余分な水分やいらなくなった老廃物を「尿」にして
体の外に排出してくれる大事な臓器。

でも、日頃から甘いものばかり食べていると
腎臓が弱るそうです。
そのため余分な水分がたまってしまい、「むくみ」の原因になります。

「小豆」は乾燥して荒れた土地でも育つ植物。
<水を吸い込む力>を強く備えています。
体の余分な水分を吸い込み、体の外に排出する<利尿作用>があります。

また、寒い土地でも育つ「陽性の豆」なので・
体の陰性を中和してくれます。
少しの塩、昆布、カボチャと炊くことで「陽性」をパワーアップしてくれます。
(最初は少しお砂糖を使った方が、食べやすいかも)

今日は<小豆カボチャ>のご紹介でした♪




注釈1)海原雄山 かいばら ゆうざん
    美食漫画「美味しんぼ」主人公である士郎の父。美食家。
    畑の土を喰って、畑の状態を調査する荒技をもつ。

注釈2)びっくり水:
    水のもつ陰性で、豆のもつ固さ(陽性)を中和する技術。
    お湯になる途中でその力が強く働くが、
お湯になっちゃうと弱まるので
    水を差し、温度を下げることで豆を柔らかくする。
    豆の煮方は基本的に一緒。
びっくり水、やらなくても出来る。


>マクロビ的には水分多めに、砂糖を使わないのが主流らしいです。

 詳しくは→hinaさんのブログへ【アシュラム・イグノラムス | 第5回食養クラス】

>関連する記事
 【小豆カボチャ・最終強化計画】



vegetus at 01:34│Comments(9)TrackBack(2)clip!れしぴ 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. どんぶり小豆カボチャ  [ ソラミミ ]   July 31, 2005 23:27
少し前にマクロビ・パパさんがblogで紹介してくれたマクロビレシピ、どんぶり小豆カボチャに挑戦。おかずというよりも、ちょっと甘いモノが食べたいとき用のスイーツ的期待を込めて少しお砂糖を入れるやり方(でもレシピよりは少な目)で作りました。マクロビ・パパさんの出
2. 「昨日の、冬至の夕ご飯です。」  [ morningteaはいかが???2つの素敵・マクロビオティック&ベジタリアンのうちご飯と岡山cafe?? ]   December 25, 2005 11:11
昨日は冬至でしたね。一年で一番昼間の時間が短かかったみたいです。 柚子湯に浸かりましたか?かぼちゃは食べられましたか? 我が家では「なんきん雑煮」を作りました。 これは瀬戸内地方ではなんきん料理の代表であり、ご飯の代わりにしたり又冬至には必ず食べるも...

この記事へのコメント

1. Posted by らるご   July 18, 2005 19:36
さっそくのあずきかぼちゃの記事UP、有難うございます!
丼にでんっ!と盛ると迫力ありますね
いいなあ お父さんの味(笑)

ポタージュスープも美味しそうです!
こちらなら夫にも良さそう
チャレンジさせていただきますね♪

追伸;「海原雄山」で爆笑してしまいました
2. Posted by fujitama   July 19, 2005 00:05
いいなあ、いいなあ!どんぶりいっぱいの小豆かぼちゃ!
我が家にはどんぶりいっぱいの黒豆昆布があります。食べるのは私だけ。旦那さんは駄目なようです。小豆かぼちゃなら、食べてくれるかなぁ・・・。かぼちゃも美味しくなってきたし、作ってみようかな。
ようやくブログが出来ました。
まだ全然成ってないのですが、宣伝に来ました。
これからもよろしくお願いします。
3. Posted by ちゃこ   July 20, 2005 00:37
小豆かぼちゃですかぁ!
主人は無類の小豆好き。今日も行きつけのお米屋さんの仕出しで「おはぎ」or「ぼたもち」を見つけたので買ってあげたら、夕食後に3個ぺろりと行っちゃってました。
3個は食べすぎじゃないかな?と思ったので、『少し残したら?』 って言っておいたのに、気が付けば残りあと一口の状態でした。
きっと、小豆かぼちゃは我が家で好評の嵐になると思われます。近いうちに挑戦してみます。
4. Posted by ソラ   August 01, 2005 16:03
おくればせながら、どんぶり小豆カボチャ挑戦してみました。小豆を煮たのは初めてでしたが、マクロビ・パパさんのレシピ通りになんとかおいしくできました。おいしくて身体によくて大満足でした。
というわけで、トラバさせていただきました。
5. Posted by hina   September 29, 2005 18:14
おいしそうですね〜♪
わたしも小豆かぼちゃの記事、書いてみました。
http://pina.blog.bai.ne.jp/?eid=20274
6. Posted by aki   December 25, 2005 11:16
はじめまして!冬至の日にはかぼちゃを食べますよね。私の住んでいる岡山には「なんきん雑煮」という料理があります。小豆かぼちゃを白玉団子や湯でうどんにかけて、ご飯やおやつにするのです。昔から伝わる郷土料理なんです。是非一度試してみてくださいね!「なんきん雑煮」はお盆のお供えにもするんですよ。
7. Posted by macrobi papa   December 26, 2005 01:29
はじめまして、akiさん。

ナンキン雑煮ですか。郷土料理は奥深いですね。
「小豆カボチャを茹でうどん又は白玉?」
頭の中でイメージがまとまらないのですが、チャレンジする価値がありますね!
8. Posted by 子育てさと   September 13, 2006 06:32
こんにちわ。はじめまして。
はじめて、あずきかぼちゃを作ってみるのに参考にさせて頂きました。
とってもわかりやすくて、たすかりました。
ありがとうございました。
9. Posted by macrobi papa   September 15, 2006 01:40
こんばんは、さとさん。
はじめまして。

小豆カボチャ、懐かしい記事です。
まだ、子供達も小さくて。

れしぴもこれから充実させていきます。
これからもご贔屓に・・?

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔