July 17, 2005

お金をかけずに美人さんになるには?

こんな話を聞いたことがあります。

人間の「細胞」ひとつひとつにも「心」があって、


日頃、ありがとう、ありがとうって体に感謝していると
「オレたち、この人のためにがんばろう!」
って、細胞たちは思うそうです。

すると・
体の内側、細胞ひとつひとつから
力がみなぎってくる感じがします。

体が軽く、健やかになっていくんです。

「こんな脚キライ!」とか「こんな鼻かっこわるい!」
なんて、毎日云われたら細胞だってさびしい。

細胞たちががんばっているから、今日のごはんもおいしく頂けます。

いつでも誰にでも、感謝の気持ちを忘れない人は素敵です。
感謝の言葉は本当の意味での美人さんを作るんですね。

「おう!お前ら、がんばってるな。きょうもありがと♪」
お金もかからず、美人になれる簡単なコツでした♪

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by kodamacro net   July 17, 2005 09:56
自分を褒めることって基本ですよね!

私は料理つくってる時なんて、「俺って天才じゃない」とか言っていると本当に美味しくなっていく気がします。

同じように人に対してもとりあえず、徹底的に褒めまくるとそれこそ相手の全細胞が活性化して、元気になる、そうすると今度はそのエネルギーを私に返してくれるので、お互いが元気になるような気がします。

もっと自分を、そして相手を褒めちぎりましょう!
バンバン調子に乗って、波に乗っていきましょう!

2. Posted by ぢゅん   July 17, 2005 11:39
macrobi papaさん、こんにちは!
リンク集に加えていただき、光栄です。ありがとうございました。やっとみなさんのブログをすべて拝見することができました。すばらしいネットワークですね。papaさんの良いものを伝えよう!という情熱に感服しました。お疲れ様でした!
自分をほめること、わたしは病気をしてからできるようになりました。なんだか、手足も肌も細胞もみんな私を助けてくれている同士のように感じることができたんです。だからがんばって歩かなきゃいけないときはマーチングマーチ(右足くーん、左足くん♪)の歌を頭の中で歌いながら歩いています。
今日はkodamacro netさん(はじめまして!)のおっしゃるように褒めちぎる日にしてみます!
3. Posted by ちゃこ   July 17, 2005 13:50
macrobi papaさん、こんにちは!
本当にそうですね。これもテレビの受け売りですが、
『自分で自分のことを信用しないと、他人を信用することが出来ない』 そうです。
自分の才能や知識や努力を自分で認めて、自分をほめてあげないといけませんね。誰かに認めてもらえなくても、自分の努力は自分が良くわかっているものです。
5月に息子が 『KUMON』 に入りました。そこの先生は、『とにかく子供を褒めなさい。褒めて伸ばしていくのです』 と私に教えてくれました。
褒められて嫌な気持ちになる人なんて誰もいないし、褒めるってホント大事だと思います。
私も今日は、「褒めまくりDAY」 にしてみます。

4. Posted by mari_don   July 18, 2005 00:02
こんばんは。
よいお話、聞きました♪
美人になりたいので、感謝の心を忘れないよう
心がけます!!
5. Posted by macrobi papa   July 18, 2005 00:58
>こんばんは、kodamacroさん。
「オレって、天才かも?」は良くやります。
勢い勝負の仕事なので、常に自己暗示かけてます!

>こんばんは、ぢゅんさん。
ぢゅんさんの他のブログでのコメント、
いろいろと読ませて頂いてます。
あまりに素敵すぎて、
次にコメント書くのをためらうこともしばしば(笑)。

>ちゃこさん、こんばんは!
日本人は褒めるのが苦手だって云いますよね。
その点、イタリア人の旦那さんは、お化粧している奥さんに

「ああ、化粧をした君はなんて美しいんだ。
 まるで僕には2人、奥さんがいるようだ〜」
なんて台詞をサラリというそうです。

>こんばんは、mori_donさん。
仏様って、みんな穏やかな顔をしていらっしゃいます。
美人さんじゃない仏様って、見たことありません。
感謝の心だけで綺麗になれるのでしたら
ちょっと試してみる価値、アリです♪
6. Posted by 花香   July 18, 2005 12:44
macrobi papaさん、こんにちは!
仙台でゆる〜くマクロビしてる花香です。
リンク貼っていただきましてありがとうございます!
こちらもさっそく☆

自分を褒めるのってどーしても脇に置きがちな私です。
最近はお肌の調子がいいので
ここまで持ってきてくれた体に感謝!
凄いじゃん!って褒めるようにしたいです。

7. Posted by KOTKOT   July 18, 2005 13:42
はじめまして、こんにちは!
岐阜というところで(笑)マクロビを始めた者です。
papaさんのブログはいつも楽しみに拝見してます。
今回の文章はいつもに増して心に染みました。
自分の嫌いなところって目に付きがちですが、これからは細胞さんを褒めまくりたいと思います。
ありがとうございました。
8. Posted by macrobi papa   July 19, 2005 01:29
>こんばんは、花香さん。
リンクありがとうございます。
人を褒めるのって、やっぱり照れるから
まず自分で練習♪してます。

>はじめまして、KOTKOTさん。
日本中でマクロビをはじめた方がいらっしゃっることは
とてもうれしいです。

ついでに僕のブログに遊びに来て頂けると
もっとうれしかったりして(笑)。
これからも、楽しい記事を書けるように
がんばりますね。
9. Posted by かっちゃん   July 21, 2005 09:30
おはようございます!!

ものすんごく偶然に、こちらのブログを見つけ、見せていただいている者です!

ワシの知り合いに、常に自分の作っているものにムチをビシビシ打ちまくっていて「もっと!もっと!」とがんばってる人がいて、「ああ…すごい…見習わなくては…」と思っていたんです。(つまり自分の作品にとっても厳しい人です)

ワシなんか逆に「お〜、イエ〜!このイラストってば最高!!」とか描きながら思っちゃう方なので「ワシには“ストイックなまでの厳しさ”が足りないからイケナイのか…?」と考えちゃったりしたんですが、なんてことはない!

人は人…自分は自分で自分の右手の細胞を、これからもホメまくってやろう!と今日のブログを読ませていただいて、思い返したのでした♪(長々、すみません…)
10. Posted by macrobi papa   July 22, 2005 06:13
おはようございます。かっちゃんさん。
コメントありがとうございます。
偶然でも、こうやってお話しを聞けて
とてもうれしいです。

人には、叱られて伸びるタイプと
褒められて伸びるタイプの2種類がいると思います。
僕は褒められて伸びるタイプなので
自分でも積極的に褒めてやります。

でも自分の作品にストイックな職人さんにも
憧れるんですよね。
11. Posted by 善右衛門   July 22, 2005 17:35
お、なんなら私がパパさんをびしびし職人に仕込みましょうか?(笑)  あ、褒められる方が良いのですね。
12. Posted by macrobi papa   July 23, 2005 03:58
善右衛門さん、こんばんは。

心構えの点で、奢ったり甘えたりの部分が
どうしても目立ちます。
今、催事の仕事で料理から離れて
毎日、一生懸命売り込むことで
そういう精神的に弱い部分を克服していきたいと思います。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔