July 01, 2005

ホントに玄米って体に悪いんでしょうか?

【フィチン酸】は、玄米や豆類に比較的多く含まれる成分のひとつで
強い抗ガン作用があるといわれ、アメリカなどで研究が進んでいます。
しかしカルシウムなどのミネラルとくっついて吸収されるのを邪魔したり、外に排出してしまう「諸刃の刃」でもあります。
そのため、「玄米ばかり食べているマクロビアンは、
ミネラルが不足するんじゃないか?」
ということで話題になっています。


<ホントに玄米って体に悪いんでしょうか?>



 ■教えてもらったこと■

「食べ物に悪いものはないんですよ」

以前、peaさんのブログ(ヨガインストラクターへの道)で教えてもらった言葉があります。
でも、その時はこれがどういう事だか
分からなかったんです。
「ちがうよ。だって肉も砂糖も体に悪いじゃない」
なんて思っていました。

でも、最近、フィチン酸の毒性について調べ、
いろんな人の意見を聞くうちに
「この言葉は必要なんだ」って思うようになりました。

その理由を説明するのって、ちょっと難しい。
だからちょっと回り道をします。
こんな話から。

 ■たばこの話とプラシーボ■

「同じたばこを吸っていても、長生きする人もいれば、若くして死んでしまう人もいます。この違いは、どこから来るのでしょう?」


答え)長生きする人は、体に良いって思って吸ってる。


追記(2008.7.31)
この理論は科学的データに基づいていません。
フィチン酸に関する認識は僕は現在、プラシーボ効果を重要視していません。
文章の流れ上、削除しないで残しました。


以前に<善右衛門さんとakkoさんへの手紙>で紹介した
「プラシーボ効果」です。
これは「薬だと思って飲めば小麦粉でも薬効がある」というもの。
(極論ですが)

逆に云うなら「玄米も毒だと思えば体に悪い」
ということになります。

昔から<病は気から>っていいます。
病気や健康に関するいろいろな知識、思いこみ、恐れなどが
病気を作ってしまう事があるんです。

フィチン酸も気にしすぎると、体に毒ですね。
この際、心のもやもやを取ってしまいましょう。

 ■ホントに玄米って体に悪いんでしょうか?■

僕の答えは「NO」です。
フィチン酸はたしかに、ミネラルを排出してしまうのかもしれません。
でも玄米のエネルギーって、それだけでしょうか?

玄米は大地に蒔けば、やがて芽を出し、何千倍もの恵みとなって
返ってくる【命ある食べ物】。
それは、
「カロリーはいくつか?」
「栄養素は何が入っているのか?」
ということより大事なことなんです。

要は、食にとらわれない、こだわらない。
毎食、玄米でなくてはならないということもありませんし、
玄米を食べて必ず病気になるということもありません。

 ■食べ物に悪いものはないんです■

今は情報であふれていて
その中には食べ物のネガティブで
悪い面を書いたものが本当に多い。

マクロビについてもそうなんです。
同じマクロビをすすめるにも
「白米はファン○オレンジと同じくらい血糖値を上げるんですよ。
 怖いでしょう?体に悪いでしょう?
 だから玄米食べてよ」って、押しつけちゃう。

マクロビに知識は必要です。
でもこういうアプローチって、
「〜しなければならない」という、
ルールにとらわれやすい心を生みやすい。

食べ物の悪い面ばかり気にして食べる食事って
健康に良くないし、何より楽しくない。

「食べ物に悪いものはないんですよ」
と教えたこの言葉も
今なら少し分かるような気がするんです。





追記(2008.7.31)
この記事では、玄米の問題に付いて答えが出ていません。
以降に書いた続編もご覧下さい。

マクロビと玄米 4)フィチン酸の中の悪魔?
マクロビと玄米 5)フィチン酸の中の天使
あれが悪いの、ウソ。ホント。

vegetus at 01:54│Comments(15)TrackBack(0)clip!マクロ本 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by kodamacro net   July 01, 2005 06:20
「食べ物に悪いものはないんですよ」
とても素晴らしい言葉ですね!

「毒をもって毒を制す」という言葉もありますが、玄米に微量なフィチン酸の毒性があるからこそ、病気の治癒効果があるのかなぁと思いました!同毒療法的な…。

毒といわれるものも薬になり、良薬といわれるものも妄信すれば毒にもなりうる。
食べ物(すべての創造物)に悪いものはなし!
善悪で判断するのではなく、今の自分にとって何がどのくらい必要なのかを知ること。
これこそマクロビオティックの奥深さなんでしょうね!

とても勉強になりました。ありがとうございます♪


2. Posted by macrobi papa   July 01, 2005 14:37
こんにちは、kodamacro netさん。
「四天王のそれぞれ」の記事、とてもおもしろかった。
こちらこそ勉強させて頂いてます。

これからもよろしくお願いします。
3. Posted by ぢゅん   July 01, 2005 17:41
macrobi papaさま、こんにちは。
すばらしい記事ですね。ものの見方というのは、情報や知識だけではなく、その方の生き方が反映されるのだと思います。ご自分の経験や感覚から言葉にされているのが伺えて、心地よく拝見いたしました。
わたしは最近玄米食を始めましたが、夫から『あなたのご飯を食べると元気が出るね』と言われました。なんだか、それがすべてのような気もします。人間も動物なので、元気になる、健康になると実感するアンテナを研ぎ澄ませることが近道なのだと思います。
これからも勉強させていただきます!
4. Posted by けろ   July 01, 2005 20:24
「食べ物に悪いものはない」
って本当だなあ、って思います。
マクロビオティックをやっている人にありがちな
極陰・極陽への嫌悪感。
もちろん私も持ってしまいがちなんだけど、
食べ物である以上、毒ではないんですよね。
要はバランス。食べ方の問題だと思うのです。
それと同時に、特定の成分だけ指して、
「○○が入ってるから身体にいい」っていうのも
違うと思うし。
やっぱり「おいしく楽しく丸ごと食べよう!」が
1番かなー?
5. Posted by ちゃこ   July 02, 2005 04:34
macrobi papaさん、おはようございます。
書き込みは初めてです。。。。が、私のブログには時々遊びに来ていただいて、ありがとうございます。ちゃこです。

自分の考えや知識を、人に押し付けるのは
いけませんね。
おいしい物もおいしくなくなっちゃいます。
自分のからだが欲しがっているものを、
ちゃんと見極めて食する。。。
勿論、見せ掛けにだまされずに、
『本当に自分のからだが欲しがっているもの』を
です。
最近、自分が食べているものと、身体が
欲しがっているものが随分違うんじゃないかと
そんな気がして、マクロビに興味を持ち始めました。かなりの初心者です。
6. Posted by paru   July 02, 2005 13:55
マクロビをやっていると、「これが食べたい」と思うことがあります。
本能みたいなものなのでしょうか?
うちは猫を飼っていますが、彼らは自分に足りない栄養素は本能的にとって補うことがあるそうです。(例えば虫や鳥など)
今は室内飼いなのでそういうことはしませんが^^;
マクロをやっていると、そういうアンテナが復活してくるような気もしています。
7. Posted by らるご   July 02, 2005 14:08
「食べ物に悪いものはない」
この言葉、心に刻んでおきます!

サイトの改装、楽しみにしていますね
8. Posted by macrobi papa   July 03, 2005 02:21
>こんばんは、ぢゅんさん。
コメント、ありがとうございます。
とても丁寧なコメント、
あんまり「すばらしい」なんて云われたことないので
うれしくて舞い上がるやら、身が引き締まるやらで・

ぢゅんさんのブログもとても勉強になります。
文章の書き方も参考にしてます。
これからもよろしくお願いします。

>こんばんは、けろさん。
「食べ物に悪いものはない」というテーマで
【少しずつマクロビを始めよう】の最終回を書いています。
ちょっとブログのCSS壊しちゃって
修復しだいアップします。

9. Posted by macrobi papa   July 03, 2005 02:22
>こんばんは、ちゃこさん。
マクロビも、教える人それぞれ。たくさんの方法(流派?)
みたいなものがあって、結局何をして良いやら分からなくなるときがあります。
だからこそ情報に流されず、自分に必要なものを
見極めることが必要になってくるんですね。

それにしても、僕のブログでコメントしてくださる皆さん、
レベル高くって、コメントの方が本文よりおもしろい気がします(笑)。

>paruさん、こんばんは。
人間は「本能」とかいう原始的だけど生きていくのに大切な領域が、すごく鈍くなっているのかも。

「よし、俺も本能のままに好きなものを喰うぞっ!」なんて
やったら、大変な(ちょっとおもしろい)ことになりますよね。

10. Posted by macrobi papa   July 03, 2005 02:22
>こんばんは、らるごさん。
とりあえず、ブログの消滅は免れたみたいです。
改装と云うより、昔の状態に直すところからやってます。
でも、ぜんぜん云うことをきかないんですよね。
子供と一緒(笑)。

11. Posted by pea129   July 04, 2005 12:18
新装開店おめでとうございます!笑。

なるほど、この言葉もこういうアプローチならわかりやすいですね!
改めてこの言葉、考えました。

ヨガもやっていると「自分に必要なものだけ欲しくなる」そうです。(うーん、まだわからない)
でも、ぶつぶつがすごく出来やすくなりました。
それだけ体が敏感に反応できるようになったみたいで
少しうれしいです。

マクロビ、もう一度ちゃんと勉強してみようと思いました。
12. Posted by ななし   July 28, 2005 10:22
フィチン酸は、発芽玄米にすれば問題ありません。
久司先生が、基本的に玄米を一晩浸水させてから炊くように指導なさるのはそのためです。
ところが浸水させずに炊いた玄米ばかり食べていると、書いてらっしゃいますようにカルシウムなどが一緒に排出されて虫歯の原因になったり、貧血になったりします。
素材だけでなく調理プロセスまで大切な食べ物ということですね。
13. Posted by macrobi papa   July 29, 2005 01:21
こんばんは、ななしさん。
発芽玄米にすることで、フィチン酸が無効化するんですね。

浸水させず炊いた玄米が虫歯の原因になるのは
なぜだろう?とずっと考えていたので
勉強になりました。

・ありがとうございます
 ななしさん、これからコメントよろしくお願いします。
正しいことを伝えるのに、自分ひとりの力では
及ばないこともあると思います・

14. Posted by きき   July 30, 2008 16:04
2 リンクをたどってはじめてお邪魔しました。
たばこのプラセボ効果について書かれていますが、たばこの害のような科学的データは、プラセボ効果を既に考慮しての結論なんですよー。
つまり、「タバコは体にいいよ」と信じ込まされてタバコを吸った人も、やっぱりガンになる確率が吸わない人より格段に高かった(プラセボ効果で、害があると思って吸った人よりほんの少〜しはましかも知れません)ということなんです。
同じタバコを吸っている人でもガンになる、ならないは、遺伝子(ガンになりやすい遺伝子があります)や、その他の生活習慣の違いでしょう。せっかく科学者が苦労して出した結論を無視して健康を害してしまっては勿体ないので、お節介と思いつつもコメントさせて頂きました・・・。
玄米の害については、決定的な結論が出ず難しいですね・・・海外のデータも色々調べて、ピンと来るものがあればお知らせしますね^^
15. Posted by macrobi papa   July 30, 2008 23:32
ききさん、こんばんは。

>答え)長生きする人は、体に良いって思って吸ってる。

今、見ると無茶苦茶、書いていますね。
根拠がありません。
一度昔の記事を読み直して、チェックを入れていかなければならないと思いました。
昔の文章とはいえ、文責がありますから。

ききさん、指摘して頂いたことを感謝しています。

僕の考え方は、このブログとともにゆっくり変化してきました。
玄米に関する記事も、いくつか書いてあります。
そちらの方が、より答えが出ているかと思います。

しかし、その記事で、僕は科学が出したデータに対して、科学的な理論で反論しています。
でも、本当の答えはそこに無かったように、今は思うのです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔