June 17, 2005

善右衛門さんとakkoさんへの手紙

善右衛門さん、akkoさん。
「フィチン酸」についてのコメントありがとうございます。

フィチン酸については勉強中ですが
さすがに研究するのは無理なので
答えが出ません。


ただ、答えを考えるためのアプローチとして・



例えば、マクロビで避けられている【単糖類】。
次の「甘味の切り替え」のテーマでもあるんですが。


単糖類は単体で摂取した場合、その吸収率の高さのため
急激に血糖値を上昇させます。
それがすい臓に負担をかけ、病気を引き起こす可能性があり
マクロビ食では控えるようにと、薦められています。

しかし、乳製品や一部の食物繊維と合わせて摂った場合、
そうでない場合と比べて、GI値は低くなるという報告もあります。

「GI値」(お米のごはん(基準食)を食べて2時間の間にどれだけ血糖値が上がるか?を100%として、他の食品がそれに対してどのくらい血糖値が上げるか?を計ります。
例えば今川焼きで105%の強さ(=GI値105になります)。)

白米は「GI値100」ですが、
牛乳と一緒に摂取した場合「GI値69」まで下がります。
つまり体に対する血糖負荷(血糖値を上げる力)が低下しているのです。

このように栄養素の働きは、食べ合わせや調理法などにより
変化する可能性があります。
栄養素と栄養素がどのように関連して働くかなど、
その研究もまだまだ始まったばかりで、分かっていないことが多いのです。
組み合わせは、それこそ何通りもあるわけですから。

フィチン酸についても、これから研究が進むことでしょう。
玄米を食べている人がすべて、ミネラル欠乏に苦しんでいるわけではないように感じます。


ブログを書くときに良く思うのですが・
自分の理論や食生活を話す際に、食品の毒性を強く誇張する方がいます。
(自分も菜食主義に傾倒していた頃そうでした)

特に妊婦の方、お子さんのいらっしゃるお母さんは、
そのようなことに過敏に反応するようです。

プラシーボ効果というのがあって、
小麦粉でも薬だと信じて飲めば薬になるというもの。
逆に毒だと思えば毒になる。

正しいことや大事なことは知識として必要かもしれません。
でも、あまり不安をあおりたくないと僕は考えています。
食事は楽しいものであって欲しいので。


僕にできることは、自分で食べてみて
自分の体で感じることだけです。

玄米菜食否定派の人たちが云うように、
マクロビだけが「真理」ではないのかもしれません。
でもマクロビの中に、もっと健康で幸せに生きるための
ヒントがあると思うのです。

尊敬するお二人にコメントを頂けてうれしいです。
つい話が長くなりました。

vegetus at 02:50│Comments(12)TrackBack(0)clip!マクロ本 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 善右衛門   June 17, 2005 07:26
パパさん おはようございます。
すてきなお手紙をありがとうございました。
勉強になりました。 
「壁」は17年前に乗り越えたはずなのですが、自分の身体で確かめて間違いないと思っていても長い未来を持っている子供に対してはどうしても「もっと」確信を欲している自分が居ります。 かっこわるいですね。(笑)
できましたらパパさんと一緒に死ぬまで勉強していきたいです。 ほんとです。
マクロビは面白いし、凄いし、楽しいし、怖いですね。
 よろしければ直メールを頂きたいです。宜しくお願い致します。
2. Posted by Hermaione   June 17, 2005 10:25
おはようございます。
とても勉強になりました。ありがとうございます。
私も愚息15歳。
自分の体ではマクロビのよさを実感しておりますが、
やはり子供の事となると不安というか、
確信が持てない部分があるのが、
正直な処です。
善右衛門様のコメントで、
同じように思っておられる部分があるのかもと、ちょっと安心しました。かっこわるくないですよ(笑)
私ももっと勉強しないと!
3. Posted by pea129   June 17, 2005 12:04
>僕にできることは、自分で食べてみて
自分の体で感じることだけです。

↑これが、皆さんが(というか私がかな?)求めていることなんだと思います。

いくら体に良いものでもやはり「取りすぎると害になる」んですよねぇ。。
(それを抑制するのが難しい・・のですが・・」

多分、どんな食べ物にも、「毒」と「薬」は持ち合わせていると思うんです。
大豆だって、生の状態だとたしかなんか毒がありましたよね。
砂糖だって、今では毒扱い(可哀想)ですが、昔は薬だったことだってありますし。

玄米がおいしいなら、おいしいとその気持をじっくり味わいながら、
食べることを楽しむのが一番の栄養ですね。

(小麦粉のクダリは私も聞いたことあります。誠にそうだと思います。目に見えない、科学では解明されていないことですが、気(気持)のパワーってあると思っています。)

4. Posted by 怪鳥   June 17, 2005 13:58
いつもたくさん勉強させてもらってます。
ありがとうございます。

ネットで何でも調べられる世の中になって
便利になった反面、情報がありすぎたり
相反する情報を見ながら何を信じてよいのか
よくわからなくなったり…
時として情報に振り回されてしまう
自分を感じます。

マクロビ・パパさんが書いてらっしゃるように
自分の身体で感じるように、
そして自分自身で判断できるように…
そのためには先ず自分の判断力から
磨いていかねば、といつも思います。

リンク貼らせていただきました。
これからもよろしくお願いします。
5. Posted by akko   June 17, 2005 17:36
ありがとうございます。すごく勉強になりました。
私の方こそこのブログで勉強させてもらって、
マクロビパパさん尊敬してます。

フィチン酸について、早く研究がすすむといいですよね。

>僕にできることは、自分で食べてみて
>自分の体で感じることだけです。

すごい共感できます。私も学んだことや聞いたことは、
できる限り自分で試してちゃんと体験したいと思っています。
そして健康で幸せになるためにマクロビオティックを
続けていきたいと思ってます。
6. Posted by macrobi papa   June 18, 2005 02:26
おはようございます、善右衛門さん。
朝早いですね。(普通なのかも)

じかメールがわからなくて普通にコメントしましたが
良かったでしょうか?

お嬢さんがいらっしゃるのは結局分からなかったです。
とりあえず実物を見て、がっかりさせないように
がんばって働きました。
(見た目は変わらないので)

パパ見物といえば、
最近(ブログを書くようになってから)
僕のことをずーーっと直視している女のお客様が
たまにいらっしゃいます。
怖いです(笑)。
7. Posted by macrobi papa   June 18, 2005 02:33
こんにちは、Hermaioneさん。
自分のことより子供のこととなると
ナイーブになりやすいんですよね。
僕もそうです。

情報が混乱すると取捨選択になれてない
世のお母さん達は右往左往させられてしまう。

僕が正しいアプローチを示すためには
自分の体で学んだ経験値が
もっと必要になるのかもしれません。

そのためにも勉強、がんばります。
8. Posted by macrobi papa   June 18, 2005 02:39
こんにちは、peaさん。
確かに病も気からっていいますね。

「楽しい食事が一番の栄養」

気持ちって大事なんですね。
今回の答えって、これなのかも。
9. Posted by macrobi papa   June 18, 2005 02:44
怪鳥さん、リンクありがとうございます。
「マクログ」もリンクさせて頂きました。

マクロビのブログがリンクで繋がっていって
これから先にマクロビに興味を持ってもらえる人たちの
道しるべになれたら素敵ですね。
10. Posted by macrobi papa   June 18, 2005 02:48
こんにちは、akkoさん。
僕の場合、まず自分が健康にならないと・
夜更かし気味なので。

やっぱりマクロビ料理作るのに
健康であることって、大事ですよね。

(でも今日もまた深夜3時、すいません寝ます)
11. Posted by まるむし   June 18, 2005 23:47
こんばんは、今日初めて日比谷チャヤさんに
お邪魔しました。
ランチも美味しかったですが、その後食べた
枝豆のババロアが絶品でした!
ほんとに美味しかったなあ〜。

夫はマクロビ派ではないので、
「美味しいのは美味しいけど、パンチがない
味なので満足感がない」と言ってました。
パンチはなくてもじんわりしっかり満足する味
だと思うのですが、やはりこれって食べていく
うちに育ってくる味覚なのであって、
慣れないと確かに味気ないんでしょうね。
別にこちらが正解でもないし、一緒に楽しく
食事をしたいので夕食は餃子屋「天龍」へ。
こっちは絶品だったようです。
私はちょっとお腹が重かったけど、確かに
おいしかった。
マクロビ始めてから、だんだん外食が減って
いたのはちょっと寂しかったのですが、
今日は久々の銀座デート楽しみました。



12. Posted by macrobi papa   June 19, 2005 01:12
こんばんは、まるむしさん。
クラシック音楽とかも、聞き慣れない人には
眠いだけの曲って思うのかも。

聞いてるうちに、耳ができてきて
あれ?なんかいいな。って思うんですね。

銀座デート、いいなぁ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔