June 16, 2005

少しづつマクロビを始めよう 4)【マクロビ的ごはんのススメ・主食の切り替え】

パパ@マクロビ、今日は食べたり食べなかったりする主食
【ごはん】の話です。

「日本人なら米を食え」

そんなこと云われなくたって、昔の人はしっかりごはんを食べてました。
日本人がこんなにごはんを食べなくなったのは
戦争に負けたことが原因なんです。


「日本人は米を食べていたから戦争に負けたんだ。
 アメリカ人を見習って「肉」をモリモリ食べよう!」
なんてことが云われ、給食や家庭の食卓が一気に欧米化します。

日本人は昼飯に「ハンバーガー」を食べ、
でも当のアメリカは「トーフ♪」「ミソシル♪」なんて云ってるわけで・

「白米」より「玄米」のほうがマクロビ的にも良いのですが
玄米は食べ慣れないと、お腹にもたれる人もいるみたいですね。
では、今日のテーマです。


第4話【マクロビ的ごはんのススメ・主食の切り替え】

<近代的な食事法 Modern Diet>
------------------------------------------------
精製・精白された穀物のごはん・パンなどを食べています。
それさえ食べたり食べなかったり。

玄米から「胚芽」「ぬか層」をすべて削り取り
すっぽんぽんになった中心部の白い「胚乳」・
これが白米です。
消化吸収に優れる反面、削り取ることで
米表面のぬか層にあった栄養素や食物繊維を失っています。
足りなくなった栄養素は、たくさんのおかずやサプリメントなどの栄養剤で
補わなければなりません。

市販のパンは添加物が多く、化学精製されたイースト(比較的陰性)
を使ってつくられています。


<マクロビ基本食(Standard Macrobi Diet)>
-------------------------------------------------------------------
マクロビオティックでは、未精製の全粒穀物(玄米ごはんやパンなど)を
食事全体の約半分(40〜60%)食べてます。
穀食主義というか、つまり「ごはん主食」。

玄米は蒔けば芽が出る生命力に満ちた食べ物。
全粒穀物は人間の細胞バランスとほぼ同じバランスで栄養素を含みます。
中でもマクロビ的に最も人間に適した食べ物と考えられているのが
「玄米ごはん」です。

全粒粉のパンでも良いのですが、
粉もの(粉を使った製品)は週に数回くらいとされています。
全粒粉のパンは、比較的陽性な「天然酵母」を使って焼き上がります。

全粒穀物を中心に食事を摂ることで
サプリメントなどで栄養素を足す必要はありません。

また、中庸である「穀物」を中心に食べることで、
強い陰陽を合わせて打ち消すことができるのです。
中庸を食べず強い陰陽ばかりを食べると・
陰陽両方の病気にかかってしまうのは、紹介しましたね。
そう、【合併症】です。
現代人の病気は、この合併症が多いみたいです。


<移行期の食事(Transitional Diet)>
---------------------------------------------------
分づきの穀物ごはんまたはパスタなど麺類。全粒粉を小麦粉で割って作るパン。

白米と玄米の間には【分づき米 ぶづきまい】があります。
だいたい分類すると・

白米(柔らかく炊きやすい・栄養価やバランスに劣る)
 ↓
7分づき米(ぬかの70%を落とす・白米の2.5倍のビタミンB1・普通に炊飯できる)
5分づき米(ぬかの50%を落とす・白米の3倍のビタミンB1・普通に炊飯できる)
3分づき米(ぬかの30%を落とす・玄米より柔らかめ)
 ↓
玄米(マクロビ的に一番良い・吸水が悪いぶんいろいろと大変?)
 のようなかんじ。

この順番で少しずつシフト(移行)していくのがオススメ。
それで、週に1〜2回の割合で玄米も食べます。

マクロビも必ず玄米というわけでなく
食欲のない時や夏場などごはんの重く感じるときは
分づき米を取り入れても良いと思います。

パンは、60%の全粒粉に40%の小麦粉。
ふるいにかけて、ふすま(Bran)を取り除き食べやすくしても良いです。
オーガニックの良質なイースト(生・ドライ)や天然酵母、
アルミニウム不使用のベーキングパウダーを使って作ります。
(アルミニウムは体の中で、カルシウムの働きを邪魔します)



■今日のまとめ■
主食の切り替えは、こんなかんじ。
「今日はどうですか?」って、
体と相談しながら・自分のペースで。
1日1回でも、週に1回でも「玄米」食べるだけでも変化は出てくると思います。

「玄米」はフィチン酸とかいろいろ云われるけど
僕はやっぱり玄米食べているときの方が、調子良いなぁ・

いろいろおいしいものはあるけど、
炊きたての玄米ごはん食べているときが、一番満たされている気がするから。
体が「俺、これが食べたかった」って、云ってる。

「日本人なら米を食え」・ということで、
今日は【主食の切り替え】でした。

次回は第5話【甘味の切り替え 前編】です。


トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 善右衛門さんとakkoさんへの手紙  [ マクロビ・パパの奮闘記 ]   June 17, 2005 02:52
善右衛門さん、akkoさん。 「フィチン酸」についてのコメントありがとうございます。 フィチン酸については勉強中ですが さすがに研究するのは無理なので 答えが出ません。 ただ、答えを考えるためのアプローチとして・ 例えば、マクロビで避けられている【単.

この記事へのコメント

1. Posted by らるご   June 16, 2005 10:11
はじめまして♪
macrobi papaさんのブログ、とても勉強になります

私も玄米を食べている時の方が調子良いです
疲れている時も、おかずより玄米ご飯が食べたくなりますもの

またお邪魔させていただきますね
2. Posted by 善右衛門   June 16, 2005 13:47
パパさん こんにちは。
フィチン酸についてはいろんな話を聞いていますので私の頭の中でもクリアにされていない問題の一つです。 抗腫瘍性は嬉しいのですが、せっかく食べたミネラルを排出させる・・なんて書いてあると、修行僧のように苦虫を噛みつぶしたような顔で一口玄米を口に含んでは箸を置き、何十回も噛んでから飲み込んでいる食養者の話を思い出します。
一所懸命噛んでいるその人の歯はぼろぼろで明らかにカルシウム不足になっていた。というのもフィチン酸に関係あるような気もしますね。 それが心のどこかに有りますのでついついミネラルの多い食材を使いがちになります。 つづく
3. Posted by 善右衛門   June 16, 2005 13:48
つづき

こんなことではLV1は取得できませんねぇ。(笑)
がんばって玄米を食べている娘はまだ17なのに歯がぼろぼろになっては可愛そうなので私なりに結論というか正解を与えてやらねばと思っています。 ヒントがあればご教授下さい。宜しくお願い致します。

あ、あした(17日)娘がパパさんのお店に行くと行ってました。お休みじゃなければいいなぁ。
4. Posted by akko   June 16, 2005 17:54
フィチン酸ってどのぐらい摂取したら、
体に悪影響があるのか、ちょっと気になります。
極端な例かもしれませんが、
ニトロが心臓病の薬にも爆薬ににもなるように、
健康のために1日どのぐらいの量の玄米が最適か、
だれか実験してくれないかなぁって思っちゃいました。

ちなみに私も玄米食べてると、
身も心もHAPPYです♪
5. Posted by macrobi papa   June 17, 2005 00:53
こんばんは、らるごさん。
「老兵と少女」のエピソード、覚えていてくれて
なんかうれしいなぁ。
6. Posted by macrobi papa   June 17, 2005 01:20
>善右衛門さん、akkoさん。

フィチン酸については勉強中ですが
さすがに研究するのは無理なので
答えが出ません。

ただ、答えを考えるためのアプローチとして・
例えばマクロビで避けられている【単糖類】。
次のテーマでもあるんですが。(↓つづく)

7. Posted by macrobi papa   June 17, 2005 03:03
なぜ、善右衛門さんが(つづく)って書かれていたのか
今日始めて分かりました。

・長文は入らないんですね。

コメントを2つに分けるとき、うっかりコメントを消してしまいました。
仕方なくもう一度書き直したら、3倍くらいの長文になってしまいました。
そういうわけでコメントの続きを「手紙」の形にして、記事をアップしました。
しかも自分の記事にトラックバックという荒技(笑)。

手紙書くの10年ぶりくらいです。
生意気なことも書いてるかと思いますが、
お目こぼしください。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔