June 03, 2005

ひよこ豆と丸い野菜のブレゼ

丸い野菜のブレゼ僕は豆が好きです。
正確には「豆を食べるのが好き」。
鳩が豆をついばむように、ひとつひとつ
箸でつまんでは、口に放り、箸でつまんでは、口に放り、
その作業の繰り返しに快感を覚える・
そういうタイプの人間です。

前世ハトだったかもしれない、パパ@マクロビ・
今日は豆料理を紹介します。


<ひよこ豆>・ひよこの頭の形に似た、
クチバシのようにツンっと出た突起が愛らしい。
今日の主役です。
合わせるのは<丸い野菜>である玉ねぎとカボチャ、
この2つは中庸で、日頃甘いものの食べすぎで疲れたすい臓を
いたわってくれます。

そこに、陽性の人参、陰性のズッキーニを組み合わせて
フレッシュトマトに「チリ・スパイス」がアクセントの<ブレゼ>に
します。ブレゼは蒸し煮。
素材の水分だけを使い煮詰めることで、素材の甘み・旨みを最大限に
引き出す調理法です。


【ひよこ豆と丸い野菜のブレゼ】
ひよこ豆  乾燥で250g
 +
カボチャ  掃除前で300g(大きめ1/8くらい)
人参      400g (1.5〜2本)
ズッキーニ   200g (2本くらい)
玉ねぎ     600g (2〜3個)
トマト     500g (4個くらい)
 +
トマトクーリ  100〜150cc
(オーガニックのもの・味の好みで調整・無ければトマトを1個増やせばOK!)
ニンニク    大さじ1 (1片) 
+
Spice>
 チリパウダー     5g(小さじ2)
 クミンパウダー    4g(小さじ2)
 コリアンダーパウダー 4g(小さじ2)
 タイム(刻んだもの) ふたつまみ
 (タイムは無くてもいいし、ドライでも良い。ちょっとしか使わないから)

recipe>>
ひよこ豆は一晩、たっぷりの水に漬けて冷蔵庫の中で戻します。
戻したら、水ごと鍋に入れ、塩をフタつまみ、強火で沸かします。
水は豆が炊けても顔が出ないくらい。

モワモワ、泡(アク)が出てくるので丁寧に摂ります。
これ、きちんとやるかどうかで煮上がりが全然違います。
アクが引けたらフタをして(重いやつがいいです)極弱火で10分煮ます。

10分経ったら、ふたを取って1ッ個食べる。
塩が足りなかったら、塩。
固かったら、あと2〜3分フタをして煮る。
…の繰り返しで、じっくり炊きましょう。
(この方法でだいたいの豆は炊けますよ♪)
炊けたらザルに受けて水を切ります。


野菜は7〜8mm角。カボチャだけ1cm角に切ります。
ひよこ豆と同じ大きさで・
トマトは湯むきします。
ヘタをとって、熱湯5〜6秒つけ、氷水にとって皮を剥きます。
ざくざく刻んでおきましょう。

広い口の平鍋に刻んだニンニクとオリーブオイルを温めて、
香りを出します。
(よくキツネ色とか云いますが、ここで色つけると後で焦げます・注意)

人参を入れて弱火でゆっくりソテー(ソテー=炒めるのこと)、
フタをしながら蒸し煮にします。
途中焦げ付くようなら、水を少々。フタをとって、混ぜて、フタをして・・
の繰り返し。甘さが引き出されてくるはずです。
そしたら軽く塩。
ズッキーニを入れて、油が馴染むまでソテー。また軽く塩。
玉ねぎを入れて、中火。ソテー。焦がさないように気をつけて。
また塩。甘みをさらに引き出します。

炊いたひよこ豆を加えたら、ザーっと香辛料をまとめて入れます。
全体に馴染ませたら、ちょっとそのままチリチリと焼いて
香りを出します。
塩と白コショウ。(野菜料理はほとんど白コショウです)
ここでしっかりめに味付けします。

湯むきトマトとトマトクーリを加え、ざっくり混ぜて、フタ。
弱火でグツグツ煮ます。
トマトが煮詰まって、素材にからんできたら、
味をみて赤梅酢(分量外)で酸味を足してやります。
トマトが凝縮されて、甘酸っぱい感じが理想です。

カボチャを素揚げにして加え、1〜2分にて火から下ろします。
(ホックリ素揚げにするのが一番ですが、200℃のオーブンで焼いても
 フライパンでソテーして加えても良いでしょう。塩少々)

すぐ食べない分は、角バットに広げて冷やして下さい。


わかりやすくを心がけたら、長文になってしまいました。
お疲れ様です。
できあがりは、結構たくさん。3〜4日は楽しめます。
パンにはさんでもおいしいし、カレーのように玄米ごはんに添えてもOK!
冷たくてもおいしいのでサラダに・
スパイスはアクセントですので、子供でも食べれます。
家の1才の娘ももりもり食べてました。

引き出したカボチャや玉ねぎ・人参の天然の甘みは体に優しく染みわたるようで
食後は不思議に甘いものに手が伸びません。
最近、甘いものの食べ過ぎかナ?と思ったら作ってみて下さい。



vegetus at 02:25│Comments(0)TrackBack(0)clip!れしぴ 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔