May 05, 2005

陰と陽 LV 1 陰陽の基本的性質

ぱぱ@マクロビ、最近寝てません。1日2〜3時間。
大学受験は、4当5落だと云いますが、このままだと東大に受かります。

きょうは最初の一歩!
「陰陽の話の基本」とかです。



【マクロビオティックと陰と陽】

 陰陽の考え方は古代中国で生まれたもので、日本にも古くから伝わっていました。
陰陽師(おんみょうじ)の安倍晴明が、使っていたのも一応、陰陽ですし。あのくらいの時代(奈良・平安時代)には、もう日本にあったんですね。
 マクロビオティックの陰陽を極めても、式神とかは使えませんが…

さて、陰陽とはなんでしょうか?
 <宇宙>から<米粒ひとつぶ>まで、すべてのものに含まれるプラスとマイナスのようなもの、これが陰陽です。
 ひとつのものの中に陰と陽の両方があり、そのどちらかが強いとき、それを陰性と言ったり、陽性と言ったりします。

 陰性と陽性を見分けるにはいくつかのポイントがあります。


    陰yinの基本的性質は 【水】【遠心力】

 「寒い」「暗い」「下に流れる気(水のエナジー)」
「上に伸びていく性質(物質的なものはこの影響)」などの意味を持ちます。

  秋や冬、地、柔、静、前、裏、抑制、女性が“陰”です。
  遠心的で、拡散する(外に広がっていく)性質を持ちます。

  陰性の植物は、天に向かって(上へ)育ちます。
  紫・青・緑のもの(陰性の強い色)
  甘い・酸っぱい・辛い


    陽yangの基本的性質は 【火】【求心力】

  「熱い」「明るい」「上に立ち上がる気(火のエナジー)」
「下に沈んでいく性質(物質的なものはこの影響)などの意味を持ちます。

  春や夏、天、堅、動、後、表、興奮、男性が“陽”です。
  求心的で、収縮する(内に集中していく)性質を持っています。

  陽性の植物は地に向かって(下へ)育ちます。
  赤・黒・オレンジ・黄色(陽性の強い色)のもの
  苦い・塩辛い(鹹)


 ひとつのものに陰陽の両方が含まれているため、見方を変えると陰陽が変わることもあります。上の表では男性は「陽性」になりますが、すべてが陽性というわけではなく、その中に陰と陽を含んでいます。

 例えば「お腹」は陰性、「背中」は陽性です。

陰と陽を勉強していて、真面目な性格の人がだいたい行き詰まるのが、
「陰の気は下に流れる性質をもつのに、陰性の植物は上に伸びてゆくのか?
これは「陰」の基本的性質である【水】【遠心力】が原因なんですが、
その話はまた今度。
今日はここまでで。
ちょっと、たまには布団で寝ないと。



vegetus at 02:38│TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by はなてん子   May 05, 2005 23:24
私も勉強させていただいてます。

いつもこういう話を読むと訳分からなくなってしまうのですが、
こういう少しずつコラム的に読めると、とても次が楽しみです!

パパさん、日比谷のチャヤだったんですね!
私、3,4回くらい行ってますよ!

すごいなすごいな!
こういう意識の高い方が作られているんだ、とわかって、
すご〜くうれしくなりました(^^)